東京マラソン前日の高揚感と緊張感

東京マラソン

この記事には広告をふくむ場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

こんにちは。

明日はついに、東京マラソンの本番当日です。

私にとってひさしぶりの本格的なマラソン大会に参加することになり、心臓が高鳴っています。

東京マラソンは、東京の街を走る大会で、そのために東京の主要な観光名所をほぼ貸し切ることになります。ランナーにとって、特別な体験をすることができる大会です。

この大会に参加するには、抽選に当たる必要があります。

私は、妻が2回当選する中、一度も当選することができずにいました。

それでも諦めずに、毎年申し込み続けていたのですが、2019年にようやく当選することができました。

しかし、その年は新型コロナウイルスのため中止になってしまい、参加費も返金されませんでした。そして、その後も大会は中止・延期が続き、ようやく3年の時を経て、明日、ついに参加することができるのです。

前日には、身につけるものや持ち物の準備をし、会場に行くまでに必要なものをすべて用意しました。

また、スタート地点からゴール地点までの動線も確認しておきました。

さらに、食事もしっかりとり、睡眠もしっかりとることで、明日に備えています。

私はランニングが趣味で、週に3回はジョギングをしています。しかし、マラソンはほぼ未経験の世界です。

それでも、10キロ以上は走ったことがありますので、何とかなるのではないかと思っています。とにかく、楽しんで走りたいと思います。

当日は、知人たちも応援に駆けつけてくれる予定です。お互いに楽しんで、ゴールを目指します。

明日は、自分のペースで走り、楽しみながらゴールを目指したいと思います。

参加されるランナーの皆さん、ぜひ楽しんで走りましょう。

ボランティアの皆さん、明日はどうぞよろしくお願いします。

マラソンにまったく興味のないみなさん、明日一日、ご不便をおかけしますが一日だけどうかお許しください。

きっと参考になる記事

東京マラソン応援東京マラソン(2020)を楽しく応援するポイント・コツ〜おすすめの応援グッズもあるよ東京レガシーハーフマラソン完走に向けて6~7月に取り組んだこと #東京レガシーハーフマラソン東京レガシーハーフマラソン完走に向けて6~7月に取り組んだこと東京マラソン シュミレーション東京マラソン(2020)本番前に20kmマラソン大会に参加〜本番のシュミレーションをしてみたよ#東京マラソン 収容関門 リタイア東京マラソンで収容関門(33.5km地点)にひっかかった話