ツールームテント(コクーンII)の元気がなくなってきたので次のテントをさがしている

雷鳥沢キャンプ場 テント やまどうぐレンタル屋

うちで使っているツールームテント(コクーンII)の元気がない。幕がすれて生地が薄くなっているところがある。小さな穴が空いているところもある。ジッパーの動きも悪くなってきて、場所によっては閉まり切らないところもある。とんでもない天気でなければ、まだまだ使えるが疲労の色は隠せない。おたがい歳をとった。

4年以上にわたって使い、100泊以上しているのだから無理もない。

子どもの成長にともない、キャンプスタイルが変わってきた。娘が小学校に通うようになり、長い休みを取ることがむずかしくなってきた。私たち夫婦も歳をとってきて、経験不足、知識不足を力技で補うことができなくなってきた。山に行きたいという別の願望も生まれてきた。

てなわけで、次のテントをさがし始めたのだ。

どんなテントにするか、夫婦の基準は一致しない。テントに求めるものがちがうのだ。ただ、山でも使うことを考えるとコンパクトであるという条件ははずせない。他の道具と一緒に背負っていけるくらいの大きさでないといけない。この点については、ふたりの希望を入れる余地はない。必須条件だ。なので、ツールームテントのキャンプとはまったくちがうキャンプを考えていく必要がある。

次のテントに対する私の考えはこうだ。

まず、テントは山とオートキャンプで同じものを使いたい。いまのテントは居住性は非の打ち所がないがないのだが、運搬の負担がとても大きい。およそ30kgもあるのだから取り回しが大変なのだ。可能であればもっと身軽にキャンプをたのしみたい。いずれ腰をやられてしまうのではないかという初老の危機感がある。小さいテントであればレンタカーのサイズも小さくすることができ、レンタル料金を抑えることができる。マンションの保管スペースも圧迫しにくい。キャンプによく行くとは言え、月に数回しか使わないテントが、私の仕事部屋を占領してるのがどうしても納得できないのだ。

一方、妻の考えはちがう。

できれば、山キャンプとオートキャンプで使うテントをわけたい。おなじ「キャンプ」でも、山キャンプとオートキャンプは完全に別のものだ。オートキャンプに行くときぐらい広いスペースでのんびりしたいし、天気が悪い時のツールームの安心感は捨てがたいというのだ。

居住性をすこし犠牲にしてもコンパクティビリティを求めるわたし、キャンプに行くときくらいのびのびすごしたい妻、この方向性のちがいはいまに始まったことではない。これまでもことあるごとにかみあわない議論をくり返してきた。おたがいが大事にしているポイントがちがうので、このまま議論をしていても妥協点を見つけることはできないだろう。一緒にカタログを見たり、お店で実物を見たりしてもゴールに近づいている感じがしない。むしろ、テントについて話をすればするほど夫婦仲が悪くなっている気すらする。

そんな悩みの中、テントをレンタルする機会がやってきた。8月に山岳用のテントで立山・室堂に行くことになり、コロナのせいで強制的にテントを借りることになったのだ。腰をすえて検討するような時間もなく、ネットで見つけたやまどうぐレンタル屋 を頼ってダンロップ コンパクト登山テント VS-40 をレンタルした。モンベルのステラリッジ4を借りたかったのだけれど、予約がいっぱいで借りることができなかった。

山岳テントで寝泊まりするのははじめての体験だった。ツールームテントに慣れきっているので狭さを感じたのはたしかだ。この日は天気も悪く、テントの中と外を自由に行き来することもむずかしかったのでよけいにそう感じたのかもしれない。また、宿泊用に持って行った荷物のおき場もなく、とても窮屈な思いをした。必要最小限の荷物で山に行くという技術がないので荷物の量も多かったはずだ。4人用の山岳テントで、家族4人がたのしむにはかなりの練習が必要だと感じた。それでも小さなテントの可能性を強く感じたことも事実だ。

この反省を活かして9月にも別のテントを借りて同じ立山・室堂に行ってきた。次に借りたのはファイントラック カミナドーム4 だ。前回の反省を活かし、より軽くて、より広い(前室部分ふくむ)テントをえらんだ。ダンロップにくらべてずいぶんと快適にすごすことができた。あきらかに数字上のテントのスペックも高い。それ以上に天気に恵まれたこと、立山・室堂に行くのが2回目だったことも好印象につながっている可能性はある。荷物をもう少しコンパクトにできる技術が身につけば、ファイントラックのテントでやって行けるような気がした。

2回のテントレンタルを終え、結論はまだ出ていない。もうひとつためしてみたいテントがあるのだ。モンベル ステラリッジ テント 6型 だ。過去に借りたテントとちがう6人用だ。広い分テントでくつろげて、手分けをすればザックで持ち運べるのではないかと期待している。山に行く予定はないので、10月のオートキャンプで使うため、やまどうぐレンタル屋 で予約している。

今年のキャンプシーズンはもう終わりに近づいているので、今年中にテントを買い替えることはないだろう。それでも見通しを立てた上で来年のキャンプシーズンを迎えられるのではないかと期待している。