りんごサンドイッチ|土井善晴先生の家庭料理レシピ

りんごサンドイッチ

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

りんごの旬も終わりが近づいてきたので、土井善晴先生のレシピを参考にりんごサンドイッチを作りました。

りんごサンドイッチのレシピ(土井善晴先生)

秋から冬にかけて旬を迎えるりんご。切って混ぜてはさむだけという手軽なレシピです。朝が苦手な子どもたちも、りんごサンドイッチが待っている朝は不思議と早起きをしてくれます。そのまま食べることができるりんごは、レシピらしいレシピがありませんが、りんごサンドイッチはりんごの良さを損ねない幸せなレシピです。

りんごサンドイッチの材料

必要なもの(2人分)

  • りんご 1個
  • 食パン(10枚切り) 6枚
  • レモン汁 1/8個分
  • サワークリーム 100g
  • 砂糖 大さじ1〜2

※写真は8枚切りの食パンを使って大人2人、未就学児2人分を作っています。

りんごサンドイッチの作り方

STEP.1
りんごを切る
りんごサンドイッチ りんごを切るりんごは少し皮を残してむき、4等分にする。芯を除いて薄切りにする。
STEP.2
具材を混ぜる
りんごサンドイッチ 具材を混ぜるボウルにりんごを入れ、砂糖とレモン汁、サワークリームを混ぜる。
STEP.3
パンにはさむ
食パンにはさんで上下2辺の耳を落とし、2等分にする。
STEP.4
完成
りんごサンドイッチ 完成

実際に作って感じたこと

実際にりんごサンドイッチを作ってみて感じたことをご紹介します。

注意すべき点は?

パンにりんごをはさんだ時に、パンとりんごがバラバラになってしまわないように少し押さえてあげましょう。

そうすることで包丁で2等分する時に崩れるのを防ぐことができます。

ただし、力を入れすぎてしまうとパンがつぶれてしまい、見た目が損なわれてしまいます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

パンに指のあとがついてるとおいしくなさそうですよね

ポイントは指先ではなく手のひら全体で押さえることです。

りんごの皮のむき方

りんごサンドイッチ りんごの皮のむき方

以前、土井善晴先生が別のレシピで紹介されていた少し皮を残したままりんごをむく方法です。

そこでは、4等分してからではなく、先にすき間をあけながらまだらに皮をむき、そのあと切り分けてらっしゃいました。

赤い皮が残らないように几帳面に皮をむくのではなく、言ってみればいいかげんに皮をむくといった感じです。

りんごを切り分けてデザートとして用意する時もこうすると食感に変化が出て美味しかったりします。

ぜひお試しください。

調味料の分量

りんごは品種や時期によって甘み、酸味に大きなちがいがあります。

食べる人の好みも様々です。

軽い仕上げにしてたくさん食べたいということもあるでしょう。

その時の状況に応じて、砂糖やレモン汁の分量を加減してください

参考になりそうな記事

このページの他にも、先生の本やレシピなどについて書いてます。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.pngCAMPION

気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてください。

調味料のこと

基本調味料 料理のさしすせそを見直して家事をラクにする方法

料理本のこと

土井善晴先生 料理本土井善晴先生の料理本 4選〜家庭料理をもっと楽しむ

レシピのこと

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。