豚汁|土井善晴先生の家庭料理レシピ

土井善晴先生の豚汁

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

バランスの取れた具だくさんの味噌汁を食べたかったので、土井善晴先生のレシピを参考に豚汁を作りました。

豚汁のレシピ(土井善晴先生)

主菜にもなるお味噌汁。手早くバランスのとれた献立にするときも、たくさん作り置きをするときも、冷蔵庫に余っている食べたい野菜を詰め込めば立派な食卓の主役になります。お腹の空き具合によって豚肉を先に炒めたり、味噌の種類を変えたりとアレンジしやすいお料理です。

豚汁の材料

必要なもの(3人分)

  • 豚バラ肉 150g
  • 白菜 300g
  • 大根 300g
  • 卵 3個
  • 味噌 60g
  • 水 900g

※この分量は大人2人、子ども(未就学児)2人分の分量です。

豚汁の作り方

STEP.1
材料を切る
材料を食べやすい大きさに切る。
MEMO
食べる人(大人?子ども?)が具材を口に運ぶ姿を想像して大きさを決めましょう。
STEP.2
材料を煮る
豚バラ肉、白菜、大根、水を入れて中火で煮る。
STEP.3
味噌を溶く
 味噌を溶くアクを取り、味噌を溶く。
STEP.4
卵を入れる
 卵を入れる 味噌がなじんだら卵を落とす。
MEMO
元気を出したかったので卵を入れました。
STEP5
完成!
 完成した豚汁

実際に作って感じたこと

実際に豚汁を作ってみて感じたことを紹介します。

他の野菜を入れてはいけないの?

今回紹介したレシピはあくまで一つの例にすぎません。

人参やしいたけ、ネギを入れてもおいしいと思います。

食べたいと心が感じた旬の野菜を食べたいだけ用意してください。

その場合、分量は?

料理を始めたばかりの頃はよくこの疑問にぶつかりました。

レシピに書いてある食材が1つでも足りないと慌ててしまったものです。

そんなときは、味噌汁のお椀を計量カップとして使うことをおすすめします。

火を通すことでかさが減る野菜が多いので、お椀山盛りいっぱいの野菜を用意して豚汁を作れば、ほどよいボリュームの豚汁のでき上がりです。

レイエのみそマドラーが便利!

レイエのみそマドラー

味噌の分量を計るにはレイエの計量みそマドラーがおすすめです。

両端にある丸いワイヤー部分を味噌に入れてくるっと回して抜き取るだけで必要な分量(一人分もしくは二人分)が計れます。

使い方のイメージがわかない人はこちらの動画(44秒)をご覧ください。

MEMO
大きい方で2人分、小さい方で1人分の味噌を計れます。

食洗機にも対応しています。

自家製味噌作りに挑戦

毎年2月、わが家では寒仕込みの季節に味噌を作っています。

最近では、娘たちもお手伝いに加わるようになり、家族の年中行事と呼べるようになりました。

余計なものを入れないシンプルなレシピです。こちらもあわせてご覧ください。

自家製手作り味噌自家製手作り味噌(みそ)のレシピ

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理の「さしすせそ」を見直して料理家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 おすすめ4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。