勝間流 たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)(No.208)を作りました|ホットクック1.6L

ホットクック(KN-HW16D)の自動調理機能を使って勝間流たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)完成

こんにちは。ホットクックの助けを借りて2児のパパライフを楽しんでいるCAMPION()です。

ホットクック(KN-HW16D)の自動調理機能を使って勝間流たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)(No.203)を作りました。

勝間流 たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)(No.203)

実際に作ったときの材料

私1人分の夕食として作りました。野菜はすべて一口で食べられそうな大きさに切ったり、ちぎったりしています。

必要なもの(300g)

  • しいたけ 3個
  • 人参 50g
  • しめじ 1/2束
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 蒸し豆 30g
  • 食塩 総重量の0.6%
  • オリーブ油 ぐるっとひと回し

写真でみる材料のボリューム

手順1
具材をセットし、自動調理ボタン(No.203)を押す
 勝間流 たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ) 具材を入れる
手順2
待つこと約20分
 勝間流 たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)
手順3
できあがり
 勝間流 たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)
手順4
盛りつけ
勝間流 たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ) 

勝間流 たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)を食べた感想

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

これが噂のブレイズなのか。

かなりの数の写真を撮りましたが、どうしてもおいしそうな一枚にたどり着けませんでした。

シンプルでめちゃくちゃおいしかっただけにブレイズに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

まぁブレイズに限らず、ホットクックで作る料理の出来上がり写真はイマイチなものばかり。見た目で損するタイプ。。。

合計で300gの野菜を入れて作りましたが、ペロリ。

1人で食べるなら500gくらい、家族なら1kg近くいれても平気な気がします。

MEMO
食塩0.6%の代わりに味噌5%でもOK

実際にホットクックで作った自動調理メニュー

この記事で紹介したレシピ以外にもいろいろな自動調理メニューを試しています。失敗も含めて、ぜひご覧ください。

ホットクックの自動調理機能で作ったメニュー【マツコの知らない世界で紹介】ヘルシオ ホットクック(シャープ)の自動調理機能で作ったレシピ一覧

ホットクックのラインナップ(2020年)

2019年にホットクックの最新型1.0L(KN-HW10E)が登場しました。

これまでの2.4Lや1.6Lタイプに比べてひとまわり小さいサイズです。これでサイズは3種類に増えました。

1~2用なので、一人暮らしお子さんのいない家庭には待望のサイズです。

スリムな作りにもかかわらず、「上下2段調理機能」がついていて上段でおかず、下段でごはんのように一気に晩ご飯の用意ができてしまいます。

いろいろな世代やサイズのホットクックが出てきたので、下に代表的なモデルを紹介します。

「KN-HW24E」2.4L

たっぷり作れる2〜6人用の2.4Lタイプです。色はレッドとホワイトの2色。

「KN-HW16E」1.6L

使いやすい2〜4人用の1.6Lタイプです。子供が小さいこともあり、4人家族の我が家はこのサイズを使っています。色はレッドとホワイトの2色。

「KN-HW10E」1.0L

コンパクトな1〜2人用の1.0Lタイプです。スリムになってブラックも選べます。