岡村シルフィー C685XR-FMP1 キャスター交換で在宅勤務が快適に!

この記事には広告をふくむ場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

在宅勤務が日常となった皆さん、こんにちは。

今回は、私が自宅で使用している岡村のオフィスチェア「シルフィー」のキャスターを交換した体験についてシェアします。型番号はC685XR-FMP1です。日々の業務を快適にするための参考になれば幸いです。

キャスター交換を決断した理由

2024年6月10日、チェアマットにたわみが出てきました。

しばらく気にはなっていたものの、ここ最近のたわみ具合はひどく、椅子を移動するたびにストレスを感じるようになりました。私はiPadとパソコンを併用しているため、できる限り机を広く使いたいと思っています。椅子を動かしながらの作業も多いので、このたわみは非常に困りました。

チェアマットのシワを伸ばしてもすぐにたわんでしまい、非常に作業がやりづらかったです。

原因は明確ではありませんが、経年劣化や机との相性も影響しているのかもしれません。何年もこのチェアマットを使ってきたので、寿命が来たのだと感じました。

キャスター交換を検討

6月14日、まずはチェアマットの交換を考えました。

しかし、調べてみると高品質なものは1万円前後することがわかりました。価格だけでなく、チェアマットは動ける範囲が制限される点も気になりました。

そこで、キャスターの素材を変えることに目を向けました。ゴム製にするか迷いましたが、フローリングにはウレタンが適しているとのことで、ウレタン製のキャスターを選びました。

純正品 vs. 互換品

6月18日、キャスターには純正品と互換品があることを知りました。

純正品は送料込みで約12,000円、互換品は約2,500円です。価格差が大きいため、互換品を選ぶことにしました。レビューや他のブログを参考にしながら選定し、アマゾンで互換品を購入しました。

購入したのはこちらの商品です。

翌日には商品が届き、交換は驚くほど簡単でした。わずか5分で完了し、スムーズに取り付けられました。

まだ1日しか使っていませんが、チェアマットなしの生活は非常に快適です。

互換品のキャスターの感想

互換品のキャスターは価格が手頃なので、1年に1度キャスターの状態を見直し、劣化が進んでいるようなら交換する予定です。互換品であるため、交換によるトラブルは自己責任ですが、しばらくこのキャスターで様子を見ていこうと思います。

在宅勤務のストレスを少しでも減らすために、椅子の快適さを追求するのは非常に重要です。皆さんもぜひ、オフィスチェアのメンテナンスを見直してみてください。