牛肉とエリンギの炒め物|土井善晴先生の家庭料理レシピ

牛肉とエリンギの炒め物

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

シンプルな牛肉料理を食べたかったので土井善晴先生のレシピを参考に牛肉とエリンギの炒め物を作りました。

牛肉とエリンギの炒め物のレシピ(土井善晴先生)

味付けは塩・こしょうだけのシンプルなお料理です。エリンギは歯切れを残し、牛肉はふんわりと仕上げます。美味しい牛肉さえ用意すれば、簡単にごちそうを作ることができます。

牛肉とエリンギの炒め物の材料

必要なもの(4人分)

  • エリンギ 3〜4本(200g)
  • 牛切り落とし肉 250g
  • サラダ油 大さじ2
  • 塩、こしょう 適量

牛肉とエリンギの炒め物の作り方

STEP.1
材料を切る
エリンギは食べやすい大きさに手で裂き、牛肉は食べやすい大きさに切る。
MEMO
火を通すとかさが減るので、エリンギは歯切れを残すために大き目に切ります。
STEP.2
エリンギを炒める
エリンギを炒めるサラダ油を熱し、エリンギを広げて、塩少々して、動かさないで焼き色をつける。
STEP.3
牛肉を蒸し焼きにする
 牛肉を蒸し焼きにするエリンギの上に牛肉を広げて、塩、こしょうをして、ふたをして固くならないように弱火で3分ほど蒸し焼きにする。
STEP.4
完成!
 牛肉とエリンギの炒め物牛肉に大体火が通れば、鍋をあおって全体をなじませ、仕上げにこしょうをふる。

実際に作って感じたこと

実際に牛肉とエリンギの炒め物を作ってみて感じたことをご紹介します。

牛肉をふんわりさせるには?

エリンギの歯切れと柔らかい牛肉のコントラストがこの料理のポイントだと思います。

牛肉を蒸す工程では、最後に鍋をあおって全体をなじませる時にまだ火を加えることを考えて、弱火で蒸すだけではなく、早めに切り上げると牛肉をふんわりと仕上げることができます。

塩、こしょうだけで本当に大丈夫?

牛肉、エリンギともに旨味の強い食材です。

塩、こしょうだけで十分美味しい料理に仕上がります。

ただし、余分な調味料を使わないからこそ牛肉、塩、こしょうは美味しいものを使ったほうがいいです。

牛肉はお肉が評判のスーパーまで買いに行っています。

塩は、土井善晴先生が愛用されているゲランドの塩を使っています。

こしょうは、食べる直前に挽いてます。

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理の「さしすせそ」を見直して料理家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 おすすめ4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。