肉じゃが(No.001)を作りました|ホットクック1.6L

ホットクックの肉じゃが

こんにちは。ホットクックの助けを借りて2児のパパライフを楽しんでいるCAMPION()です。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

じゃがいもがたくさん残っていたので、ホットクック(1.6L)の自動調理機能を使って肉じゃがを作りました。このページではその様子を紹介します。

ホットクックで肉じゃがを作る方法

材料

公式レシピを見ると材料に対して調味料が多そうだったので、7割程度の調味料で味付けしました。

材料(4人分)
  • じゃがいも(4~6つ切り) 3個(450g)
  • 玉ねぎ(くし切り) 2個(400g)
  • にんじん(乱切り) 1本(200g)
  • 牛バラ薄切り肉 200g
  • しょうゆ 大さじ3
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ1.5

材料(4人分)
  • じゃがいも(4~6つ切り) 3個(450g)
  • 玉ねぎ(くし切り) 2個(400g)
  • にんじん(乱切り) 1/2本(100g)
  • 牛バラ薄切り肉 200g
  • しょうゆ 大さじ4
  • 酒 大さじ3
  • 砂糖 大さじ3
  • みりん 大さじ2

アレンジしたところを赤字にしています。

手順

まぜ技ユニットを本体にセットする。
内鍋に野菜の半量を入れてから、牛肉の半量をほぐして入れる。その上に残りの野菜と牛肉をほぐして入れて調味料を入れる。
ホットクックの肉じゃが

自動調理メニューからNo.001(肉じゃが)を選ぶ。

完成!
ホットクックの肉じゃが

35分すると完成。

ホットクックで肉じゃがを作った感想

ホットクックの代名詞といえばカレーと肉じゃが。自動調理番号もNo.001です。我が家の肉じゃがといえば、土井善晴先生のレシピがおいしすぎてこれまでホットクックの出番はありませんでした。

長い間ホットクックを使っていて、肉じゃがを作ったことがないなんて恥ずかしくて外を出歩けないので、意を決して肉じゃがを作りました。

これまでの料理経験から公式レシピでは味付けが濃そうだったので、7割程度の分量に減らし、にんじんを倍量入れました。

肝心の味は、ホットクックらしいきっちり平均点を超えてくれる味でした。子どもたちも自分たちが好きな野菜を中心にもりもり食べてくれました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

土井先生の肉じゃがには勝てないね。

料理のポイントはこの一点に尽きます。

ポイント
肉の旨味が野菜に移るように、肉でフタをする。

あとは大ぶりに野菜を切って入れるだけで出来上がりです。

翌日のお弁当のおかずにもできないかとボリュームを増やそうとしましたが、1.6Lのホットクックでは容量が足りませんでした。

参考になりそうな記事

このページ以外にも、ホットクックについていろいろな記事を書いてます。

ホットクックの魔法をもっと楽しむために、ぜひ目を通してください。

ホットクックの料理本

ヘルシオ ホットクック(シャープ)を使いこなすためにおすすめの料理本ヘルシオ ホットクック(シャープ)を使いこなすためにおすすめの料理本 9選

ホットクックの便利グッズ

ホットクック 便利グッズホットクックと一緒に使うと便利なおすすめのキッチングッズ6選

自動調理機能で作ったレシピ

ホットクックの自動調理機能で作ったメニュー【マツコの知らない世界で紹介】ヘルシオ ホットクック(シャープ)の自動調理機能で作ったレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。