朝のコーヒー

コーヒー

朝、散歩から帰るとコーヒーを淹れる。妻の分も一緒に淹れるのが日課だ。

コーヒーを淹れながら、子どもたちの朝食を作る。主食のパンはもちろん、付け合わせの野菜やフルーツなんかを準備するとそれなりにいそがしい。ほかのおうちもそうだと思うが、うちもそれなりにバタバタしている。

なので、朝のコーヒーはフレンチプレスで淹れることにしている。知ってる人も多いと思うが、フレンチプレスの使い方を紹介すると、人数分のコーヒー豆をセットし、お湯を注いでふたをし、4分待つとできあがる。フレンチプレスの場合、コーヒーのセットをしたら、あとはフレンチプレスにコーヒー作りをまかせることができる。

朝の4分は貴重だ。4分もあればいろいろなことができる。パンを焼き、フルーツを洗い、蒸し野菜をプレートに盛りつける。このあたりのことは4分もあればできてしまう。バタバタして心が落ち着かない面もあるが、時間が決まっているのでミッションクリアのため、かなり集中した時間をすごすことができる。ぐっすり眠れた日の朝はじぶんのキビキビ加減に感動することもある。好不調を判断するバロメータになっているかもしれない。

朝は、小川珈琲店のコーヒーを愛飲している。ここに示したコーヒーをはじめ、同社のシリーズをAmazonの定期便で購入している。

朝のコーヒーは、嗜好品というよりも消費の性格が強い。だから、価格もそこまで高くなく、かつ、そこそこのおいしさのコーヒーを切らさずにストックしてる。ただ、大量のストックは場所を取る上に、味が劣化していくので、毎月定期便で補充しているわけだ。

この消費に近い性格の買い物をすこしでも気分の上がるものに変えられないかとしばらく前から考えていた。そんな時に見つけたのがSyuRoの丸缶(ブリキ)だ。写真は、いくつかサイズがあるうちの大サイズだ。

SyuRo 丸缶 大 コーヒー
コーヒー (豆) 約200g

ただの缶といわれればそれまでなのだが、このブリキ缶を見ているとなんだか気分が上がるのだ。手の油が缶にはいいようで、シミになりにくく、艶も出るというので、手の平でやさしくなでるようにしている。冷静に見るとちょっと気持ち悪いかもしれないが、いまのところ家族からクレームは来ていない。

2022年の11月に買ったばかりのわが家の新入りだ。使い込むことで味が出てくるらしいので、数年後が楽しみだ。

自分の年齢が50歳に近づいてきて、「アンチエイジング」にとても疑問を感じるようになった。人間、生きていれば歳をとっていく。その流れに逆らうことにまったく魅力を感じない。みっともないとすら思う。むしろその老いを受け入れ、年相応にイキイキと暮らしていく方が自然ではないかと。そんな「アンチ」アンチエイジングを象徴するものとして、このブリキ缶との時間を大切にしていきたい。

コーヒー昼のコーヒー