きのこの佃煮(No.027)を作りました|ホットクック1.6L

ホットクック きのこの佃煮

こんにちは。ホットクックの助けを借りて2児のパパライフを楽しんでいるCAMPION()です。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

おいしい「ごはんのお供」と一緒に炊きたてのごはんを食べたくて、ホットクック(1.6L)の自動調理機能を使ってきのこの佃煮を作りました。

このページではその様子を紹介します。

ホットクックできのこの佃煮を作る方法

材料

冷蔵庫にあったきのこ類を集めたら、公式レシピとほぼ同じ分量になりました。

材料(できあがり量 約500g)
  • えのきだけ
  • 生しいたけ
  • しめじ(小房に分ける)
  • まいたけ(ほぐす)
  • しょうゆ 大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1.5

きのこは480g使いました。

材料(できあがり量400g)
  • えのきだけ
  • 生しいたけ
  • しめじ(小房に分ける)
  • まいたけ(ほぐす)
  • しょうゆ 大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1.5

好みのきのこ:合計400gくらいにする。

アレンジしたところを赤字にしています。

手順

まぜ技ユニットを本体にセットする。
えのきだけは汚れた部分を切り落とし、半分の長さに切る。生しいたけは石づきを取り、薄切りにする。

内鍋にすべての材料を入れ、本体にセットする。
ホットクック きのこの佃煮

自動調理メニューからNo.027(きのこの佃煮)を選ぶ。

加熱後、まぜあわせて味をなじませる。

完成!
ホットクック きのこの佃煮

30分すると完成。

MEMO
水分が多いときは、「手動で作る」「煮詰める」で調整できます。

ホットクックできのこの佃煮を作ってみて

感想

公式レシピよりきのこの量は多かった一方、調味料は増やしませんでした。

結果的にちょうどいい濃さに仕上がりました。

いつものことですが、公式レシピは味付けが濃いめなのでこういった調整が欠かせません。

炊きたてのごはんに添えて、昔話盛りでごはんをいただきました。

若い人は知らないと思いましたので、昔話盛りの説明をしたページのリンクを貼っておきます。

食通の妻曰く、この味はほうじ茶を使ったお茶漬けにするとおいしいはずというので、早速アレンジメニューができました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

たしかにおいしかった。

常備菜として冷蔵庫に入れておけば、忙しくてしっかりおかずが用意できない日でも、あったかいごはんさえ用意すれば、しあわせな気持ちにさせてくれます。

ぜひお試しを。

参考になりそうな記事

このページ以外にも、ホットクックについていろいろな記事を書いてます。

ホットクックの魔法をもっと楽しむために、ぜひ目を通してください。

ホットクックの料理本

ヘルシオ ホットクック(シャープ)を使いこなすためにおすすめの料理本ヘルシオ ホットクック(シャープ)を使いこなすためにおすすめの料理本 10選

ホットクックの便利グッズ

ホットクック 便利グッズホットクックと一緒に使うと便利なおすすめのキッチングッズ6選

自動調理機能で作ったレシピ

ホットクックの自動調理機能で作ったメニューヘルシオ ホットクック(シャープ)の自動調理機能で作ったレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。