アーバンキャンピング朝霧宝山で出会った生き物たち

ヤギ

キャンプの醍醐味の一つに生き物とのふれあいがあります。

親の勝手で都会暮らしをさせている娘たちには、生き物とのふれあいが圧倒的に不足しています。

ファミリーキャンプに出かけようとするパパやママの中には、子どもを生き物に触れさせたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

2018年9月の3連休でお邪魔したアーバンキャンピング朝霧宝山で出会った生き物たちをご紹介します。

アーバンキャンピング朝霧宝山の本当の宝たち

ヤギ

キャンプ場内では2頭のヤギを見かけました。

日中は、受付前のヤギ小屋で、キャンプ場を訪れた子どもたちをじっと眺めています。

キャンプ場で見かけた生き物のうち、人間に次いで大きく一等地にいるので、子どもたちに大人気でした。

かたつむり

テントを張り終えた直後から、幕の上を何匹もはっている所を見かけました。

小雨降る霧深い天気だったからでしょうか、幕の上だけでなく地面にも無数のかたつむりを見かけました。

かたつむりが通った後は、その通り道に跡ができてしまうので、撤収の時にお掃除するのに結構手間取りました。

クモ

アーバンキャンピング朝霧宝山のクモはやたらと足が長い気がする。以上。

黒い小さな野良猫です。

時々、サイト近くにひょっこり顔を出します。

私たちに興味があるわけではなく、虎視眈々と食材やゴミ袋を狙っています。

くれぐれもゴミの管理にはお気をつけください。

キャンプ場で飼われている魚はいません。

魚つかみどり大会で池に放流される魚(ニジマス、イワナ)です。

イベント用に用意された魚とはいえ、実際につかみどりのは子どもにとって貴重な体験です。

実際に手でつかんで、オーナーが魚をさばく様子を見て、夕食として食べるという体験はとても印象深い思い出になります。

水族館で魚を見るのとはちがった生々しい生き物体験をすることができます。

アーバンキャンピング朝霧宝山 晴れています アーバンキャンピング朝霧宝山でのファミリーキャンプのまとめ アーバンキャンピング朝霧宝山 アーバンキャンピング朝霧宝山で魚のつかみどりに挑戦

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場