【徹底比較】REALFORCE for Mac(東プレ) VS Majestouch Convertible2(FILCO)

【徹底比較】REALFORCE for Mac(東プレ) VS Majestouch Convertible2(FILCO)

湧き上がる物欲、好奇心に逆らえず、REALFORCE for Mac(東プレ)を買ってしまいました。

自宅のMac miniのキーボードとしてMajestouch Convertible2に代わって、REALFORCE for Macを使うことにしたんです。

ちなみに、会社のWindows PCはクラムシェルモードでMajestouch Convertible2を愛用中です。

どちらのキーボードも捨てがたい魅力があり、自宅と会社でそれぞれを併用しています。

campion

優柔不断。。。

この記事では2つのキーボードのいいところ・わるいところをご紹介します。

REALFORCE for Mac(東プレ)

REALFORCE for Mac

まずは、Mac用としてはじめて開発され(発売日:2019年4月11日)、速攻でネット注文したREALFORCE for Mac / R2-JPVM-BKについて。

いいところ

スコスコというキータッチ音とともに紹介されることが多いですが、流れるようなタイピング感覚はREALFORCE for Macならではのいいところです。

この打鍵感こそREALFORCEシリーズの代名詞と言えます。

実際、この打鍵感を味わってしまうと、ほかのキーボードに対するハードルが一気に上がってしまいます。

キーボードを叩いて入力する感覚は、「押す」、「入力する」というより「触れる」、「なでる」に近いです。

この軽やかなキータッチ感覚があるからこそ、長時間キーボードを操作しても疲れにくいんです。

さらに変荷重機能がついたモデルであれば、キーボード操作の負担をさらに軽減してくれます。

ブラインドタッチで薬指や小指で押すキーが人差し指などの力を入れやすい指で押すキーに比べて小さな力で入力できるようにしている機能です。この発想がすごいよね。

ハイエンドのキーボードとしてMac用に開発されているものはとても少ないので、Macユーザーには待望の一台と言えます。

REALFORCE for Mac(変荷重派)

REALFORCE for Mac(静音タイプ派)

欠かせない相棒

わるいところ

REALFORCE for Macのスコスコという打鍵感が苦手という人も一定数います。

食べ物でいう歯ごたえ、噛みごたえがない感じといったらいいでしょうか。

そういう人にはREALFORCEは向いていません。

 

また、価格も相当高いです。2019年4月現在、約3万円ほどします。

Majestouch Convertible2もそれなりの値段がしますが、REALFORCE for Macほどではありません。

campion

その辺のキーボードなら簡単に20台くらい買えてしまいます。

ただ、この価格については、長く快適なPC環境を手に入れたという意味で第一印象の金額ほどは高くないと言えるでしょう。

仮に5年(365日×5年=1825日)使うとすると、30,000円÷1825日=16.4円で1日20円もかかりません。

使いにくいキーボードを我慢して使い、やたらと疲労するよりいいと思いませんか?

 

REALFORCE for Macに関していうと、発売されたばかりでバリエーションが少ないです。

購入を躊躇ちゅうちょする人の声でよく聞くのが、テンキーレスモデルがないことが挙げられます。

ふだん、テンキーを使う回数が少ない人にとっては大きなマイナスポイントです。

テンキーをあまり使わない人にとっては、場所を取るだけですよね。

Majestouch Convertible2(FILCO)

次は、会社で使っているMajestouch Convertible2についてです。

いいところ

メカニカルキーボードならではの心地よい打鍵感がやみつきになります。

REALFORCE for Macとはちがって、キーボードをしっかりと「押している」、「入力している」感覚があります。

私が使っているのは、Majestouch Convertible2の茶軸タイプですが、そのキーボードを入力した時の音もなんとも心地がいいんです。

campion

iPodのクリック音に感じた中毒性があるよね

その辺のキーボードに比べると高いですが、REALFORCE for Macに比べると手に入れやすい金額設定です。

2019年4月現在、約11,000円くらいで手に入れることができます。

また、テンキーレスモデル、ワイヤレスモデルなどいろいろなバリエーションがあるので、自分のパソコンの使用環境に合わせて最適なキーボードを選べるというのもMajestouchシリーズのいいところです。

私が使っているモデルでは、テンキーがないので省スペースで操作でき、ワイヤレスなので有線の煩わしさから解放されて机の上がとてもすっきりしています。

Majestouch Convertible2

欠かせない相棒

わるいところ

Macユーザーにとっては、Mac専用のMajestouchがないというのは最大のネックです。

もちろん、ソフトを使うことでMacのキーボードと似たような感じで使うことはできますが、それでも専用に用意されたREALFORCE for Macにはかないません。

Windowsユーザーにしてみると問題になるところではないですね。

 

すべてのMajestouchの当てはまるわけではありませんが、私が使っているモデルはそれなりにキーボード入力の音がします。

静かな職場であれば、強いハートがないと使うことはできないでしょう。

そういう意味では場所を選ぶキーボードと言えます。

ただ、その場合は、静音モデルもあるのでそういったモデルを検討するのがいいでしょう。

あと、ワイヤレスモデルではチャタリングが発生したり、起動時にパソコンとの接続に時間がかかったりと、有線の煩わしさから解放されるメリットと引き換えに少しストレスを感じる場面も出てきます。

campion

いいとこ取りはできないね。

それほど頻度は高くはありませんが、全く発生しないわけではないので気になる方は有線タイプがいいと思います。

で、どっちがいいの?

どちらにも尖った魅力があって優劣をつけられません。

今は、自宅と会社でキーボードを使い分けています。

仕事場で攻め込んでいる感覚でいうと、Majestouch Convertible2のキータッチの感覚がしっくりきます。

アドレナリンが出まくる感じといえばいいでしょうか。

一方、自宅でのんびり記事を書いたりするには、スコスコといやしのキーボードタッチの感覚がよく似合います。

どちらも評判の高いキーボードだけにほとんど不満はないんです。

むしろより影響が大きいのはパームレストがあるかないかだということがわかりました。

パームレストを使い始めてかなり時間が経っているので、パームレストがない状態でのキーボード入力の感覚を忘れていましたが、REALFORCE for Macに買い換えた時に1日だけパームレストがない期間があり、パームレストの偉大さを思い知りました。

パームレストがない時には、キーボードを入力するために無意識に指先を持ち上げています。

パームレストを覚えてしまった私の両手にとって、この動作は結構消耗する体験でした。

まだ、パームレストを試したことがないという方には、新しいキーボードを買う、買い換えることを考える前にぜひ一度パームレストを試していただきたいです。

パームレストであれば、3,000円くらいで手に入ります。キーボードを新調するよりも投資としてはリーズナブルです。

Lサイズ

Mサイズ

この記事で紹介したキーボードたち

REALFORCE for Mac

REALFORCE for Mac(変荷重派)

REALFORCE for Mac(静音タイプ派)

欠かせない相棒

Majestouch Convertible2

Majestouch Convertible2

欠かせない相棒

あわせて読みたいMacやREALFORCEの記事

自宅で使っているMac miniとその周辺機器をまとめています。

macMac mini(2018)に買い替えをした時に買いそろえたもの(まとめ)

REALFORCE for Mac / R2-JPVM-BKのレビュー記事も書いています。

REALFORCE for Mac東プレ REALFORCE for Macのレビュー