読み聞かせボランティア養成講習会(第2回)の参加記録

45歳の日本人の男性が、居心地の良いリビングルームで子供たちに本を読み聞かせている様子。男性はヒゲを生やしておらず、子供たちは彼の周りに集まり、熱心に聞き入っている。部屋は暖かく招待的な雰囲気で、柔らかい照明、本棚、快適な家具が置かれている。家族の心温まる瞬間を切り取った、明るくて育むようなシーン。

この記事には広告をふくむ場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

6月24日に深川図書館で行われた「読み聞かせボランティア養成講習会」の第2回に参加してきました。

今回の講義は「発声法と絵本の読み方」について学びました。講師の先生からたくさんの新しい気づきをいただき、心に残る内容が盛りだくさんでしたので、その一部を皆さんにシェアしたいと思います。

まず、技術に関するポイントから。

絵本の見せ方と表現法

1つ目は、絵本の見せ方です。

前回の講義では、絵本の持ち方に注意し、子供たちがしっかり絵を見られるようにすることが大事だと教わりましたが、今回はさらに深い学びがありました。特に、表紙、中表紙、裏表紙といった本編以外の部分にも作者のメッセージが込められていることに注目することが重要だと感じました。

本を開いてすぐに本文に入りたくなりますが、その前に表紙や最後のページにも素敵なイラストやメッセージが含まれていることを忘れてはいけません。次回からは、この部分もしっかりと読み聞かせの一部として大切にしたいと思います。

読み聞かせの目的

次に、読み聞かせの目的について。

ついつい子供に教育的な内容を教え込もうとしてしまいがちですが、読み聞かせの基本は子供たちに楽しんでもらうことです。

講師の先生からも「お説教くさくならないように」というアドバイスがあり、読み聞かせは楽しい時間であることを忘れないようにと再確認しました。

私自身も楽しんで読むことで、その楽しさが子供たちにも伝わると実感しました。

発音と声の出し方

発音についても新たな気づきがありました。

話が聞き取りやすい人は母音の発声が明瞭であることに気づきました。母音まできちんと発音することで、声が聞き取りやすくなるのです。

これからはこの点に注意して、より聞き取りやすい読み聞かせを目指していきたいと思います。

本の持ち方の工夫

本の持ち方についてもアドバイスをいただきました。

縦書きの本は右手で、横書きの本は左手で持つと、絵が手にかぶらず、聞いている人たちが集中して楽しめるという提案です。これまでなんとなくやっていたことにもしっかりとした理由があり、改めて実践していきたいと思いました。

男性ボランティアの希少性

私は参加者の中で、この日は唯一の男性でした。この希少価値をもっと活かした方が良いと感じました。

私が読むことで臨場感が増す物語もあると思います。これを私の強みとして、今後の本選びに活かしていきたいと思います。

他の参加者からの学び

この日の講義では、参加者全員が1分間の読み聞かせを披露する時間もありました。

30人近くの参加者の動機を聞き、皆さんが様々な理由で参加されていることに感動しました。

絵本を通じて子供たちと触れ合いたいという思いが多く、私自身もその一人として、この活動を大切にしていきたいと感じました。

ちなみに、私がこの日に持って行った作品はこちらです。釣りをやったことがある人ならその時の臨場感をアリアリと思い出すことができる躍動感のある作品です。

グループワークの課題

最後に、これから始まるグループワークについて。

4人1組で大型本を使った読み聞かせの準備をする課題が出されました。どの本を選び、どう分担するかを考えるのは少し不安ですが、限られた時間の中でベストを尽くして取り組んでいきたいと思います。

今回の講習会で学んだことを活かして、より良い読み聞かせができるように頑張ります。

また、新たな気づきや学びを皆さんと共有できることを楽しみにしています!

読み聞かせボランティアの魅力と挑戦:養成講習会の体験