家族で行った関東のキャンプ場

キャンプ場

こんにちは。日本オートキャンプ協会でインストラクターをしているキャンプ大好きCAMPION()です。

妻と2人の娘と一緒に東京から出かけた関東のキャンプ場をご紹介します。

一部のキャンプ場には、詳しいレビュー記事を書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

ぜひご覧ください!

千葉・埼玉・神奈川県のキャンプ場

ザファーム(農園のなかのキャンプ場):千葉県香取市

thefarm ザファーム キャンプ(農園のなかのキャンプ場)

一言でいうと

野菜の収穫体験あり、温泉入り放題ありと気軽に行けるアクセスのよいキャンプ場

都内から90分で行けるキャンプ場です。

各サイトの区画面積も約120㎡と広く、広々とした空間でキャンプを楽しむことができます。4区画しかなかったサイトも倍以上に増え、さらに利用しやすくなっています。

野菜の収穫体験というイベントがあり、温泉、食事処といった避難場所もあるので、小さなお子さんがいるキャンパーも安心して利用できます。

成田ゆめ牧場:千葉県成田市

一言でいうと

ゆめ牧場で動物とのふれあいやソフトクリームも楽しめるキャンプ場

都内から90分で行けるキャンプ場です。

繁忙期は区画が区切られますが、通常はフリーサイトです。

割引料金でとなりのゆめ牧場を使える特典がついています。

ゆめ牧場では、動物と遊べるだけでなく、体を動かせる遊具もあり、子どもは数日いても飽きないです。

こうなるとキャンプに来ているのか、ゆめ牧場に遊びに来ているのかわからなくなってしまいますが。。。

マザー牧場オートキャンプ場:千葉県富津市

マザー牧場オートキャンプ場

一言でいうと

ゆるゆるとした時間を楽しめるキャンプ場

都内から気軽に出かけられるキャンプ場。

キャンプのついでにマザー牧場というより、マザー牧場のついでにキャンプな感じで楽しめます。

7月と8月のみの営業ですので、気づいたら終わってたということがないように気をつけましょう。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ:千葉県袖ヶ浦市

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ

一言でいうと

ドイツよりも広いんじゃないかと思ってしまう広大な遊び場

思いついた時にふらっと遊びに行けるキャンプ場。

キャンプ場は土日祝日限定なので、延泊などはできませんのでご注意を。

遊びに困らない子どもが思いっきり楽しめるキャンプ場です。

スプラッシュガーデン秩父オートキャンプ場:埼玉県秩父市

一言でいうと

コンパクトながら川遊びも楽しめるキャンプ場

都内から2時間で行けるキャンプ場です。

観光地ゆえ、道路が混みがちなので近いわりにはたどり着くのに時間がかかった記憶があります。

キャンプ場の横を川が流れているので、夏の暑い日にキャンプに行くとさらに楽しめます。

たっぷり汗をかいた後は併設されている温泉施設も利用できるのでありがたいです。

ただ、区画はちょっと小さめかも。

ソレイユの丘:神奈川県横須賀市

一言でいうと

遊園地も公園もあり子どもはキャンプどころではなくなってしまうキャンプ場

都内から70分で行けるキャンプ場です。

バンガロー、オートキャンプ場、フリーサイトとバリエーションも豊富。

ちょっとした遊園地、公園、収穫体験と子どもたちが退屈することはありません。

海沿いのため風の影響を受けやすいですが、自然相手にどうすることもできません。

予約さえ取りやすければ。。。

2019年6月/7月にNHKで放送されている趣味どきっ!「たのしく防災!はじめてのキャンプ」のロケ地ですね。

栃木・群馬・長野・茨城・福島県のキャンプ場

CAMP and CABINS(キャンプ・アンド・キャビンズ):栃木県那須郡

一言でいうと

キャンプをモチーフにしたテーマパークなキャンプ場

ランキングでは必ず上位に顔を見せるキャンプ場です。

ハンバーガー作り、スーパーボール拾い、ビンゴとイベントが盛りだくさん。

次々にやってくるイベントのスケジュールに頭を悩ませるキャンプ場はここを置いて他にはありません。

予約さえ取れれば子どもが小さいうちに何度か行きたいです。

皇海山キャンプフォレスト:群馬県沼田市

皇海山キャンプフォレスト

一言でいうと

スタッフがキャンプ力を高めてくれるキャンプ場

フリーサイトから区画サイトまで幅広いラインナップのキャンプ場です。

オーナーだけではなくスタッフ全員のキャンプ愛が深いこと、キャンプに関する知識が深いことといったらありません。

テントの構造から張り方まで色々なことを教えていただきました。

北軽井沢スウィートグラス:群馬県吾妻郡

北軽井沢スウィートグラス

一言でいうと

有名すぎて説明がいらないキャンプ場

ファミリーキャンパーで北軽井沢スウィートグラスを知らない人はもぐりだと言われても仕方ありません。

初心者から上級者まで、ソロからグループまでなんでも受け止めてくれる懐が深いキャンプ場です。

その時その時でやってみたいキャンプスタイルに合わせて思いっきり楽しむことができます。

斑尾高原キャンピングパーク:長野県飯山市

斑尾高原キャンピングパーク

一言でいうと

雄大な自然を楽しむことができるキャンプ場

高原に広がるキャンプ場、周囲を山に囲まれふと見上げると雄大な自然と優しいスタッフの囲まれていることを感じることができるキャンプ場です。

周辺施設ではいろいろなアクティビティを楽しむことができ、子どもたちと行ったらめちゃくちゃ楽しめるはずです。

周辺にはおいしい蕎麦屋さんがあるので、家族に腰の重い蕎麦好きの方がいらっしゃれば、蕎麦をにんじんとしてぶら下げてあげるとキャンプに来てくれるかも。

うるぎ星の森オートキャンプ場:長野県下伊那郡

うるぎ星の森オートキャンプ場

一言でいうと

季節を変えてもう一度行ってみたいキャンプ場

老若男女を問わず、すべてのキャンパーを受け入れてくれる懐が深いキャンプ場です。

梅雨真っ只中の7月に訪れました。小鳥、クモ、カエルなどのたくさんの生き物たちや大小様々な遊具がお出迎えしてくれました。

標高の高い広域公園の中にあるキャンプ場なので、非日常な空間でのんびり自然を満喫できる高規格なキャンプ場です。

関東からでも頑張れば行けますので、長期のお休みが取れる場合には選択肢に加えてください。

パラダキャンプ場:長野県佐久市

パラダキャンプ場

一言でいうと

アクセスが良くふらっと行けるキャンプ場

上信越自動車道 佐久平スマートICを下りて車で5分のキャンプ場。

都内からも簡単にアクセスできるキャンプ場です。

2019年7月にオープンしたばかりでまだまだ知名度が高くないので、予約も比較的とりやすく狙い目です。

サイトはフリーサイトのみ。近くには温泉やアスレチックもあり、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトをうまく組み合わせれば、週末でも思う存分楽しめるキャンプ場です。

グリーンヴィラ大子:茨城県久慈郡

一言でいうと

少し遠くても一度は行ってみたいキャンプ場

コンパクトながら狭さを感じさせない手入れの行き届いたキャンプ場です。

フリーサイトからキャンピングカーサイトまでいろいろなキャンプスタイルを受け入れてくれます。

近くにはアスレチックやプールもあり、子どもたちを退屈させることもありません。

エンゼルフォレスト那須白河:福島県天栄村

エンゼルフォレスト那須白河 総合受付

一言でいうと

長期滞在したくなるキャンプ場

関東から決して近いキャンプ場ではありません。

それでも温泉、プール、レストランもそろい、都会の喧騒から離れることができるキャンプ場は長期滞在にうってつけ。

各サイトの区画も広いので自然の中でのんびりした時間を過ごすことができます。

長いお休みが取れるときには、ぜひ選択肢に加えてほしいキャンプ場です。

静岡・山梨県のキャンプ場

アーバンキャンピング朝霧宝山:静岡県富士宮市

アーバンキャンピング朝霧宝山 晴れています

一言でいうと

霧の間から富士山が見えたり見えなかったりするツンデレなキャンプ場

静岡、山梨のキャンプ場は富士山をぬきにして語ることはできません。

アーバンキャンピング朝霧宝山も富士山を近くに望むことができるキャンプ場です。

サイトはコンパクト、子どもを見失うことがなく安心して楽しめます。

温泉も完成したそうですので、ますます使い勝手のいいキャンプ場になっています。

カントリーベアファミリーキャンプ場:静岡県裾野市

一言でいうと

シーズン最終日に行くとお得がいっぱいのキャンプ場

ドーンと富士山を拝むことができるキャンプ場です。

入浴施設も子どもの遊び場もあります。目の届くところに子どもがいられるサイズ感もファミリーキャンパーにありがたいです。

シーズン最終日には、売店の在庫商品をビンゴの景品として配ってくれる太っ腹な企画も用意されています。

2等を射止めた長女は我が家の誇りです。

黒坂オートキャンプ場:山梨県笛吹市

一言でいうと

適度な不便を味わえる昔ながらのキャンプを楽しめるキャンプ場

林間のサイトでどこにどういった角度でテントを張れば快適に過ごせるかといったことを考えたりして、ほどほどに攻略しがいのあるキャンプ場です。

最低限のレンタル品も用意されているので、高規格キャンプ場からステップアップするためのとっかかりとして昔ながらのキャンプを味わえる良さがあります。

我が家のキャンプブームはこのキャンプ場から始まりました。

ウッドペッカー:山梨県北杜市

一言でいうと

オーナーのキャンプ愛を感じられるキャンプ場

新しいからこそきれいなキャンプ場はいっぱいありますが、歴史があるのにきれいなキャンプ場はそれほど多くありません。

ウッドペッカーは丁寧に手入れされているがゆえに、歴史があるのに手入れされて清々しい気持ちにさせてくれる魅力があります。

言葉で表現することができないのですが、大事にされている空気がひしひしと伝わってきます。

林間サイトなので、夏場でも涼しく過ごせる場所が豊富にあります。

Kobitto:山梨県北杜市

一言でいうと

自宅が散らかっていることを恥ずかしく感じてしまうくらい手入れの行き届いたキャンプ場

歴史は浅いながらも利用していて心地よいと感じられるキャンプ場です。

受付のロッジもとても雰囲気があり、何かあったら色々と相談に乗ってもらえそうな温かみを感じます。

私たちが訪れた時も台風が近づいていてその対策について色々教えてくださったり、サイトの変更もご提案いただきました。

木陰が豊富にあるキャンプ場なので、天気のいい夏の日にもう一度行ってみたいです。

都留戸沢の森 和みの里キャンプ場:山梨県都留市

和みの里キャンプ場

一言でいうと

至れり尽くせりではないファミリーキャンパーのキャンプ力を試されるキャンプ場

山梨県とはいえ、都内からのアクセスはとても良いです。

トイレ、温泉、水場と必要なものは全てそろっていますが、基本的にはキャンパーにお任せです。

高規格に慣れすぎていると物足りないかもしれませんが、適度な不便があればこそ家族で協力し合う場面も生まれて、少しサバイブな感じを味わえるはずです。