【感想】生き物としての力を取り戻す50の自然体験 ―身近な野あそびから森で生きる方法まで

生き物としての力を取り戻す50の自然体験

生き物としての力を取り戻す50の自然体験 ―身近な野あそびから森で生きる方法まで (Make: Japan Books)」は、ファミリーキャンパーである私のキャンプでの過ごし方に「痛恨の一撃」を加える良書でした。

本書は、33人の自然を楽しむスペシャリストの寄稿で成り立っています。

監修がカシオ計算機株式会社になっていることに驚いたのですが、それもそのはずカシオが主催するWILD MIND GO! GO!という取り組みが本書のベースになっています。

WILD MIND GO! GO!のホームページはこちら

我が家のキャンプは、本来のキャンプというよりはレジャーに近いです。

キャンプ場に設置してある遊具で遊んだり、持ち込んだ花火を楽しんだり、キャンプ場が企画するビンゴなどのイベントを楽しむことが中心です。

ちょっとした遊びを屋外で楽しむ感じといえばいいでしょうか。

これはこれで一つの楽しみ方として十分にありだと思います。

そんな高規格なキャンプ場を探し回る私に忘れていたものを思い出させてくれたのが本書でした。

 

「自分もまた自然の一部をなす生物」と考えることで野生の感覚や思考を取り戻す。

by 岡村 祐介氏 エクスペリエンス デザイン ディレクター

風の音、空気のにおい、鳥の鳴き声などが一気に鮮明に感じられるようになるから不思議です。

慌ただしいばかりの都市時間というのは、恐ろしいもので黙ってそれに流されていると気づけば花が咲いて散って、あっという間に葉っぱが落ちていて、そうしているうちに極上の自然さえ知覚できなくなってしまう。

生きる力を与えてくれる雄大な自然というのは休暇を取って出かけていくような遠いどこかにしか存在しないと思うようになり、少なくともうちのまわりにはそんなものはないと断言するようになってしまう。

by 阿部 雅世氏 デザイナー・ベルリン国際応用科学大学 教授

気がつけばもう秋です。決して安くないお金を払ってキャンプ場に通う我が家には耳が痛い話です。

家族で散歩に出かけているとき、昼のお月様を見つけるのはいつも子どもたちが一番早いんです

歩いて保育園に行く親子保育園に歩いて通うメリット・デメリット

現代人は自分の食物を自分で採集することは少なくなったけれど、「何かを収穫したい」という欲求は心の奥底にしっかり刻まれている。

by 藤原 祥弘氏 エディター・ライター

いちご狩りは、パックで売られているいちごを食べるのとは大きくちがう魅力があります。

先日も、魚のつかみどりではしゃいでしまいました。

アーバンキャンピング朝霧宝山アーバンキャンピング朝霧宝山で魚のつかみどりに挑戦

 

本書では自然とたわむれる方法が50個、紹介されています。

難易度もさまざま。

小川の道草を食べよう!という提案は私にとってかなりハードルが高いですが、海岸で貝殻を拾ったり、マイクロスカイダイビングをしたり、自分たちで決めた形の葉っぱを集めてきたりする遊びは簡単にできて子どもたちもとても楽しそうです。

その他にもさまざまな遊びが提案されています。

詳しくは実際に本書をご覧ください。

 

子どもと一緒に自然とたわむれようとする時、必ずしもキャンプ場に連れていかなければいけないということはありません。

遊園地などのレジャー施設もまたしかりです。

都会にあっても見方を変えるだけで十分に変化に富んだ自然が身近に存在しています。

 

大人は便利な道具を知っているがために自然とたわむれる時間をおろそかにしているのかもしれません。

それだけならまだしも子供と自然の間に障害物を置いてしまっている可能性もあります。

子どもたちのアンテナを信じましょう。

大人も一緒に楽しむ気持ちで、子どもの助けを借りてそういった体験に連れていってもらうのはいかがでしょうか。

私が読んだ本

本書以外に私が読んだ本を一覧にしています。ぜひご覧ください。

▶︎ 私の血となり肉となった本たち