午後4時に訪れるメロンパンの誘惑

bread

平日の午後4時ごろ、無性にメロンパンを食べたくなる日がある。

最近だとその頻度は、2週間に1回くらいだろうか。長い時間パソコンで作業をしていると急激にメロンパン熱が高まる時がある。コンビニに行けば簡単に手に入ることも問題だ。

メロンパンの誘惑に負け、小腹を満たせば残りの仕事も乗り切れるのもまた事実。


しばらく、2週間に1回くらいの割合で39度を超える高熱が出る。原因はよくわからない。

仕事のストレスもあるだろう、夜泣きをする子どもをみるため寝不足もあるだろう、五十肩の影響で体を動かすことがおっくうになったことによる運動不足もあるだろう。

ただ、振り返ってみるとメロンパンを食べた翌日あたりに熱が出ることが多い気がする。


こうなるとメロンパンの誘惑だとかいった悠長なことをいっていられる場合ではない。体からのSOSと考えるべきだろう。

メロンパンが夕食の邪魔をしていることはたしか。栄養のあるものを多少なりとも口にできなくなることで、疲労を強めているはずだ。

今週の金曜日、奇しくもメロンパンの誘惑がやってきた。新しい仕事が増えたり、昔からの仕事がピークを迎えたりと忙しい1週間だった。

これまでの傾向からすると土日のどちらかで発熱してもおかしくない。

美味しいものをいっぱい食べて、体を動かし、子どもたちと思いっきり遊んで心身ともにリフレッシュしたい。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です