東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプへファミリーキャンプに行ってきました

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ

こんにちは。日本オートキャンプ協会でインストラクターをしているキャンプ大好きCAMPION()です。

2019年11月2日から2泊3日で千葉県袖ケ浦市にある東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプへファミリーキャンプに行ってきました。

今回は娘の保育園のお友達と一緒にグルキャン。今年10回目のキャンプです。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプは土曜・祝前日のみの営業。しかも各日程20組限定。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプに来るのははじめて。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

千葉県にあるのに東京ドイツ村って、ディズニーランドと同じ方式だね!

我が家は、妻、私、2人の娘(5歳と3歳)の4人家族。

秋本番の東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプの様子をご紹介します。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプの基本情報

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ
住所千葉県袖ケ浦市永吉419
アクセス館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」 → キャンプ場 約5分
電話080-5084-0026
気温(11月)滞在中の最低気温 9℃ 最高気温 18℃
ヤフーピンポイント天気
サイトの種類フリーサイト
料金10,000円(+ドイツ村への入場料3,000円)
電源なし
チェックイン10:00−16:00
チェックアウト10:00
風呂なし
シャワーあり(100円/10分)
ドライヤーなし
トイレ洋式トイレ(温水便座あり)
炊事場あり(お湯は出ません)
ランドリーあり(洗濯機:1回200円、乾燥機:30分100円)
売店なし(ドイツ村内におみやげ屋さんはあり)
レストランなし(ドイツ村内にあり)
自販機あり
近隣施設セブンイレブン袖ヶ浦上泉店(キャンプ場から車で5分)、スーパーイトウ(キャンプ場から車で8分)、コメリハード&グリーン横田店(キャンプ場から車で10分)
カード払い不可

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプの施設・設備(写真付き)

地図

サイトマップ

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ 園内マップ
出典:ドイツ村HP(クリックすると拡大)

東京ドイツ村全体のマップです。

右上の赤丸部分が東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプです。

右下がドイツ村の入り口なので、水色白抜きの矢印に沿って左からぐるっと回って移動する必要があります。

受付

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ ジージの森

キャンプ場の受付です。おにぎりのイラストが目印です。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ ジージの森
東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ ジージの森
東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ ジージの森

キャンプ場利用者は、宿泊費10,000円に入場料の600円が含まれています。

受付を済ませて奥に抜ければキャンプ場です。

滞在中は、通行証をもらえるので自由に行き来することができます。

サイト

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ

テントサイトエリアから芝生広場やアトラクション広場を撮った写真です。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ

真ん中に見えるえんじ色の屋根の建物が受付です。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

きれいな芝生が印象的ね。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

思わず裸足で走り回りたくなる。

トイレ

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ トイレ
東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ トイレ
東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ トイレ

キャンプ場のあるジージの森にはトイレがありません。

となりの有料アトラクションエリアまで歩いていく必要があります。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1528-1-e1564820695416.jpgCAMPION

ちょっと不便だね。

炊事場

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ 炊事場

受付横の炊事場です。お湯は出ません。

排水口が小さくて詰まりやすいので、食べ残しがある場合にはビニール袋などを持っていくといいでしょう。

ゴミ捨て場

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ ゴミ捨て場

トイレの裏にゴミ捨て場があります。燃えるごみと燃えないごみを分けて捨てます。

コインランドリー

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ コインランドリー

有料アトラクションエリアのトイレの脇にコインランドリーが1台あります。

台車のレンタル

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ 台車

サイトに車を横付けすることができません。そのため荷物を手で運ぶ必要がありますが、台車を借りることができます。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ 台車

使ってみた感想ですが、芝が深いのでこの1台くらいしか役に立ちません。。。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

ゆずりあって使わないといけないね。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2668-e1564406683984.pngCAMPION

台車を確保し、荷物を乗せたまんまで遊びまわっている人がいて、全然撤収が進まなかったね。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ攻略法

サイトマップ

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ サイトマップ
クリックすると拡大

とにかく情報が少なかったので、現地で見たキャンプ場のサイトマップを描いてみました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1528-1-e1564820695416.jpgCAMPION

絵心なくてすみません。

注意すべき点は3つです。

  1. テントを設営できるエリアが限られている。
  2. 焚き火ができるエリアが極めて少ない。
  3. 駐車場からテントエリアまで遠い。

広いように見えて実はテントを張れるところが限られています。

きれいな芝生には理由があり、焚き火をはじめとした火を使えるエリアが限定されています。

あと、車とテントサイトの移動はけっこう大変です。

施設利用料

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプで心おきなく遊ぶにはお金のことをしっかり理解しておく必要があります。

絶対に必要なお金は次の2つです。

  1. 東京ドイツ村入園料:3,000円(乗用車)
  2. キャンプ場宿泊料:10,000円/泊

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれです。

費用を抑えてドイツ村でのキャンプを楽しもうと思ったら、これ以外にかかる費用をできる限り抑える必要があります。

特にキャンプ場から見えるところに有料アトラクションエリアがあるので、上限を決めて遊ぶようにしないと大変なことになってしまいます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

子どもたちはすぐに見つけちゃうよね。

無料で遊べるわんぱく広場(大きな公園)や動物園などもあるので、うまく組み込んでいけば、安くても十分に楽しむことができるはずです。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプに行ってきた感想

ここからは3日間にわたるキャンプの様子をご紹介します。

我が家の秋キャンプをお楽しみください。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

きっと東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプに行きたくなるはずです!

1日目 (11/2)設営とBBQ

10:05、2時間もかからずキャンプ場の受付に到着しました。

フリーサイトなのでいい場所を取ろうと張り切っていたのですが、すでに6番目。

焚き火エリアに近いあたりはすでに埋まっていました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2668-e1564406683984.pngCAMPION

出遅れた〜。コンビニ寄らなきゃよかった。

設営

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ コクーンII

車からテントサイトまでの荷物の運搬は大変でしたが、道具さえ運んでしまえば設営はあっという間。

お友達家族の到着を待って、昼食を食べました。

買い出し

ママや子どもたちはドイツ村内のものづくり体験教室へ。みんなでそろってペンダント作り。

その間、パパ同士は設営の仕上げと買い出し。

お互い平日は忙しすぎてほとんどキャンプの準備ができていないので、一緒に買い出しに行くことにしました。

お目当ては夕食の食材と木炭とBBQ用の網です。

車で10分ほどのところにあるスーパーイトウとコメリでお目当ての品をゲット。

仕事のこと、家族のこと、ふだん男同士でのんびり話しをすることがないので、いろいろと興味深い話を聞くことができました。

夕食(バーベキュー)

スーパーイトウで買った高級肉を使ってBBQです。

あいにく焚き火可能エリアからは遠いところにしかテントを立てられなかったので、焚き火台、椅子、机などなどいろいろなものを持ち込んで、夕食会場をセット。

子どもたちは日中、色々なお菓子を食べたので夕食はそんなに食べないだろうという予想に反して、食べる食べる。

大人に順番が回ってくるまでに、500グラムの牛肉があっという間になくなってしまいました。

仕方がないので親たちは数少ない野菜をメインに初日の夕食を終えました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

たしかにお肉、おいしかった。

2日目 (11/3)東京ドイツ村満喫

2日目は夕方から雨予報。

晴れているうちにドイツ村を満喫しようと午前中から園内を回ることにしました。

遊園地

まずやってきたのが、ジージの森のとなりにある遊園地。有料アトラクションがひしめくエリアです。

トイレに行くとどうしてもこの遊園地が目に入ってしまいます。

下の娘はまだ3歳なので、そもそも乗れないものもあり、無料で乗れる乗り物を楽しむ一方、5歳のお姉ちゃんは怖くて乗れないという理由以外で利用できない遊具はありません。

なので、5歳の娘とママはフリーパス(2,000円/人)を購入。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1528-1-e1564820695416.jpgCAMPION

大人も子どもも同じ値段って。。。

元を取りたい一心で色々な乗り物を楽しんだようです。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

このフリーパスで観覧車にも乗れるよ!

芋掘り

遊園地を満喫していたところ、お昼過ぎからポツポツと雨が降り出してしまいました。

仕方がないので、外での遊びは一旦ストップして、やろうと思っていた焼き芋・焼きマシュマロに備えて、いもほりに行くことにしました。

芋掘りは、4株800円。天気が悪かったからだと思いますが、お芋畑はがらがら。

2家族の子どもの合計はちょうど4人。1人1株ずつ楽しそうに芋掘りをしていました。

メモ
快晴だった翌日、芋掘り畑をのぞいてみたら超満員でした。

焼き芋・焼きマシュマロ

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ 焚き火
東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ 焚き火

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプでは薪や木炭の販売をしていません。

事前に問い合わせをしたところ、落ちている木を拾って燃やしてくださいとのことだったので、子どもたちと一緒に燃料になる木を集めました。

いたるところに落ちているので燃料不足の心配はまったくありません。

施設で遊んでばかりだったので、ようやくキャンプらしいことができた気がします。

自分たちで集めてきた木を燃やして焼きマシュマロをしたので、子どもたちのテンションは一気にマックス。

いつもは余って仕方がないマシュマロが一気になくなってしまいました。

並行して焼いていた焼き芋もいい具合に出来上がり、少し遅かったですが満足感のあるおやつになりました。

3日目 (11/4)東京ドイツ村 泣きの一回

夜は予想以上に雨と風が強く、一緒に来ていたパパは心配であまり眠れなかったそうです。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

慣れないとちょっとした天気の変化でも落ち着かないよね。

朝にはきっちり晴れて、撤収日和になりました。

撤収

10:00のチェックアウトを目指して撤収開始。

まずはテントについた水気を拭き取り、日が当たるのを待ちます。

家までの移動時間がそれほどかからないという安心感があるので、太陽の様子を見ながらのんびり片付けをしていきました。

子どもたちもすっかりキャンプ場に慣れ、ハンモックや小さな台車で心置きなく遊んでいる様子でした。

ただ、台車を不必要に占有している人がいたために、撤収してからの運搬作業にはかなり時間がかかってしまいました。

体験&動物園

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプ ブレスレット

撤収の後は、子どもたちのリクエストに答えることになっていたので、長女はママとブレスレット作り、次女はパパとわんちゃんランドへ。

ただ、あいにくわんちゃんランドは満員御礼。

次の回が14:00からというので諦めて、動物園に行くことにしました。

次女は昨日からずっと動物と遊びたいと言っていたので、念願叶ってご満悦。

終始ニコニコでカモやうさぎ、ヤギなどの動物を眺めていました。

帰宅

キャンプとドイツ村を満喫したので帰ります。

大きな渋滞にはまることもなく、帰宅することができました。

子どもたちは遊び疲れてしまい、車に乗った途端にお昼寝開始。

目がさめる頃には家の近くまで来ていたので、寝てる間に着いてしまうようなキャンプ場、最高!と大絶賛。

前回は、うるぎ星の森オートキャンプ場(長野県)に半日かけて行ってきたばかりなので、余計にインパクトがあったようです。

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプのまとめ

東京ドイツ村ジージの森ファミリーキャンプは、とにかく遊びに困らないキャンプ場でした。

あまり遊べなかったですが、ジージの森の中にもいろいろな遊具があります。

1泊10,000円とドイツ村への入場料3,000円がかかるので少し割高な気もしますが、移動にかかるコスト(時間・費用)を考えるとそこまで高額な宿泊料とは言えないのではないでしょうか。

また、認知度が低いからなのか比較的予約が取りやすいことも魅力です。

高まりすぎているキャンプ熱で思うようにキャンプ場の予約が取れない状況が続いています。

近くにこういうキャンプ場があると、衝動的にキャンプに行きたくなった時にとてもありがたいです。

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約20泊のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、ぜひご覧ください。

関東のキャンプ場の記事をもっと読む

キャンプ場家族で行った関東のキャンプ場

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。