悩んだ末にMacBook AirではなくMac mini 2018を購入しました

こんにちは。Apple製品に囲まれているだけでニコニコしてしまうCAMPION()です。

半年ほど前から自宅で使っているパソコンの買い替えを検討していました。

MacBook Pro Late 13インチ 2011の動作が重く、パソコンで作業をしていても強くストレスを感じていたためです。

会社で使っているWindowsパソコンは定期的にアップグレードされるので、自宅のMacBook Proとの間に処理速度のギャップを痛感し、少しずつストレスが溜まってきました。

パソコンを買いかえることに決めた

パソコンは決して安い買い物ではありません。

ちょっと合わないからといって気軽に別の機種に買いかえることはできません。

なので、まずMacBook Pro Late 13インチ 2011のパフォーマンスを改善することでストレスを軽減することができないかと考えました。

同じような悩みを抱えている人がけっこういるようで、ネットを探すとパフォーマンスを改善する方法がいくつか紹介されています。

「MacBook Pro」、「重い」で検索して出てきたページトップ3に書かれている方法を全て試してみました。

しかし、残念ながら改善が認められなかったため、ついにパソコンを買いかえることにしました。

chromebook?

買いかえるとなるとどんなパソコンにするのかを決めなければいけません。

最初はノートパソコン一本で考えていました。

たいした理由はなく、それまでノートパソコンを使っていた期間が長いので、その流れでそもそもノートパソコン以外の選択肢を思いつきませんでした。

パソコンを使う場面も限定されているので、軽快な動作、手頃な値段が魅力的でchromebookが第一候補にあがりました。

値段については文句のつけようがありませんでした。

実際に店頭で触ってみた感触も決して悪いものではありませんでした。

自分の使い方からすると十分な使用感でした。

唯一の難点は、家電量販店で紹介されている機種が少ないことくらいでした。

ところが、よくよく調べてみると、日本ではchromebookはそれほど市民権を得ておらず、純粋に機能と価格を比較してみるとそれほどお得な値段設定ではないことを知りました。

つまり、あの限られた機能しかないのにあの値段というのは割高だということです。

Windowsパソコン?

で、次に考えたのがWindowsパソコンです。

Macに比べると相対的に価格が安いという話しはよく聞きます。

Windowsの売り場の人に聞けば、Windowsの方が安いといいますし、Macの売り場の人に聞けばその逆を言います。

ただ、完全に同じスペックのマシンがないので同じスペックでどちらが安いのかについて正確には比較できません。

職場と自宅では、職場のパソコンを触っている時間の方が長いので、Windowsの方が慣れていることは事実です。

しかし、自宅でパソコンを使う時にオフィスが必要になることはありません。ワードやエクセルなどのアレです。

Googleをはじめとしたクラウドサービスのおかげで、オフィスの出番はまったくありません。

加えて、iPhone、Apple Watch、AirPods、iPadとアップル製品に囲まれて暮らしている私にとってみると、それらのアップル製品との連携はどうしても捨てられないものです。

完全にアップルの戦略にはまっています。。。

ということで、Windowsパソコンという選択肢もなくなりました。

MacBook Air?

となると、価格重視の私は、MacBook Airを買うことになるだろうなと漠然と思っていました。

店頭で実機を触ってもまったく不満はありません。

今使っている7年戦士のMacBook Pro Late 13インチ 2011と比較すれば、どのパソコンも負ける要素はありませんが。。。

あとは、いつ新商品が発売されるか、いつセールの恩恵を受けられるかといったことを調べるようになりました。

Mac mini??

そんな時、Mac miniの存在を知りました。

iMacでもMacBook ProでもないMac miniです。

そんなことも知らないの?と言われてしまいそうですが、すえ置き型のパソコンの脳みそ部分だけが、Macでも売られているなんて全く知りませんでした。

Mac miniの存在を知ったタイミングで、会社のパソコンを外部モニターにつなげて、クラムシェルモードで作業するようになり、そのストレスのなさに感動したこともあり、一気にMac miniに気持ちが傾いていきました。iMacよりも手頃そうですし。

たしかにiMacは統一感があり、とても美しいのですが私には敷居が高かったです。

ここまでくるとあとは、Mac miniのスペックをどうするかです。

色々な人のブログ、解説を読み、メモリやらストレージの容量やら検討しました。

正直、よくわかりませんでした。

処理速度を調べた結果として、「ベンチマークテスト」の結果も非公式ながら公開されていましたが、実感値としては分からずじまいです。

自販機で買う缶コーヒーが300円と言われたら高いと感じられるのは、缶コーヒーは100円くらいという肌感覚を身につけているからですが、処理速度のスコアについて私にはそういったものさしがありません。

ですので、ベンチマークテストの結果を見たところで素人の私にはピンと来ないのです。

ただ、少なくとも現在使っているMacBook Pro Late 13インチ 2011より悪くなることはなさそうだということはわかりました。

また、次のMac miniが出るまでは使い続けたいという思いもあり、「3.0GHz 6コアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz) 256GBストレージ」のMac miniを購入しました。

Mac mini買いかえと一緒に買いそろえた周辺機器

Mac miniにはパソコンの脳みその部分しかありません。

Mac mini(2018)に自宅パソコンを買い替えた時に、一緒に買いそろえた周辺機器を別の記事でまとめています。

総額約20万円の大がかりな工事です。

こちらの記事に詳しくまとめておりますので、ぜひお読みください。

macMac mini(2018)に買い替えをした時に買いそろえたもの(まとめ)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。CAMPION()でした。