そうめんイタリアン|土井善晴先生の家庭料理レシピ

そうめんイタリアン

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

簡単に済ませたい、かといってインスタントラーメンはちょっとという気分だったので、おかずのクッキングで紹介されていた土井善晴のレシピを参考にそうめんイタリアンを作りました。

そうめんイタリアンのレシピ(土井善晴先生)

そうめんを洗わずに使う調理法を最初に見た時に衝撃を受けました。トマトをざっと炒めてスープのベースを作ればあっという間に出来上がり。トマトの赤と卵の黄色、どことなく見た目もおしゃれ。そうめんの塩気を生かしたレシピです。

そうめんイタリアンの材料

必要なもの(1人分)

  • そうめん 1束(100g)
  • トマト 1個(ざく切り)
  • 溶き卵 1個分
  • にんにく 1片(つぶして刻む)
  • オリーブ油 大さじ1
  • 熱湯 1カップ

※公式レシピにはパセリとありましたが、なかったので入れてません。

そうめんイタリアンの作り方

熱湯を用意する

分量のお湯を沸かす。

炒める
そうめんイタリアン

鍋ににんにく、オリーブ油を入れて火にかけ、香りが出たらトマトを加えて炒める。

煮込む
そうめんイタリアン

そうめん、熱湯を入れて少し煮込み、卵でとじる。

完成!
そうめんイタリアン

お好みでこしょうをふる。

実際にそうめんイタリアンを作って感じたこと

実際にそうめんイタリアンを作って感じたことをご紹介します。

味の感想

そうめんの塩気がたまりません。

レシピを見た時には、そうめんをそのままいれるなんてどんなことになってしまうんだろうと結構不安でしたが、何とびっくりこの塩気がとてもいいアクセントになってます。

いくつかそうめんを試してみて、揖保乃糸が私にとってはちょうどいい塩加減でした。溶き卵を入れることでちょうどいい塩加減になってしまうから不思議です。

最初に炒めるにんにくもそうめんイタリアンのベースの味を支える重要な役目を果たしています。

にんにくを刻む前に手の腹で押し込んで潰す時に、なんか料理してるなぁと自分に酔いしれたりすることもできます。。。

調理のコツ

先に熱湯を準備することです。

そうめんのゆで時間は2分くらいとかなり短いです。

にんにく、トマトを炒めて、麺を入れ、お湯を入れようとした時にお湯がないと料理が止まってしまいます。

いっそのことお水を入れて煮ることもできるとは思いますが、お湯を温めているうちに水分がとられてそうめんイタリアンのスープがなくなってしまいます。

ウォーターサーバーですぐにお湯が出るご家庭であれば問題ないですが、そうでなければ、具材を準備する前にお湯を沸かしておくと、無駄な時間が減らせます。

また、熱湯を入れてからは完成まであっという間です。

もたもたしているとこれまたスープがなくなってしまいますので、卵の準備など事前準備をしっかりしておきましょう。

トマトと麺の組み合わせからすると、おそらくチーズとの相性も抜群なはず。こんど試してみます。

そうめんイタリアンの思い出

そうめんイタリアンはおかずのクッキングでもさんまのまんまでも紹介されていたと思います。

土日のランチにパパッと食べられる物はないかと探していた時期だったと思います。

おいしいだけでなく、色のコントラストもとてもきれいな料理だなぁというのが第一印象でした。

実家からよくそうめんが送られてくることもあり、我が家にはなくてはならないお料理になっています。

そうめんの種類は忘れてしまいましたが、一度とても強い塩気を感じて、全部食べきれなかった時がありました。

そこで、レシピに反しますが、そうめんをゆでた後、水ですすいで塩気をとったそうめんで作ってみたことがありますが、大失敗でした。

とにかく味がないんです。

簡単なようで実は奥が深いこのレシピ、是非一度おためしください。

土井善晴先生のおすすめの本

先生の本は「レシピ本」として分類するのがはばかられる「心のありよう」についてやさしく書かれているものが多いです。

そんな先生の本の中でも最近出版されたおすすめの本を4冊ご紹介します。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.png?w=880CAMPION

気になる本がありましたら、ぜひ一度お手にとってご覧ください。

1. おかずのクッキング224号(豆のある生活始めませんか?)

2ヶ月に一度のお楽しみ。10/11月号は、豆レシピが満載です。

2. 土井善晴の素材のレシピ

おかずのクッキング10年間の人気連載が1冊の本になりました。

素材の味を生かしたシンプルな料理を食べたい時に役立ちます。

食材でレシピを探すことができるので、冷蔵庫の余り物で献立を考える時に便利です。

3. 一汁一菜でよいという提案

一汁三菜の食事をしっかり手作りしなきゃといった重圧から解放してくれる一冊。

ハレの日とケの日を分け、メリハリのある暮らしをすることで忙しいながらも豊かな食を楽しめるようになる素敵な本です。

4. おいしいもののまわり

丁寧で清潔感のある台所について色々なヒントを与えてくれる一冊。

自分の直感で「おいしそう」「きれい」と思う感覚を大事にすることで自分の体が喜ぶ豊かな色が手に入るようになります。

土井善晴先生のレシピ一覧

他にも土井先生のレシピを使っていろいろな料理を作っています。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.png?w=880CAMPION

気になるレシピがありましたらぜひお試しください!

お気に入りに登録していただいたり、SHARE(シェア)ボタンを使って繰り返しレシピをご活用ください。

土井先生のレシピをもっとみる

土井善晴先生の家庭料理のレシピ土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧