北軽井沢スウィートグラスのポリンポリンサイトに行ってきました。

北軽井沢スウィートグラス ポリンポリンサイト

こんにちは。日本オートキャンプ協会でキャンプのインストラクターをしているキャンプ大好きCAMPION()です。

2022年7月1日から2泊3日で北軽井沢スウィートグラスのポリンポリンサイトに行ってきました。

ここまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。

苦節5年、ようやくポリンポリンサイトに泊まることができました。

北軽井沢スウィートグラス イーグル会員北軽井沢スウィートグラスのイーグル会員になるまでの道のり

ポリンポリンサイトに泊まるためにイーグル会員になったと言っても過言ではありません。

そんな念願が叶ったので、大人だけでなく、子どもたちも終始興奮しっぱなしの3日間になりました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

この記事では、そんなポリンポリンサイトの様子を紹介します。

7月の北軽井沢スウィートグラス

北軽井沢スウィートグラス

入口の看板を見ると、いよいよキャンプが始まるなぁと実感します。

早朝出発の上、長い車の運転が報われる瞬間です。

この時点では設営のことは考えないようにしています。

キャンプ初日はとにかくやるべきことが多いので、こころが折れないように目の前のことだけに集中します。

北軽井沢スウィートグラス

2か月ぶりに訪れた北軽井沢スウィートグラスは緑の色がずいぶんと濃くなっていました。

前回はゴールデンウィークに木立サイトを利用しました。

北軽井沢スウィートグラス 木立サイト北軽井沢スウィートグラスの木立サイトに泊まってきました。

今年は異例の早さで6月に梅雨が明け、ずいぶんとおかしな天気になっていました。

例年であれば7月の初旬は梅雨の真っ最中。それもあってポリンポリンサイトの予約が取れたんだと思うんですが、運良く梅雨が明けてしまったので、それほど天気の心配をすることなく出かけることができました。

北軽井沢スウィートグラス

前半2日間の天気はこんなかんじです。

すっきり晴れというわけにはいきませんが、梅雨の長雨を覚悟して予約をしていたので十分でしょう。これ以上を望んだらバチが当たります。

標高が高いとは言え、最高気温は30℃なのでかなりの暑さです。

下界ほど蒸し蒸しした感じはありませんが、日差しが強いので安易に露出の多い服装は控えた方が無難です。

私もアームカバーでつねに腕は隠すようにしています。

ポリンポリンサイト満喫

北軽井沢スウィートグラス ポリンポリンサイト

いつものようにアーリーチェックイン。

9時に受付を済ませ設営開始です。

子どもたちは設営中もトランポリンに夢中。

おかげでストレスなく設営できました。

ふだんとちがうのはタープを持ってきたこと。

ポリンポリンサイトには木立サイトと同じように備え付けの机と椅子があります。

雨の予報もあったため、その机と椅子を活用するため雨対策にタープを持ってきたんです。

日中の日除けとしても活躍してくれたので、持って行って正解のアイテムでした。

このレイアウトだと夫婦でお酒を飲みつつおしゃべりをしながら、子どもたちがトランポリンではしゃぐ様子を見ることができたのでよかったです。

【保存版】ウェザーマスター(R) ワイド2ルームコクーンⅡ設営のコツ【保存版】ウェザーマスター(R) ワイド2ルームコクーンⅡ(コールマン)設営・撤収のコツ
北軽井沢スウィートグラス ポリンポリンサイト

トランポリンには屋根がついてます。

横なぐりの雨とかでなければ、天気を気にせずあそべます。

横になって上を見上げるとこんな感じです。

もう私はおじさんなので、飛び跳ねるより横になる方がからだにはいいのかもしれません。

アーリーチェックインのため早朝出発、長時間の運転、設営で初日はくたくた。

トランポリンでの昼寝は最高でした。寝付くまでは虫が気になったので、今度はこれを持って行こうと企んでます。

虫の対策さえできれば一晩越せそうです。

それでもまったくトランポリンを飛ばなかったわけではありません。

子どもたちに誘われて老体に鞭打って飛びました。

結果どうなったかというと、キャンプから帰った後にしばらくの間背筋痛に悩まされることになりました。

10日間くらいでしょうか、趣味のジョギングができないくらい背中が痛くなってしまったのです。

東京マラソン東京マラソン(フルマラソン)に当選したので完走するために練習を始めました

トランポリンは思いのほか全身運動です。特に体幹を使うんだと思います。

ほとんどのパパやママはふだんからトランポリンを飛ぶことなんてないと思いますので、子どもたちにそそのかされて調子に乗って飛びすぎるようなことがないように気をつけてください。

ただ飛ぶだけ、と甘く見ていると痛い目に遭います。

北軽井沢スウィートグラス ポリンポリンサイト

まだ背中の痛みが出ていない時の平和な写真です。

備え付けの椅子に座り、タープで作った木陰で向かいのサイトの様子をながめています。

超アーリーチェックインかつ平日なので誰もいません。

子どもたちがトランポリンではしゃぐ声がBGMです。

緑が濃くなってきたなぁと物思いにふけっています。

北軽井沢スウィートグラス #エアロプレスゴー

私のキャンプの定番です。コーヒータイムの準備をしています。

いつものようにエアロプレスゴーを使ってコーヒーを淹れます。

最後の一滴を抽出しようと重力のちからを借りてます。

キャンプ時間をのんびり楽しみたいときは、キャンプ場で豆をひきますが、今回はそこまでしようという気分ではなかったので近所のコーヒー屋さんで買った豆を自宅で挽いてもってきました。

トランポリンはこどもたちにとってとんでもないキラーコンテンツ。

そのためか、今回のキャンプはほとんどサイトから離れることがありませんでした。

予想では、1日くらいあそべばトランポリンなんて飽きるだろうと考えてました。

けれどもふたをあけてみると、ずっと飛びっぱなしでした。飽きる気配なんてありません。

挙げ句の果てには、利用開始時間の9時を目がけてカウントダウンをするくらい。おそるべし、トランポリン。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

ポリンポリンサイトは高いけど、元は取れたね。

北軽井沢スウィートグラス場内散策

北軽井沢スウィートグラス

トランポリンは妻にまかせ場内をお散歩。

マジックアワーと呼ばれる時間はいつ見上げても素敵な空です。

この色を人間が作り出すことは不可能です。台風の時に感じるものとはちがった自然のちからを感じるんです。

北軽井沢スウィートグラス おしぎっぱ

おしぎっぱの森の入口にある森の図書館。

はじめてみました。葉っぱの色づきや葉っぱのいきおいを確かめるためにおしぎっぱの森を訪れるのが北軽井沢スウィートグラスでは恒例です。

いつもちがった仕かけを見るたびに、このキャンプ場が好きになります。

四季に合わせた自然の移り変わりを見るだけでも十分に楽しめるのにそこで満足しない熱意を感じるんです。

「今回はなにがあるかな?」と子どもたちと一緒に目をキラキラさせてしまいます。

北軽井沢スウィートグラス

浅間山をバックに見るデビューサイトはいつ見てもスウィートグラスらしいいいながめです。

はじめてこのキャンプ場に来た時を思い出します。

北軽井沢スウィートグラス

開放感が自慢の大空サイト。

こんなに広いのに、休みの日になると埋まってしまうっていうんですからこのキャンプ場の人気ぶりがわかります。

キャンプブームという追い風はありますが、それでは説明しきれないキャンパーのにぎわいがあるんです。

今年のうちにもう一度このエリアでキャンプをしないといけません。期待というより使命感に近い気持ちです。

トランポリンに始まり、トランポリンに終わるキャンプはあっという間でした。

最終日、撤収の打ち合わせをしていたときに「40分後に雨が降ります」という雨雲レーダーの知らせ。

朝食そっちのけで撤収をしました。

これはわが家史上、もっとも早い撤収でした。俺たちもやればできると、夫婦で自分たちの可能性を確かめあいました。

自分で言うのも変ですが、北軽井沢スウィートグラスではもう常連と言ってもいいと思ってます。

どこに何があるかおおよそ頭に入っています。売店で調達できるものも把握してます。

ですので、準備で悩むことがほとんどありません。安心して気軽に遊びにいけます。

夏休み(7月)に新規開拓で白樺リゾートキャンピングビレッジに行った時にずいぶん準備で苦労したので、その差は歴然です。

白樺リゾートキャンピングビレッジ白樺リゾートキャンピングビレッジに行ってきました。

決してそれがいいとか悪いとかいう話ではありません。事前に情報を調べる時間がない時にはとても助かります。

それでもキャンプ場を新規開拓することはそれはそれでおもしろいものです。

今年で北軽井沢スウィートグラスの会員制度が終わります。子どもたちも大きくなるので、キャンプに求めるものも変わっていくことでしょう。

そう考えると、次の常連スポットをさがすいい時期に来ているのかもしれません。

北軽井沢スウィートグラスポリンポリンサイトふたたび(北軽井沢スウィートグラス)

参考になりそうな記事

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

このページのほかにも、どんな道具を、どのお店でそろえて、どこのキャンプ場に行くかを記事にしてます。

あわせてお楽しみください。

なにを買う?

キャンプ用品一覧わが家で愛用しているキャンプ用品一覧

どこで買う?

キャンプ用品 ネットショップ【保存版】キャンプ用品が買えるおすすめのネットショップ一覧|セールを活用してお得にキャンプ沼を楽しもう!

どこに行く?

キャンプ場家族で行った関東のキャンプ場

2021年はどこに行った?

ファミリーキャンプ2021年に行ったキャンプ場(まとめ)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。