ニューバランスのFresh Foam X1080(V12)を履き始めておよそ3か月が経った

ニューバランスのFresh Foam X1080 (V12)

この記事には広告をふくむ場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

2023年5月12日から、私はニューバランスのFresh Foam X1080 (V12)を選択し、現在までの使用期間は約2か月半です。

私のランニング距離は月に60~100キロメートルで、ハイパフォーマンスなアスリートではないにもかかわらず、このシューズは私のニーズを満たしています。

特に注目すべきは、このシューズがランニングの継続に大いに寄与している点です。

その快適さと性能が、私を常に走り続けることへと駆り立てています。ランニングは一貫性が重要で、このシューズはその一貫性を支えるための信頼できるツールとなっています。

私が購入したのはスーパースポーツゼビオです。

Fresh Foam X1080 (V12)はニューバランスの上位モデルで、通常は20,000円近くするものですが、私は10,000円以下で購入できました。

色やデザインのバリエーションにより、同じモデルでも価格が変動することを覚えておくと良いでしょう。

ゼビオの魅力はその価格だけではありません。

店員さんのアドバイスや、会員向けの頻繁なセールも大きな利点です。

これらは、シューズ選びをより経済的で、そしてより個別化された経験にしてくれます。

ランニングシューズの価格は上昇傾向にありますが、ハーフマラソンを完走する程度のランナーにとって、有名ブランドのランニングシューズはどれも十分な性能を発揮します。

高価なシューズを購入すると、その性能を最大限に引き出すことが難しい場合があります。

デザインよりも機能性を重視する人にとって、このシューズは絶好の選択肢です。

その特筆すべき点は、クッショニングの優れた性能です。足をしっかりと支え、走行中の衝撃を吸収してくれる感触があります。

私自身、普段はVIVOBAREFOOTを使用していますが、Fresh Foam X1080 (V12)のクッショニング性能は、その違いを如実に感じさせてくれます。

それぞれのシューズは目的が違うので履き心地がちがうのは当然です。どちらがいいとか悪いとかといった話ではありません。

ランニングシューズは消耗品なので、新しいシューズを選ぶタイミングは必ずやってきます。

しかし、私は現在のところこのシューズに満足していて、次回の購入でも同じモデルを選ぶことを検討しています。その際には、再びゼビオの会員向けセールを利用する予定です。

現在の使用頻度では、このシューズはおそらく12月まで持つでしょう。その時点で自身の走力が向上していれば、よりスピードを追求できるシューズを選ぶかもしれません。しかしながら、現状では同じモデルを再購入する方向で考えています。

結論として、ニューバランスのFresh Foam X1080 (V12)は、コストパフォーマンス、クッショニング性能、そして耐久性を重視するランナーにとって、優れた選択肢となるでしょう。

その最も大きな利点は、ランニングの継続を助けることにあるかもしれません。

シューズ選びにまよったら、一度試してみてはいかがでしょうか。

きっと参考になる記事

#東京レガシーハーフマラソン 東京レガシーハーフマラソン完走に向けて8月に取り組んだこと 東京マラソン ポンチョ マラソン大会で雨が降った時に使える簡単手作りポンチョ(カッパ、レインコート、雨具)の作り方 東京レガシーハーフマラソン完走に向けて6~7月に取り組んだこと #東京レガシーハーフマラソン 東京レガシーハーフマラソン完走に向けて6~7月に取り組んだこと 東京マラソン シュミレーション 東京マラソン(2020)本番前に20kmマラソン大会に参加〜本番のシュミレーションをしてみたよ