牛肉を使った餅キムチ|土井善晴先生の家庭料理レシピ

牛肉を使った餅キムチ

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

お餅が余っていたので土井善晴先生のレシピを参考に餅キムチを作りました。

餅キムチのレシピ(土井善晴先生)

余ってしまいがちなお餅が主役のレシピです。牛肉やキムチとの相性も良く、一皿で立派な食事になります。韓国にお雑煮があるとしたらこんな感じなのかなぁと思わせるお料理です。

餅キムチの材料

必要なもの(4人分)

  • 切り餅 4個
  • 水 カップ1/2−2/3
  • 酒 カップ1/4
  • 砂糖 大さじ2
  • 牛切り落とし肉 100g
  • 白菜キムチ 100g
  • しょうゆ 大さじ1

※写真では、半分の2人分を作っています。

餅キムチの作り方

STEP.1
餅を煮る
餅キムチ 餅を煮る鍋に餅、水、酒を入れて火にかける。
注意
餅は水の状態から火にかけること
STEP.2
牛肉を加える
餅キムチ 牛肉を加えるお餅が柔なくなったら、牛肉を加えて色が変わるまで熱を加える。
MEMO
箸でお餅を持ち上げてしんなりしていたら牛肉投入のタイミングです。
STEP.3
味付けをする
餅キムチ 味付けをする砂糖、しょうゆを加え混ぜ合わせる。
STEP.4
完成!
餅キムチさらにキムチを加えて混ぜ合わせたら完成。

実際に作って感じたこと

実際に餅キムチを作ってみて感じたことをご紹介します。

お餅の柔かさの判断基準は?

このお料理の工程で一番難しいのはお餅の火入れだと思います。

お餅が固くても良くないし、とろとろに溶けてしまうのもよろしくありません。

まず、外側が溶けているのに内側が冷たいという状態を避けるには水の状態から火を入れることがポイントです。

次に、お餅の状態を正しく判断するには、お箸でお餅を触った時に箸先から伝わってくるお餅の感触や、持ち上げた時のお餅の様子をしっかり観察することがポイントです。

揚げ物でもそうですが、お箸で触ると素材の様子がとてもよくわかります。

一皿で食事になるの?

お餅は小さく見えても中身が詰まっているので腹持ちがいいです。

見た目に惑わされてたくさん入れてしまうと大変な思いをすると思います。

牛肉もキムチもあるので、お餅は一人1個あれば十分だと思います。

カロリーを基準にお餅とご飯を比べることもありますが、思っている以上にお餅はずっしりくるので注意が必要です。

お正月のお餅があまったらあんこ餅なんていかが?

ホットクックの自動調理機能で作ったつぶあんつぶあん(No.122)を作りました|ホットクック1.6L〜ガッテンでも紹介

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理の「さしすせそ」を見直して料理家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 おすすめ4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。