いもあんバター(さつまいも)|土井善晴先生の家庭料理レシピ

トーストする

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

キャンプの帰りに買ったさつまいもがあまっていたので、土井善晴先生が紹介されていた「いもあんバター」を作りました。

いもあんバターのレシピ(土井善晴先生)

さつまいもの甘みを生かした素朴な子どもがよろこぶレシピです。週末の朝食、小腹が空いた時のおやつにぴったり。子どもにお菓子ばかりあげるのもちょっと、、、という時におすすめ。

いもあんバターの材料

必要なもの

  • さつまいも 1本(240g・正味160g)
  • 砂糖 大さじ3
  • バター 15g
  • 食パン 4枚(8枚切り)

いもあんバターの作り方

手順1
さつまいもをゆでる
さつまいもをゆでるさつまいもは皮を厚めにむき、幅3cmの輪切りにし、水からゆでて煮立ってから20分ほどやわらかくゆでる。
MEMO
おいしいさつまいもなら少し冷ましてつまみぐいしちゃいます
手順2
あんを作る
いもあんを作る火を止め、さつまいもの水気を切って木べらでつぶし、砂糖、バターを加えて混ぜ、いもあんを作る。
手順3
トーストする
いもあんバターパン1枚にいもあんを半量のせ、もう1枚のパンをかぶせてトーストし、お好みで食べやすい大きさに切って器に盛る。
MEMO
いもあんをきんつばにアレンジすることもできます。

ホットクックでゆでるとこうなるの巻

最初の工程(さつまいもをゆでる)をホットクックに任せるだけでずいぶん簡単に作れるようになりました。

こんな感じです。

いもあんバター 土井善晴

ひたひたになるくらい水を入れ、ホットクックの手動機能「煮物を作る」「まぜない」で15分加熱します。

いもあんバター 土井善晴

15分するとこんな感じになります。箸などでやわらかくなっていることを確認します。

いもあんバター 土井善晴

鍋に砂糖とバターを入れ、シリコンスプーンなどでかき混ぜていもあんバターを作ります。

いもあんバター 土井善晴

タッパーなどで保存します。

いもあんバター 土井善晴

翌朝まで待てず、夕食後にパンに乗っけて食べてしまいます。

クリームチーズと一緒にホットサンドにしてしまう食いしん坊パターンもあります↓

コールマン ホットサンドイッチクッカー【レビュー】ホットサンドイッチクッカー(コールマン)~もうキャンプの朝食メニューに迷わない

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理の「さしすせそ」を見直して料理家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 おすすめ4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。