北軽井沢スウィートグラスのポリンポリンサイト滞在記(2022年秋)

北軽井沢スウィートグラス キャンプ

目をつぶっても歩ける。もう北軽井沢スウィートグラスの地図は頭に入っている。そんな自信がある。

2022年10月14日から3泊4日でポリンポリンサイトで遊んできた。今年、スウィートグラスに来るのはこれで4回目。トータルで13泊したことになる。これだけ泊まったんだ。イーグル会員として胸を張っていいだろう。

これだけ遊びに行くと、見たことのあるお客さんに何人かは出会う。決して会話を交わすことはないのだけれど、まちがいなく過去のキャンプで一緒になったことがある。そんな常連さんが何人かいる。きっと相手の人も思っているはずだ。常連さんには私たち家族がどんなふうに映っているのだろうか。

トランポリンを飛び続けている家族、荷物の多い家族、ずっと泊まっている家族、どんなふうに見えているのだろう。すこし気になる。チャンスがあったら聞いてみたい。意外と、「あなたたちのことは知りません」なのかもしれない。

バランスの取れたキャンプ。今回のキャンプを一言で表すとこうなる。これまで何十回とキャンプに来ているが、その中でもっともバランスが取れていたと言ってもいい。

これまでのキャンプでは、キャンプ場が主催するイベント三昧になってしまったり、テーマパークに出かけてほとんどキャンプ場にいなかったりと極端な遊び方になることが少なくなかった。けれど、今回はちがった。

キャンプ場のイベントにちょっと顔を出す、キャンプ料理をのんびり楽しむ、場内を散策して紅葉を楽しむ、天気のいい日にちかくの小浅間山に登ってみる、心ゆくまでたき火を楽しむといったかんじで、強弱をつけてキャンプができた。

こんなにおだやかにキャンプを楽しむことができたのは、回数を重ねてきたことによる慣れもあるが、夏に行った山キャンプの影響も大きい。山キャンプで獲得した免疫によって、自分たちの力量が大きく高まったんだろう。力量というと聞こえがいいが、単に我慢強くなっただけとも言える。スウィートグラスはもともと高規格のキャンプ場。そこに制限の多い山キャンプのイメージをもって行くわけだから、快適にすごせるに決まっている。ゆとりが生まれるはずだ。

いい思い出ばかりのキャンプになったが、やはりスウィートグラスでないとできないのかもしれない。浅間山の近くという立地、適度に整備された自然、飽きのこないイベント、広々とした空間、最終兵器としての浅間ヒュッテなど、どんな客が来ても大丈夫といった横綱のような懐の深さがある。そのおかげでキャンプに奥行きが生まれのだ。

わが家は基本的には冬キャンプをしない。雪道の運転ができないからだ。今年でイーグル会員の制度が廃止される。来年以降の予約システムについてはわからないが、今年よりポリンポリンサイトを予約しやすくなるとは考えにくい。ひょっとすると今回が最後のポリンポリンサイトになるのかもしれない。

こんなバランスの取れた遊び方ができてしまうと、ますますスウィートグラスから離れられなくなってしまう。撤収を終え、備え付けのテーブルでコーヒーを飲みながらなんとも言えない寂しさが込み上げてきた。こんなに名残惜しいと思ったことはない。暖かくなったらまた来たい。