ザファームキャンプ(農園のなかのキャンプ場)で野菜の収穫体験に参加しました。

2018年10月の3連休にザファーム(農園のなかのキャンプ場)で野菜の収穫体験に参加してきました。

キャンプ場を利用するのはこれで3回目。

これまでいろいろな理由で参加できませんでしたが、3度目の正直でようやく参加できました。

10月の収穫物:ピーマン、ラディッシュ、さつまいも

今回収穫したのは、ピーマン、ラディッシュ、さつまいも(紅あずま)の3種類。

芋掘り以外は初体験。

ピーマン、ラディッシュがなっている様子を見たことがなかったので、純粋に驚きました。

子どもたちも大変な喜びようです。

長女は全てにおいて慎重なタイプ。

どれを採るかという野菜選びから傷がつかないように採るところまでとにかく丁寧。

性格がよく表れていました。

収穫した野菜は夕食のおかずに。

ラディッシュはきれいに洗ってガブリ

大根の仲間だけあってピリッとする刺激があり、おつまみにはもってこいです。

 

ピーマンは、バーベキューで丸焼きに。

我が家では定番のメニューです。

素材がよくて、余計なことをしていないのでおいしいに決まっています。

 

さつまいもは少し寝かすことで甘みが出るので持ち帰り。

煮干しと一緒に煮付けてもいいし、子どもたちの好物「いもあんバター」にしてもよしです。

トーストするいもあんバター(さつまいも)|土井善晴先生の家庭料理レシピ

収穫体験のサービス内容

収穫体験は、11:00と16:00に行われます。

1家族につき1枚野菜を入れる袋をもらい、開始時間の5分前を目安に管理棟付近に集合します。

収穫に必要な軍手と靴にかぶせる袋は貸していただけます。

そろったところで畑に移動です。

スタッフの方から野菜の取り方やおいしい野菜の見分け方を教わり収穫開始。

 

収穫できる野菜の数には制限があります。

今回でいえば、ピーマンとラディッシュは1家族10個ずつ、さつまいもは1株です。

と言ってもかなりゆるいルールです。

参加者が楽しめるようにスタッフの方が随所におまけをしてくださいます。

収穫が終われば、軍手や足にかぶせた袋を返し、解散です。

時間にしておおよそ40分くらい。

16:00の回に参加した我が家はそこから上で紹介した夕食を作り始めました。

ザファームにグランピングで訪れた場合だけでなく、キャンプで訪れた場合にもこの収穫体験には是非とも参加することをお勧めします。

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場