Apple WatchにSuica定期券を入れて約3ヶ月。オートチャージがなくても不便じゃないことが判明。

apple watch suica

こんにちは。Apple製品に囲まれているだけでニコニコしてしまうCAMPION()です。

Apple WatchにSuica定期券を入れてから3ヶ月が経とうとしています。

Suica定期券を登録するにあたって、これまで使っていたViewカードのオートチャージ機能が使えなくなるのがとても心配でした。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1528-1-e1564820695416.jpgCAMPION

その都度チャージするのってめんどくさそう。

しかし、約3ヶ月使ってみて、全く不便ではないことがわかりました。

たしかにチャージはオートではなくなりました。必要な時に自分でチャージする必要があります。

しかし、チャージ自体はめちゃくちゃ簡単でした。

手順1
Suicaアプリを起動
緑のアイコンが目印
手順2
ログイン
Touch IDで簡単ログイン
手順3
チャージ
入金ボタンを押して、金額、支払方法を選択
手順4
待つ
焦らず次のキャンプのことを妄想しながら穏やかに待つ

一度支払方法などを設定しまえば、1分もかかりません

ちょっとした空き時間にチャージすることができます。

ただ、時々エラーが出てチャージができなかったり、通信環境が悪くてチャージ完了の表示が出るまで時間がかかったりします。

それでも決して慌ててはいけません。

画面が変わらないことにイライラして、チャージのやり直しすると余分にお金をチャージしてしまうことがあるのでご注意ください。

私は残高が1,000円を割り込んだらチャージすることに決めていますが、通信環境が悪く画面が完了の合図を知らせる前に何度かチャージボタンを押してしまったんです。

気づいたら私からすると結構な金額がチャージされてビックリしました。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2668-e1564406683984.pngCAMPION

いずれ使うんでいいんですけど。

注意
通信環境が悪いからといってむやみにチャージボタンを連打してはいけません。
Apple WatchApple WatchにSuica定期券を新しく登録しました。