具だくさんみそ汁(No.032)を作りました|ホットクック1.6L

具だくさんみそ汁 完成

こんにちは。ホットクックの助けを借りて2児のパパライフを楽しんでいるCAMPION()です。

ホットクック(KN-HW16D)の自動調理機能を使って具だくさんみそ汁(No.032)を作りました。

冷蔵庫の中に自動調理のレシピ通りに材料がそろっていることはほとんどありません。

これくらいの分量で作るとどうなるだろうとちょっとした実験の結果をまとめています。

具だくさんみそ汁(No.032)予約可

実際に作ったときの材料

私と妻と2人の子ども(4歳と2歳の娘)の夕食に予約調理機能も使って作りました。

使った材料

  • しめじ 1株
  • 大根 100g
  • なす 1本
  • エリンギ 1パック
  • 水 750ml
  • 味噌 総重量の5%
ポイント
味噌の包容力を信じて、食べたい野菜をどんどん入れましょう

写真でみる材料のボリューム

手順1
材料をセットし、自動調理ボタン(No.032)を押す
 具だくさんみそ汁 材料を入れる
手順2
一生懸命仕事をして帰ってきます
 
手順3
完成していました
 具だくさんみそ汁 
MEMO
予約なしの場合は、25分でできあがります。

具だくさんみそ汁を食べた感想

普通のみそ汁でした。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

大根に味が染み込んでるんだよなぁ

ホットクックで作ったからといって、特別においしいわけではありません。

みそ汁を作ることが得意な私にとっては、むしろ自分で作るみそ汁の方がおいしい気もします。

気がするだけで、実は慣れの問題だけかもしれません。

ただ、妻も同じことを言っていたので単純に味だけで比べると自分で作るみそ汁に軍配が上がりそうです。

それでも仕事から帰ってきて、普通のおみそ汁ができ上がっているというのはとてもありがたいことです。

あとは、ご飯の準備ができれば夕食が完成します。

予約調理にしなくても、よーいドンで炊飯とみそ汁(ホットクック)をスタートさせれば、子どもたちの保育園の片付けをしている間に夕食が完成してしまいます。

これはやっぱり便利です。

あまった野菜を適当に放り込んで、みそ汁ができてしまうというのは積み重ねると大きな家事時間の節約につながります。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpgママ

野菜のロスを減らせる経済的なメリットも無視できないね。

みそ汁ギャラリー(随時更新)

おいしかった具材の組み合わせを、随時紹介していきます。

具だくさんのみそ汁

豚肉、豆腐、にんじん、しいたけ、にんにく、唐辛子

ホットクック 具だくさんのみそ汁

豚肉、ごぼう、しいたけ、にんにく、唐辛子

みそ汁の具材がワンパターンになってしまう人は、こちらの本が参考になります。

参考になりそうな記事

このページ以外にも、ホットクックについていろいろな記事を書いてます。

ホットクックの魔法をもっと楽しむために、ぜひ目を通してください。

ホットクックの料理本

ヘルシオ ホットクック(シャープ)を使いこなすためにおすすめの料理本ヘルシオ ホットクック(シャープ)を使いこなすためにおすすめの料理本 10選

ホットクックの便利グッズ

ホットクック 便利グッズホットクックと一緒に使うと便利なおすすめのキッチングッズ6選

自動調理機能で作ったレシピ

ホットクックの自動調理機能で作ったメニューヘルシオ ホットクック(シャープ)の自動調理機能で作ったレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。