もう失敗しない!北軽井沢スウィートグラスのスタッフから教わった焚き火のコツ

焚き火の着火が苦手です。

着火できないまま用意した着火剤を使い切ってしまったことも一度や二度ではありません。

アサマ狼煙に参加した時、北軽井沢スウィートグラスのスタッフの方から失敗しない焚き火の着火のコツをお聞きしました。

着火に関するコツだけですので、焚き火全般について調べたい方のお役には立てそうにありません。。。

北軽井沢スウィートグラスのスタッフから教わった焚き火のコツ

教えていただいたコツはこちら。

  1. 火の大きさには段階がある
  2. 煙は不調のサイン
  3. 炎がついていなくても火は生きている

1. 火の大きさには段階がある

焚き付け用には針葉樹林、火が安定してきたら広葉樹林、木が燃えるには空気が必要などといった知識はすでに持っています。

しかし、知識はあれど、着火は失敗続き。

アサマ狼煙では、薪を三角すいや井ゲタ状に組んで着火剤で点火ということはせず、マッチを使ってわら→小枝→油を多く含む松の樹皮→杉と少しずつ火を移して、火を育てていきます。階段を登るように、少しずつです。

これまで焚き火といえば、なんとなく薪を組んで、着火剤を置いて点火、あとは運次第という感じでしたが、この工程を自分で体験してみて、火が燃えるのには理由があって、燃えないことにも理由があることがよく理解できました。

はじめに燃えやすい木を使って、火がついたら難燃性の薪を投入するというのは、一般論として大きな考え方としては間違っていませんが、実はこの理屈はかなり粗い理屈であることに気がつきました。

うまく仕掛けができていれば、この粗い理屈であっても簡単に火をおこすことができます。

風もなくコンディションが整っているときはこれで十分です。

ただ、風が強い、小雨が降っているなどコンディションが悪いときにはそう簡単にはいきません。

そんなとき、この火がつくまでの細かい工程を理解していると応用が効きます。

2. 煙は不調のサイン

調子よく焚き火が燃えているときにはそれほど煙が出ません。

一方、「あっ、火が消えてしまいそう」、「一気に薪を入れすぎた」というときには煙が出ます。

煙は不調のサインです。

煙が出ている原因を探ると、着火剤を使い切ってしまうようなことはありません。

原因を考えて、空気が不足しているのであれば、息を吹きかけて空気を送り込んだり、薪の配置を変えて空気の通り道を作ってあげればいいのです。

3. 炎がついていなくても火は生きている

序盤戦、火の勢いが弱い頃、「あっ、消えてかな?」と思うような時も、うちわで扇いだり、息を吹きかけてあげると火の勢いが戻ってきます。

ぱっと見、炎が見えなくても多くのケースで火は生きています。

じっと観察して、火の気配がするところに燃えるための空気を送り込んであげれば、隠れていた炎が表に出てきてくれます。

そうなればしめたもの、燃えやすい素材をくべてあげれば息を吹き返してくれます。

スタッフの方が、こうやって火を育てている姿はとても魅力的でした。

「火を育てる」というのはなんとも素敵な表現です。次のたき火が今から楽しみです。

アサマ狼煙の体験記はこちらをどうぞ

北軽井沢スウィートグラスの魅力|イベントが充実している アサマ狼煙(2018)に参加

その夜、実際に試してみました

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場