フレンチトースト|土井善晴先生の家庭料理レシピ

フレンチトースト

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

週末の朝、少し時間にゆとりがあったので土井善晴先生のレシピを参考にフレンチトーストを作りました。

フレンチトーストのレシピ(土井善晴先生)

準備の順番を工夫するだけで、前日から卵液にパンを漬け込んでおくような手間はありません。ふっくらとした食感、ほんのりとした甘さはゆったりとして時間を味わうにはうってつけ。仕上げに好みのソースを選んだり、こんがり焼いたベーコンと合わせたりとスイーツにも食事にもなるお料理です。

フレンチトーストの材料

必要なもの(1人分)

  • 食パン(6枚切り) 1枚
  • 牛乳 1/4カップ
  • 砂糖 大さじ1
  • 卵 1個
  • バター 20g

※写真は、4人分です。

フレンチトーストの作り方

STEP.1
パンに牛乳を含ませる
フレンチトースト牛乳に砂糖を混ぜて、食パンを浸して含ませる。
MEMO
子どもも食べやすいように食パンを小さく切っています。
STEP.2
パンに卵液を含ませる
フレンチトースト溶き卵をパンに含ませる。
ポイント
溶き卵の膜が張る前にパンに牛乳を含ませるとで前の晩から漬け込むような準備がいらなくなります。
STEP.3
パンを焼く
 フレンチトーストバターを熱し、食パンを入れてふたをする。弱火で焼き色をつけてひっくり返し、またふたをして焼き色をつける。
STEP.4
完成!
 フレンチトースト

実際に作って感じたこと

実際にフレンチトーストを作ってみて感じたことをご紹介します。

バケットでなくても美味しいのか?

フレンチトーストというとバケットを想像しますが、食パンでも十分に美味しかったです。

普通の生活をしていて、いつもバケットが家にあるという暮らしをしている人は少ないと思いますので、食パンで簡単に作れるフレンチトーストは手軽でおすすめです。

もちろん、食パンは美味しい食パンの方がフレンチトーストにしても美味しいです。

食パン(6枚切り)1枚で足りるのか?

牛乳と卵を含ませじっくり弱火で火を通すと仕上がりはふんわりふくれます。

個人差はあると思いますが、この分量でも十分に満足感は得られると思います。

どんなアレンジが考えられるか?

仕上げにかけるのは、自分の中にあるフレンチトーストをイメージして自由に決めて良いでしょう。

娘たちにはチョコレートソースが人気でした。

大人は、はちみつ、王道のメープルシロップなどなど、自由に楽しみましょう。

こんがり焼いたベーコンを添えてあげれば、甘いものとしょっぱいものの無限ループでエンドレスに食べ進めることができます。お気をつけて。

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理のさしすせそを見直して家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。