4回目のコロナワクチンを接種した(40代男性)

コロナワクチン

2022年11月16日(水)、オミクロン株対応のコロナワクチンを接種した。第8波の到来がささやかれる中、4回目の接種だ。3回目のワクチン(ファイザー)を接種したのは今年の3月。8か月、間があいたことになる。

近所のクリニックでインフルエンザワクチンとの同時接種を模索したが、日程があわず、かなわなかった。インフルエンザとコロナで予約を受け付けている期間が異なるため、わたしの生活圏にあるクリニックでは事実上同時接種をすることはできないだろう。結局、午前中にかかりつけのクリニックでインフルエンザの予防接種を行い、午後、自治体が用意してくれた会場でコロナワクチンを接種した。

5回目のワクチン接種に向けて、今回の経過を記録しておく。

経過

予防接種当日

インフルエンザのワクチンを接種したのは11月16日(水)の11時。かかりつけのクリニックで接種。打ったのは利き腕ではない左腕。痛みもなくあっという間に終わった。

14時30分、場所を変えてコロナワクチンを接種。経験を積んだ接種会場はストレスなし。すべてのオペレーションがスムーズに流れ、あっという間に接種完了。批判されることの多かったワクチン接種だが、スタッフの方たちには感謝しかない。

接種当日は体調に何の変化もなかった。とはいえ心配なことは心配なため、体に負担をかけないように長風呂はやめ、シャワーを浴びて21時には就寝。

接種1日後

朝、少しだるさはあるものの熱感はない。日課となっている散歩にも出かけられた。

ふだんと大きく変わるところがないので、在宅で木曜日の業務をはじめる。過去3回は、接種24時間後くらいに熱が出ていたので、元気なうちに重たい仕事を処理していく。熱が出ないにこしたことはないが、出てしまったら仕事に穴が空いてしまうので必死。これはこれでいい締切効果をもたらしてくれた。

12時30分ごろ、どっと疲れを感じるようになる。ふだんと同じ仕事をしただけなのにやたらと疲れる。幸い食欲はあるが、あきらかに元気な時とはちがう。案の定、熱を測ってみると37.1℃。平熱が36.0℃前後なので、私にとってはあきらかに熱がある。今回も接種後24時間くらいで熱が出てきたわけだ。

この時間になるとぼーっとするようになり、込み入ったことが考えられなくなってくる。中途半端な状態で仕事をしていてもあまりよい結果を生まないので、午後は休むことにした。ワクチンの副反応に対して傷病休暇でこたえてくれる会社のやさしさに感謝だ。

午後は病人らしくおとなしく横になっていた。症状としては、熱によるだるさ、つかれやすさがあるものの、悪寒や食欲減退などはなかったのがすくいだった。

接種2日後

18日の金曜日も似た状況だった。集中して仕事ができる状態ではないのでこの日もお休み。力が湧いてくるまでひたすら横になる。とはいえ、横になっているだけだと飽きてくる。飽きを解消するために、雑誌をパラパラと読んだりするが、すぐに疲れてしまう。仕方なくまた横になる。そのくりかえし。結局夕方まではこんな調子。夜になってようやく歩けるくらいまでに回復した。

回復の兆しが見えたのでリハビリをかねて散歩に出かけることにした。ちょうど娘たちの習いごとがあるので、その見送りだけをしてきた。寒空の下で習いごとが終わるのを待つだけの体力はないので、お迎えは妻に託した。時間にして30分くらいの散歩だ。やはり外は気持ちがいい。

ここ最近、平均して17,000歩/日くらい歩いているので、歩けないとなると途端に気分が落ち込んでしまう。何かの事情で寝たきりにでもなってしまったら、気が狂ってしまうのではないかとどうでもいい心配をしている。

食欲はふだん通り。ずっと横になっていたので、体を動かす時に頭痛がするが動けないわけではない。風呂に入る元気も出てきて、ようやくゴールが見えてきた。

接種3日後

19日の土曜日。目覚めるとすこしからだが重い。それでも昨日までの動けない感じとはまったくちがう。動けるけれど、「走りにいこう!」と思えるほどの軽さはない。もう少しすれば全快だと感じられるからだに戻っていた。

こういうときは動かないとかえって調子が悪くなるので、朝の散歩に出かけた。3km弱をのんびり歩いた。昨日の夜の散歩もよかったが、より元気になった上での朝の散歩も格別だ。

運動はできないが、日常生活は送れるまでに回復した。朝食もおいしく食べることができたし、コーヒーもおいしいと感じられるようになっていた。今回にかぎらず、体調が悪い時にはコーヒーが入っていかない。元気な時に感じるコーヒーの香りのよさがまったく感じられないのだ。昨日まではそんな体調不良のバロメーターがNGサインを出していたが、今日はそんなことはなくなっている。

この日になっても注射をした右腕の注射部位や脇にすこし違和感が残っている。それでも日常生活に支障をきたすほどではない。おそらく数日もすれば消えてなくなるだろうというたしかな予感がある。きつかった副反応も終わりと判断してもよいだろう。

もう打ちたくない

4回目のワクチン接種は入念な準備をした上で迎えた。大好きなランニングを数日前から控えて体力の回復に努めた。睡眠時間もたっぷりとってワクチンに負けない力をつけるように努力した。その成果なのか、これまでの副反応の中でもっとも軽い症状で踏みとどまることができた。けれど、まったくダメージがなかったわけではない。副反応が出ない人がこの世の中に一定数存在していることが信じられない。

ここまで副反応で苦しめられると、いっそのことコロナになってしまった方が楽なのではないかという変なことも考えてしまう。けれど、それはちがうだろう。3月末にコロナになった時のことを思うと、予防接種の効果は否定できない。直前にワクチンを接種していたわたしが、家族の中でもっとも軽症ですんだのだから。

コロナへの備えなのはわかるが、これまで100%の確率で副反応が出ているので5回目の接種はどうしても躊躇してしまう。インフルエンザの予防接種で副反応に悩まされたことがないので、具合が悪くなることを知りつつ注射を打たなければいけないというのが受け入れ難い。できることなら何かの理由をつけて打ちたくないのだが、そうもいかない。

5回目のワクチン接種は、2023年3月に出場予定である東京マラソン付近がちょうどいい時期なのかもしれない。副反応により練習ができないこと、体力が落ちてしまうことを考えると、大会の前よりは後の方が時期としては有力か。その時期になってみないと自分の置かれている状況、ワクチンに関する最新の知見がわからないので、むやみに悩むのは得策ではないと思い直す。

ただ、少なくとも噂されている第8波に向けてワクチン接種は済ませた。となると、個人としてできることは栄養のある食事を摂って、適度に運動をし、しっかり睡眠をとることくらいしかない。コロナに対する特効薬がない状況では、いまのところこれが私にとって最強の防衛策だ。