ザファーム キャンプ(農園のなかのキャンプ場)の子どもの遊び場

thefarm ザファーム キャンプ(農園のなかのキャンプ場)

これまでなんども利用した経験をふまえ、ザファーム キャンプ(農園のなかのキャンプ場)の子ども(未就学児)の遊び場をご紹介します。

サイトそのもの

まずは自分たちの区画サイトそのものです。

区画そのものが12×10mと大きいことに加え、車も乗り入れていないので、広々したサイト内は格好の遊び場です。

柵に囲まれていることもあり、大人の目の届くところで子どもたちを遊ばせてあげることができるのはとても安心です。

設営など、大人の手が足りなくなりそうな時でも、大人たちが見えるところで遊んでいてくれるので、子どもたちが飽きさえしなければ、設営がうんとはかどります。

炊事場

サイトの近くに炊事場が設置されています。

決して大きくはありませんが、そもそもサイトの数が少ないので、混雑して長時間待たされるということはありません。

炊事場に食器や食材を洗いに行くと必ず何かしらの生き物に出会います。

季節や時間帯にもよりますが、カエル、バッタ、トンボなどいろんな生き物との出会いがあり、東京生まれの娘たちにとっては刺激に満ちた遊び場だったようです。

アスレチック

農園のなかのキャンプ場のサイトからは子どもの足で10分弱歩きますが、グランビングのエリアにはちょっとした遊具があります。

滑り台、平均台、子ども限定のジップラインなどです。

数はそれほど多くありませんが、宿泊している子どもしか使わないので十分な数だと思います。

家の近くにある遊具と同じでも、キャンプ場にあるというだけで特別感があるので、とても喜んで遊んでくれます。

大人も同じですが、「キャンプ」というスパイスが加わるだけで同じものでもだいぶ見え方が変わってくるから不思議です。

アスレチックエリアまでは農園のなかのキャンプ場からは少し遠く、高低差があるのでお気つけください。

じゃぶじゃぶ池

同じくグランピングエリアにじゃぶじゃぶ池があります。名前は私が勝手につけたものです。

グランピングエリアの宿泊施設の真ん中を足首くらいまでの深さの水が流れています。

みんな自由に入って遊ぶことができます。

暑い日はもちろんですが、寒い日であっても水があれば子どもたちはワイワイと楽しそうに遊びます。

ちょっとした水だけで子どもはどうしてあんなに楽しそうに遊ぶんでしょうか。

ついていく大人は結構大変ですが。。。

ポニー

敷地内を歩いているとときどきポニーに出くわします。

散歩なのかわかりませんが、施設の方に連れられて歩いています。

普段の生活で見ることはもちろん触ることなんてありませんので、大人でも少し興奮してしまいます。

 

こうしてみると、ザファーム キャンプ(農園のなかのキャンプ場)は子どもと一緒に行ったほうが楽しいキャンプ場かもしれませんね。

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場