家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く

家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く

2022年11月3日(祝)から3泊4日で温泉巡りをした。温泉巡りといっても、温泉街を歩いたわけではない。ザックを背負って山に入り、温泉宿を歩いて転々としたのだ。温泉には家族4人、私と妻、2人の娘(小学2年と年長)の4人パーティで出かけた。

立山(富山県)に行ってから山への関心が止まらない。山と言っても高い山を制覇したいといった「山頂」をめざすものではない。キャンプをしたり、散策をしたりといった楽しみ方がわが家にはしっくりくる。

すでに紅葉のピークは過ぎていたように思う。かといって、まったく紅葉が残っていなかったわけではない。木々に残る紅葉、道中に敷き詰められた落ち葉、その両方で紅葉を楽しむことができた。贅沢な旅になった。

温泉めぐり

登山の出発地点は女夫渕駐車場。無料の市営駐車場だ。このあたりの奥鬼怒エリアには4つの温泉がある。加仁湯八丁湯日光澤温泉手白澤温泉の4つだ。女夫渕駐車場から先は一般車両が入ることはできないので、秘湯と言っていいだろう。加仁湯や八丁湯は送迎をしているようだが今回の旅では利用しなかった。

駐車場までの車の移動はとてもスムーズだった。紅葉のピークが終わっていたことが要因だろう。対向車とは時折すれちがう程度で、細い山道でもストレスはなかった。駐車場に到着したのは9時。駐車場もかなり空きがあった。

女夫渕駐車場〜加仁湯温泉(1日目)

1日目の宿は加仁湯だ。途中にある八丁湯に立ち寄りたかったが、この日は日帰り入浴を受け付けておらず、断念した。3時間くらい歩いて、12時台には到着したいという計画だった。子どもたちと一緒なので、かなり余裕を持たせたプランだ。そのくらいで着けば、ゆっくり昼ごはんも食べられるだろうと考えたのだ。

天気は快晴。駐車場から登山道に向かう橋でいきなり猿と遭遇。まったく予期していなかったのでかなり驚いた。先日登った小浅間山もスタート直後にカモシカと遭遇したので、なにかがあるような気がする。きっと気のせいだが。

スタート直後、上り階段の連続でかなりきつかった。特に、早朝からの運転があり、体がまだ山に慣れていないこともあり、とてもハードだった。子どもたちも挨拶がわりの上りに出くわし面食らった様子。

家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く
石もいい

それでもきつかったのははじめだけ。それ以降は多少のアップダウンはあっても息が上がるような難所はほぼなかった。紅葉を眺めたり、石を眺めたり、ツチハンミョウを見つけて興奮したり、次々と変わる景色を思い思いに楽しんだ。ツチハンミョウは、北軽井沢スウィートグラスに行った時に「危険生物」として紹介されていたので、わが家でちょっとしたブームになっていた虫だ。

登山道ではそれほど迷うようなところはなかった。目印をしてあるし、人の通ったあともよくわかったので、安心して歩くことができた。ただ、落石注意とされているエリアが多いので、休憩をする場所については慎重に選んだ。

結局、3時間弱で加仁湯に到着。YAMAPで計測した行程のスクショはこちら。

家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く
夫婦渕駐車場〜加仁湯温泉

宿に着けば温泉に入り、すこし疲れを取ろうと横になったら爆睡。瞬殺だった。床に沈み込むような昼寝の感覚が、疲れの大きさを物語っている。

加仁湯〜日光澤〜手白澤温泉(2日目)

2日目の目的地は手白澤温泉。14時のチェックイン時刻まで時間があるので、日光澤温泉へ日帰り入浴へ行くことにした。日光澤温泉は加仁湯から歩いて15分ほど。前日の3時間の移動にくらべたら準備運動のようなもの。この日も午前中は天気もよく、川の魚をながめながらのんびりとたのしく散策ができた。

日光澤温泉は混浴の温泉。とはいえ、他にお客さんはいなかったのでわが家で貸切の状態。加仁湯とはまたちがった温泉を楽しむことができた。

温泉に入って5分くらいした頃だろうか、長女がトイレに行きたいというので、服を脱いだり着たり、坂を登ったり降りたり、服を脱いだりと大忙し。温泉に入ってすぐもよおすのはわが家の娘たちの恒例。お風呂に入る前に用をすませても、ふたりのうちのどちらかがこうなることが多い。温泉はママにとって至福の時間なので、こういうときの付き添いは私の役目。こんなドタバタも子どもの年齢を考えるとあとすこしかもしれないが。

日光澤温泉での日帰り入浴が終わって加仁湯にもどる。預かっていただいていた荷物を受け取るとの注文していたお弁当を食べる。あと、旅行支援割のクーポンを使ってお買い物もしなければいけなかった。家族みんなの分を合わせると12,000円分もあるのだが、この日しか使えない上に私たちの旅程では加仁湯のお土産コーナーでしか使うタイミングがない。

旅行支援の話が出る前から予約をしていた旅行なので、クーポン自体、たなぼた、おまけ程度のものでしかないのだけれど、地方の観光産業の支援を目的とするのであればもうすこし使いやすい制度設計をお願いしたいものだ。

おにぎりを食べお腹も満たされたので、手白澤温泉に向けて出発。午後の予報はくもり。山の天気は変わりやすいということもあって早めに出発することにした。

家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く
落ち葉の感触が心地よい

手白澤温泉には10年ほど前に一度来たことがある。そのときはまだ子どもがおらず夫婦ふたりで来た。時期は今回とそれほど変わらなかったと記憶しているが、道中、ところどころに雪が見られた。その時はかなりいいかげんな装備、心構えできたので雪穴に落っこちたことをよく覚えている。おへそのあたりまで雪に埋まってしまい、肝が冷える思いをした。

今回歩いた道には雪はなかった。後ほど紹介するように、きちんと山を歩く装備もしている。ずいぶんと成長したのだ。自然の怖さを味わったことで慎重になったというか、謙虚になった気がする。

2日目ともなると子どもたちも山道に慣れ、楽しく歩いている様子。ふたりで歌を歌いながら一歩一歩進んでいく。子どもたちの歌声に癒やされるとともに、この騒がしい歌声が熊よけの役割も果たしてくれたので大変ありがたかった。

時間にすると1時間強。あっという間に手白澤温泉に到着した。わかりにくい道はなかったが、ところどころ崖そばの細い道があったので、気をつけながらの移動となった。アップダウンがきついということもなく、温泉でエネルギーチャージができているので休憩もなくたどりつけた。宿が見えてきたあたりでポツポツと降り出してきた。

宿に着き、荷物の整理をしながらわんちゃんによる出迎えを受けていると外は土砂降りの雨。くもり予報ではあったので小雨は想定していたがびっくり。よくみると雹(ひょう)。山の天気は変わりやすい。早めに出発してよかった。雨の予報でなくても雨具は必携だ。ここにもYAMAPからとってきた行程はこちら。

家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く
加仁湯〜手白澤温泉

手白澤温泉は1日に利用できるのは6組まで。客数を限定しているので何事においてもゆとりがある。スペース、時間、おもてなし、どれをとっても来てよかったと思わせてくれる。また来たいと思わせられる。

施設内には必要最低限のものがそろえられていて余計なものがない。このすっきりとした設計がとても気に入っている。自分の家もこうありたいと思う。備品の過不足がないということだけでなく、空間としても広すぎず狭すぎずでちょうどいいかげんなのだ。この説明では、手白澤温泉のよさが1割も伝わっていないと思う。自分の筆力のなさを嘆くしかない。

もちろんテレビもない。そもそもわたしはテレビなんて必要ないと思っているので不足を感じることはない。代わりに本が置いてあるのでゆっくりと手に取ってみるのも良い。

温泉は内風呂と露天風呂のふたつ。そもそも利用できる客数が少ないので、のびのびと楽しむことができる。特に露天風呂は、泉質、景色、湯温のいずれもがここちよく、いつまでも入っていられる。それこそテレビなんて見ている暇はないのだ。

それで終わるかと思いきや、料理もおいしい。最も印象に残っているのはにじますの甘露煮だ。時間をかけて丁寧に準備をされたであろう甘露煮はとびっきりのおいしさだった。すっきりした甘さの甘露煮は絶品だった。まるごと魚を食べる経験のない子どもたちには大変な驚きだったようだが、家族全員が完食。また食べたい。

これまで秋から冬にかけてしか訪れたことがないので、次は季節を変えて来てみたい。女将さん曰く、緑あふれる5月中旬から下旬もまったくちがう景色が楽しめるとのこと。来年が楽しみだ。

手白澤温泉〜女夫渕駐車場(3日目)

3日目、手白澤温泉から女夫渕駐車場に帰る。天気は昨日とうってかわって快晴。ただ、出発時点の10時の気温は2℃ととても寒い。2日にわけて来た行程なので、1日の移動としてはもっとも長い。それでも下りが中心で、一度来たことのある道なので精神的なつらさはまったくなかった。

家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く
涼しいというより寒い

例によって子どもたちの歌を聴きながらゆっくりと着実に進んでいく。立ち止まると急激にからだが冷えてしまうのでゆっくりでもとにかく休まずに進む。落石注意のエリアが多いこと、止まっていると寒いことなどもあって、腰を据えての休憩は取らなかった。それでも子どもたちも慣れたもので途中でバテることもなく歩き切ることができた。中には川のそば、滝のそばで休憩をとっているグループもあったが、見ているだけで寒そうだった。

かかった時間はおよそ3時間。YAMAPの行程ではこのように計測されている。

家族4人で加仁湯・日光澤・手白澤温泉に歩いて行く
手白澤温泉〜夫婦渕駐車場

手白澤温泉でひとつだけお弁当を注文していたので、駐車場に戻って子どもたちはかんたんにランチ。歩いて行く温泉巡りはこれで完結となる。ここまでの旅は親の興味関心のおもむくままに計画したものだったので、4日目は鬼怒川温泉ホテルに場所を移し、子どもたちの好きそうなザ・観光を楽しんできた。

装備

次の行く時のため今回の装備について記録しておきたい。

基本となる装備については、9月に雷鳥沢キャンプ場に行った時とほとんど同じだ。大きくちがうのは、宿泊に必要なテントやシュラフを持って行く必要がなかったことだ。

まずは足元から。靴は、トレールウォーカーワイド。靴下は、WICサポーテックトレッキングソックス。いずれもモンベルのもの。パンツはモンベルのO.D.パンツ。足は動かしている時間が長いので、インナーを履くなどの防寒はしていない。

続いて上半身。

インナーにドライレイヤー(ファイントラック)。その上にモンベルのウィックロンTシャツ(長袖)を重ねた。夏場は半袖にアームカバーの組み合わせだったが、寒さを考慮し長袖を着用。長袖の上にはライトウインドジャケットを着て、防風・防寒の対策をした。あと、寒がりの私は手袋にトレールアクショングローブ(モンベル)を着けてすごした。

最も寒かった最終日でもこの装備で動いていれば肌寒さは感じるものの、寒くて動けなくなるようなことはなかった。すこし鼻水が出る程度だ。念のため、プラズマ1000ダウンジャケット(モンベル)をザックに忍ばせてはいるが、行動中に使用する機会はなかった。

ザックはモンベルのチャチャパック35を担いでいった。ちなみに、妻は40Lのザック、子どもたちはそれぞれ20L弱のザックだ。テントやシュラフを入れる必要がないので十分な大きさだった。

残るアクセサリーとして、帽子はひもつきタイプのハット。サングラスはJINSで買った度付きのもの。手ぬぐいはにじゆらのものを使った。いずれもふだんの生活でも使っているもので、ほかに選択肢はない。全幅の信頼を置いている。

むすび

メインの移動手段を歩きにした旅。わが家でははじめてのこころみだったが、とても満足度の高いものになった。好天に恵まれたことが大きな要因であることはまちがいないが、ゆとりのある無理のないスケジュールを組めたことも旅の満足度を高めてくれた。

旅行に行くとなるとついついいろいろなことを詰め込みがちだが、腹八分くらいがちょうどいい。今回も天気がよくて不足の事態に対するドタバタをしなくてちょうどいいボリュームだったので、ひょっとするとまだ詰め込みすぎているのかもしれない。

さきほど少し触れたが、4日目は鬼怒川温泉ホテルですごした。大きなホテルの中には、売店、ゲームコーナー、卓球場とありとあらゆるものがそろっているホテルだ。当然、人の数も多い。ホテルの中を歩いていると次から次へと強い刺激が入ってくるので落ち着いていられない。山でしずかな3日間をすごしたおじさんにとっては心の休まらない時間だった。子どもたちはこちらのホテルライフも満喫しているようなので、こちらが悪いというつもりはないが、すくなくとも今の私にとってはどちらの環境が心地よいかは明らかだ。

温泉を目的地とする歩き旅の楽しさを存分に味わうことができた。子どもたちもまんざらではなかったようなので、季節を変えて再訪することはもちろん、場所を変えて別の温泉地も巡ってみたい。