簡単にアイスコーヒーが作れるおすすめアイテム HARIO (ハリオ) フィルターインコーヒーボトル

コーヒーカップ

暑い日といえばアイスコーヒー。

ハンドドリップで濃いめのコーヒーを抽出し、たくさんの氷で一気に冷やすとスッキリしたアイスコーヒーのできあがり。

ただ、残念ながらこの方法では、飲みたい時に冷蔵庫から取り出してすぐに飲むということができません。

https://campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.pngCAMPION

このページでは、そんな悩みを解消し、もっと手軽においしいアイスコーヒーを楽しむ方法を紹介します。ぜひご覧ください。

アイスコーヒーのおすすめアイテム ハリオのフィルターインコーヒーボトル

アイスコーヒー作りに使うのが、このHARIO (ハリオ) フィルターイン コーヒーボトル 650mlです。

このボトルを使って水出しコーヒーを作ります。

作り方は簡単。挽いた豆をセットし、水を注いで冷蔵庫で8時間抽出すればできあがり。

金曜の夜、寝る前にセットしておけば、週末分のアイスコーヒーができてしまいます。

分量は、深煎り 中細挽きのコーヒー豆55gに水 700mlを入れて、できあがりは650mlになります。

だいたいコップ4杯分くらいでしょうか。

手間がかかることといえば、深煎り 中細挽きのコーヒー豆55gを準備することくらい。

条件にあった豆を粉の状態で用意することもできるでしょう。

水出しアイスコーヒーを作る秘訣

コーヒー豆は挽いた直後から酸化が始まるので、粉の状態で豆を購入することはおすすめできません

豆を妥協するのであれば、コンビニのアイスコーヒーの方がおいしいかもしれません。

ぜひ、コーヒー豆は豆の状態で購入して、アイスコーヒーを作る直前に挽いてほしいです。

容器の底までなかなか手が届かないので、食洗機で洗えるというのも地味にうれしいポイント。

手動のミルで55gのコーヒー豆を挽くのはなかなか大変です。

これで一汗かくのでアイスコーヒーのうまさが倍増すると自分を納得させようとしても、できあがるのは8時間後です。

せめて電動のミルを使って豆の準備をしたいところです。

ここで断然お勧めなのが、Kalita ナイスカットミル です。

3,000円クラスの電動ミルでもコーヒー豆を挽くことはできますが、かかる時間、手間、あと肝心の中細挽きという挽き方を簡単に指定することができる点でナイスカットミルはとても便利です。

少し値は張りますが、毎日のことなので手間を考えると思い切って買ってしまうのも決して悪くないと思います。

実際にKalita ナイスカットミルを使ってコーヒー豆55gを挽くのにかかった時間は約30秒でした(動画参照)。

ハリオのフィルターインコーヒーボトルを使った水出しコーヒーの作り方

実際、こんな感じで作っています。

STEP.1
コーヒー粉を用意する
ハリオのフィルターインコーヒーボトルコーヒー粉(55g)を用意する。深煎りの豆を中細挽きにするのがおすすめ。
MEMO
ナイスカットミルであれば55gのコーヒー豆を挽くのに10秒くらいです。カップ1杯に収まるので1回で挽くことができます。
STEP.2
コーヒー粉を入れる
ハリオのフィルターインコーヒーボトルストレーナーにコーヒー粉を入れる。
MEMO
粉がこぼれやすいのでスプーンを使うか、ストレーナーの下にお皿を敷いてこぼれたコーヒー粉をキャッチできるようにすると良いです。
STEP.3
水を入れる
ハリオのフィルターインコーヒーボトルストレーナーをガラスボトルにセットし、水(700ml)を入れる。
STEP.4
水をなじませる
ハリオのフィルターインコーヒーボトルふたをしっかり閉め、ゆっくり左右に振りコーヒー粉に水をなじませる。
STEP.5
完成
冷蔵庫で8時間寝かせれば完成です。
注意
苦味が出てしまうので、完成後冷蔵庫で保管する時にはストレーナーを外しましょう。

いかがでしたでしょうか。コーヒー粉さえ用意できればとっても簡単です。

とても手軽にアイスコーヒを楽しむことができるので、ぜひおためしください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。