ザファーム キャンプでコールマンのコクーンIIを初めて張りました

camp fire

キャンセル待ちの繰り上げ当選で7月にザファーム キャンプ(農園のなかのキャンプ場)へ行ってきました。

今回の目標は、実際にキャンプ場でコクーンII(コールマン)を使ってみることでした。

事前に考えたコクーンIIを張る手順

購入してから約2ヶ月がたち、今回のキャンプが待ちに待ったお披露目の舞台です。

コールマンのスタッフの方と予行演習をしたので、予習はバッチリのはずです

念のため、キャンプ前日に妻ともう一度手順を確認し、役割分担を決め、キャンプ場に向かいました。

テントの設営時間は想定では1時間30分です。

私たちだけでコクーンIIを設営するのは初めてなので、このくらいの時間がかかるのではないかと予想しました。

小さな子どもたちと一緒に行くキャンプでは、設営時間に子どもたちをどうするのかが悩みのタネです。

ただ、うれしいことにザファーム(農園のなかのキャンプ場)のサイトは広いので、設営している間は目の届くサイト内で遊んでもらうことにしました。

気温との果てしない戦い

さて当日。暑い、とにかく暑い。

じっとしているだけで汗が止まりません。

広々しすぎていて一時避難できるような日陰もありません。

さすがに子どもたちを炎天下で遊ばせ続けるわけにもいかず、車に避難させるものの、そうすると子どもを見ている大人が必要になります。

となると、夫婦2人のうちどちらか1人がテント設営をあきらめて子どもたちを見ていないといけません。

なかなか進まない設営、減り続ける体力、悪化し続ける子どもの機嫌、焦れば焦るほど設営はうまくいきませんでした。

結局、完成までにかかった時間は2時間

しかも、ロープは張れていません。ただ立てただけ。

風がなかったのと体力がなくなっていたため、ロープは省略することにしました。

注意
急に天候が変わることもあるので、安易にロープを張るのをやめるのは危険です。

2時間かかっても設営できなかった原因分析

どうしてこんなに時間がかかったのでしょうか。

次に向けて振り返ってみます。

  • その日だけかもしれませんが、
    想像以上に夏の千葉は暑かったです。
    子どもを外で遊ばせておくことができず
    大人の人手が足りなくなってしまいました。
  • 日差し対策が不十分でした。
    私は、サンバイザーしか持っていなかったため、
    頭頂部が日差しにさらされ、体力の消耗が激しかったです。
    早速アマゾンのセールで帽子を買い足しました。
  • 夫婦二人でやらなければできない工程と
    一人でできる工程がはっきり切り分けられていませんでした。
    実際に設営してみて、ほとんどの工程が一人でできることがわかりました。
    なので、次回は二人の人出が必要ない時に
    手分けして子どものケアをしていきたいです。
  • リングを通す位置など基本的なことが頭に入っていなかったので、
    いちいち説明書を見直すことになり、かなりのロスが発生してしまいました。

コクーンIIを買ったのは失敗だったの!?

コクーンIIを買ったのが失敗かというと全くそんなことはありません。

一度失敗して作りや手順がしっかりしていることがよくわかりました。

完成形に不必要な遊びがないので、何回か張れば店員さんが言っていた20分くらいの設営も十分可能だと思います。

それでもよく誰も熱中症にならなかったなぁと今ではとても反省しています。

【保存版】ウェザーマスター(R) ワイド2ルームコクーンⅡ設営のコツ 【保存版】ウェザーマスター(R) ワイド2ルームコクーンⅡ設営・撤収のコツ