森のまきばオートキャンプ場に行ってきた

森のまきばオートキャンプ場

2022年12月3日から1泊2日で森のまきばオートキャンプ場に行ってきた。今年最後のキャンプだ。

メンバーはいつもと同じ、妻、2人の娘(小学1年と年長)と私の4人。わが家ではめずらしい1泊2日のショートステイだった。

今回のテーマは、「キャンプ熱をさますこと」と「使ってみたいテントとタープをためすこと」だ。

前回のキャンプは2か月前の北軽井沢スウィートグラス。これだけ間が空いてしまうと禁断症状が出てくる。森まきでそのキャンプ熱をさますのだ。

また、現在、次のテントを検討中。これまでメインで使ってきたコクーンII(コールマン)に疲れが見えるため、次のテントを探している。そんな中、気になっていたステラリッジ6(モンベル)を借りてみた。お店はいつものやまどうぐレンタル屋だ。あと、カンガルースタイルにするアイデアがあったので、ランドステーションL(スノーピーク)もレンタルした。このふたつの組み合わせについて、使用感を確認したかったのだ。

初日の天気はまずまず。数分間、雨が舞っている時間帯はあったものの、それ以外はくもりよりの晴れ。気温は0〜10度くらい。2日目は気持ちのいい晴れで、天気には恵まれたといっていい。

10時にはチェックインを終え、設営を開始。ステラリッジ6は山岳テントなので、設営はあっという間。フレームの本数が多い分、ファイントラックのカミナドーム4にくらべると時間はかかるものの、苦になるようなものではない。ランドステーションLは、レンタルショップからキャンプ場に直送してもらうことになっており、チェックインの時点では届いていなかった。

11時ごろ、受付からの連絡でランドステーションLを受け取りに行く。かなりの重さでフラフラしながらサイトまで移動したが、重さのほとんどはペグによるものであった。幕自体はそれほど重量はない。事前に見てきだ動画や付属の説明書を見ながらランドステーションも設営完了。独特な作りをしているので、設営には30分以上かかったように思う。

設営が終わればお昼ご飯の時間。

ところが、ガスコンロが車の荷台に入ってない。どこかに隠れているかとゼロに近い可能性をさぐってみたがないに決まっている。積荷をした私自身、ガスコンロを車に積んだ記憶がまったくないんだから。

事態は急変。なにも温められない。これにはほとほとこまった。

何年もキャンプをやってきたけど、ガスコンロを忘れたことはない。それもよりによってこんな寒い時期に忘れるとは。

近くのホームセンターでガスコンロを調達することも考えたが、使い捨てになってしまうことはほぼ間違いないので却下。仕方がないので、初日のランチ、夕食、2日目の朝食すべてをコンビニで買ってくることにした。

幸い車で5分くらいのところにローソンがある。そこで3食分の食事を調達してきた。

夕食、朝食についてはお弁当を温めることができないので、せめてランチだけはあたたかいものを食べようとメニューを考えた。家族全員があたたかいものを選び、この日唯一の温かい食事を堪能した。

ガスコンロを忘れたのは私の責任だ。近場で荷物もすくなくサクッとキャンプに行ける!と油断したのがいけなかった。

料理が作れなくなってしまったので、逆に時間はありあまるほどできた。もともとテントとタープをためすこと以外は自分の予定を入れていなかったので、浮いた時間はこどもたちのやりたいことに全力でつきあうことにした。

森のまきばオートキャンプ場はフリーサイトなので、テントのそばにも十分なスペースがあり、サッカーをやったり、鬼ごっこをやったり、子供たちがやりたいと宣言したことでとことんあそび尽くした。場内散歩のときに見つけたバスケットゴールも子供たちには新鮮だったようで、延々とシュート練習をしながら遊んだ。なにかのためにと、ボールを持っていってよかった。

子供たちにとって初バスケットは思いのほかおもしろかったみたいで、日没までシュート練習をしただけでなく、翌朝も娘ふたりで連れ立ってバスケットゴールで遊んでいたようだ。おかげでスムーズに撤収ができた。子供のおもりをしてくれたバスケットゴールに感謝。

唯一あたたかさを感じることができたのは夜のたき火の時だけだ。

森のまきばオートキャンプ場 ソロストーブ

ソロストーブ(タイタン)なのでそれほど大きくはないが、家族が肩を寄せ合い、少しでも温まることができてのはせめてもの救いだ。

1泊2日の短期間ではあるが、宿泊してみて一番印象に残ったのは結露のすごさだ。テントやタープの幕が結露でぬれるのは別にめずらしいことではないが、地面からくる湿気も相当なものだ。気にしないという猛者はいいが、そうでなければ対策が必要なレベルだ。手っ取り早いのは雨用の長靴を履くのがいい。もしあれば、山にはいていく防水シューズがあれば、動きも制限されず快適にすごせるはずだ。

私は今回、モンベルのトレールウォーカーワイドを履いていった。寒さ対策で履いていったのだが、思いがけず結露で悩むことがなかった。一方、娘たちはふだん使いのスニーカーだったため、しっかり濡れてしまった。二人とも靴下まで濡れてしまって、かなり寒い思いをしていた。春や秋といった湿度の低い季節はいいのかもしれないが、そうではない時期に行くのであれば、結露対策をしっかりしていくことをおすすめする。

「ガスコンロ忘れ」で傷ついた心を癒すために、10時ごろには撤収を完了し、ザファーム(千葉県香取市)へと移動した。ザファームの貸農園会員なので、寒さでカチカチになってしまった体のこりをほぐしに温泉に入るのだ。車で1時間ほどもかかってしまうが、わが家の第二のふるさとみたいになっているので、いつになく癒しのお風呂になった。それにしても、2022年の締めくくりはとても残念なキャンプになってしまった。