れんこんのバター焼き|土井善晴先生の家庭料理レシピ

れんこんのバター焼き アイキャッチ

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

きんぴら以外のれんこん料理を食べたかったので、土井善晴先生のレシピを参考にれんこんのバター焼きを作りました。

れんこんのバター焼きのレシピ(土井善晴先生)

薄切りのれんこんをじっくり焼き色がつくまでバターで焼きます。大人はビールのおつまみに、子どもは野菜のおかず料理に、使い勝手のいいレシピです。きんぴらももちろん美味しいですが、たまにはバターで焼き上げるこのレシピでれんこんのちがった一面を味わってください。

れんこんのバター焼きの材料

必要なもの(2人分)

  • れんこん 100g
  • バター 10g
  • 植物油 大さじ1
  • 塩 適量

※写真は4人分の分量です。

れんこんのバター焼きの作り方

STEP.1
れんこんの下準備をする
れんこんのバター焼き れんこんの準備れんこんは皮をむかずに薄切りにし、水気をふいて塩をふる。フライパンに植物油とバターを半量入れてれんこんを並べる。
MEMO
植物油をまぜることでバターが焦げるのを防ぎます。
STEP.2
れんこんを焼く
時々れんこんをヘラで押さえながら弱火で焼き、焼き色がついたら返して残りのバターを入れる。
STEP.3
完成
れんこんのバター焼き 完成両面に焼き色がついたら器に盛る。
MEMO
子どもが食べやすいようにれんこんの一部を小さく切っています。

実際に作って感じたこと

実際に作って感じたこと

実際にれんこんのバター焼きを作ってみて感じたことをご紹介します。

すべてのれんこんを焼くまで結構時間がかかる

このレシピでは、れんこんにきれいな焼き色をつけてあげることがポイントです。

焼き色をつけるには、れんこんの表面の水分をふき取り、塩を振り、フライパンの底とれんこんが接している状態をキープして加熱する必要があります。

れんこんの直径が大きいと、1回ではフライパンに乗らない可能性もあります。

そうなると何回かにわけて調理することになります。

今回は倍量作ったので4回にわけて調理したので20分くらいかかりました。

くれぐれも時間配分にはお気をつけください。

立派なおつまみレシピになる

夕食のおかずとして作りましたが、食べてみるとお酒が進むメニューであることに気づきました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

「れんこんのバター焼き540円」って居酒屋のメニューにあってもおかしくない。

数回に分けて調理しなければいけない場合、1回目を調理している時に晩酌を始めてしまえばいいんです。

キッチンドランカーの特権として、できたてを食べつつすべてのれんこんが焼きあがるのを待てるのはとても幸せな時間です。

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理の「さしすせそ」を見直して料理家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 おすすめ4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。