大根の煮付け|土井善晴先生の家庭料理レシピ

土井善晴先生の大根の煮付け

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

大根が丸ごと手に入ったので土井善晴先生が紹介されていた大根の煮付けを作りました。

大根の煮付けのレシピ(土井善晴先生)

味噌汁、おろしなど脇役になることが多い大根が主役をつとめるレシピです。じっくり時間をかけて作る大根の煮付けは、できたてはさっぱりと、翌日はこってりとした味わいを楽しめます。大きな大根であってもあっという間になくなってしまう優しくて飽きのこないお料理です。

大根の煮付けの材料

必要なもの(4人分)

  • 大根 1.3kg
  • 油揚げ 2枚
  • 赤唐辛子 2本
  • だし汁 5カップ
  • しょうゆ 大さじ4
  • 砂糖 大さじ2

この分量は大人2人の2食分です。

大根の煮付けの作り方

STEP.1
材料を切る
大根はぶつ切りにして皮をむく。油揚げは太めの短冊切りにする。
MEMO
大根の面取りをすると煮崩れしにくくなり、見た目も味も優しくなるそうです。
STEP.2
だし汁で煮る
具材とだし汁を鍋に入れて火にかけ、煮立ったら弱火で40分煮る。大根の煮付け 具材を火にかける ※ 子どもが食べやすいように油揚げを一部小さく切っています
STEP.3
調味料を入れさらに煮る
砂糖 大さじ2、しょうゆ 大さじ4を入れ、フタをしてさらに40分くらい煮る。大根が柔らかくなれば火を止め、そのまま味を含ませる。大根の煮付け 調味料を入れる

STEP.4
完成!
食べたい分だけ器に盛る。大根の煮付け

だし汁の作り方
削りがつお25gと昆布10cm角1枚、水6カップを鍋に入れて煮立ててアクを取り、ふきんやザルでこす

お肉はありませんが、十分におかずになります。

大根を煮ている時間は長いですが、鍋の前で常に見張っていないといけないわけではありません。

のんびり晩酌を始めてもいいですし、白いご飯の準備をしてもいいでしょう。待ち時間をのんびり楽しんでください。

大根の煮付けを作ってわかったこと

実際に大根の煮付けを作ってわかったことをご紹介します。

大根1.3kgってどれくらい?

あまり想像がつかなかったので実際に計ってみたところ、おおよそ大根1本分でした。

大根によってちがいがあるとは思いますが、スーパーで見かける大根1本分と考えて問題ないです。

赤唐辛子2本(種なし)は入れすぎではないか?

私たち夫婦の意見としてはちょうどいい辛さでした。

ピリッと唐辛子が効いていることで食が進みます。辛さに対する感覚は個人差が大きいので、何度か試して好みの辛さを見つけてください。

ちなみに、4歳と2歳の娘には辛すぎて食べることができませんでした。

油揚げは大きすぎないか?

油揚げは太めの短冊切りにしました(子どもの分を除く)。

板ガム2枚分くらいというと想像がつくでしょうか。

大きいかなとも思いましたが、実際に食べてみて食べ応えがあるのはもちろん、ピリ辛のだし汁がよく染み込んでいるのでもう少し太めでもよかったのではないかと思うほどです。

どのくらいの大きさの鍋が必要か?

大根1本分とだし汁5カップが余裕を持って入れられるようにCRISTEL(クリステル) グラフィット 両手鍋深型(24cm)を使いました。

余裕を持って調理できたので、このサイズにしてよかったです。

おそらく、もう1サイズ小さくても問題ないと思います。

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理のさしすせそを見直して家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。