パラダキャンプ場(長野県)へファミリーキャンプに行ってきました。

パラダキャンプ場

こんにちは。日本オートキャンプ協会でインストラクターをしているキャンプ大好きCAMPION()です。

2019年9月14日から2泊3日で長野県佐久市にあるパラダキャンプ場へ今年7回目のキャンプに行ってきました。

パラダキャンプ場は2019年7月6日にオープンしたばかり。キャンプ場の営業は、スキー場に変わるまでの9月末まで。

上信越自動車道佐久平スマートインターから車で5分とアクセスは抜群。サイトはすべてフリーサイト。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.png?w=880CAMPION

パラダキャンプ場に来るのははじめて。

秋の気配が漂い始めたパラダキャンプ場の様子をご紹介します。

パラダキャンプ場の基本情報

パラダキャンプ場
住所長野県佐久市上平尾2066−1
アクセス・上信越自動車道 (ETC専用)佐久平スマートIC → キャンプ場(北パラダ) 約5分
・上信越自動車道  佐久IC →キャンプ場(北パラダ) 約10分
電話0269-68-5116
気温(9月)最低気温 14℃ 最高気温 29℃
ヤフーピンポイント天気
サイトの種類フリーサイト
料金・3,500円(サイト料金)
・500円/1人1泊(3歳以下無料)(施設利用料)
電源なし
チェックイン13:00−17:00(アーリーチェックイン:500円/1サイト/1h)
チェックアウト10:00(レイトチェックアウト:500円/1サイト/1h)
風呂なし
平尾温泉みはらしの湯(車で5分)
※割引クーポン配付中
シャワーなし
ドライヤーなし
トイレ洋式トイレ
炊事場あり
ランドリーなし
売店あり(9:00−17:00)
レストランなし(平尾温泉みはらしの湯内にあり)
自販機あり
近隣施設西友(車で5分)、セブンイレブン佐久インター店(車で8分)、TSURUYAみかげ店(車で12分)
カード払い不可(QRコード決済「日本美食」は可)

パラダキャンプ場の施設・設備(写真付き)

地図

キャンプ場は北パラダ にあります。南パラダにはありませんので気をつけてください。

サイトマップ

パラダキャンプ場 場内案内
クリックすると拡大

パラダキャンプ場全体のマップです。

パラダキャンプ場 場内案内
クリックすると拡大

赤枠の部分がフリーサイト。一度に70サイト超が利用することができます。

黄色の順路(一方通行)をたどって車を移動し、緑のスペースに駐車します。

下の駐車スペースはサイトから遠いので超満員の時だけ使用します。

受付までの道順

受付までの経路がわかりにくいので補足します。

パラダキャンプ場 道順

カーナビを頼りにこの看板が見えるまで進みます。

パラダキャンプ場 道順

正面に見える建物を目指して直進し、途中を右折します。

パラダキャンプ場 道順

次の目標はあの遠くに小さく見える看板です。収益の柱はスキー客なのでわかりにくいのは我慢しましょう。近づいてみると。

パラダキャンプ場 道順

こんな看板が立っています。ここまでくればキャンプ場の姿をみることができるので、にぎわっている方に進めば到着です。

フリーサイト

パラダキャンプ場

受付側から撮影したフリーサイトの様子です。この日は3連休ということもあり、大変な混雑でした。

動画(22秒)もあります。

受付

パラダキャンプ場 受付

受付です。9:00-17:00まであいています。ここでチェックイン・チェックアウトなどの手続きをします。レンタル品の貸し出しもこちら。

やさしいスタッフの方ばかりです。

パラダキャンプ場 台車

フリーサイト内には、車で乗り付けることができないので台車の無料貸し出しサービスも行なっています。

トイレ

パラダキャンプ場 トイレ
パラダキャンプ場 トイレ
パラダキャンプ場 トイレ

受付の横を入っていくと建物内にトイレがあります。

スキー客の利用を想定しているためか、たくさんのトイレがあり、順番待ちで冷や汗を流すこともありません。

パラダキャンプ場 トイレ

子ども用の踏み台が用意されているのもうれしいですね。

炊事場

パラダキャンプ場 炊事場

受付棟横にある炊事場です。お湯は出ませんが、夏季のみ営業ですので問題ありません。

作業台がついているのがありがたいです。

ただ、水道の蛇口が左側についているのがどうも使いづらいと思ったのは私だけではないようです。

ゴミ捨て場

パラダキャンプ場 ゴミ捨て場

受付の入り口左手にゴミステーションが用意されています。

「燃えるゴミ」、「燃えないゴミ」、「生ゴミ」などなど比較的細かく分類する必要があるのでルールを守って捨てるようにしましょう。

MEMO
燃えるゴミはビニール袋から出して捨てる必要があるので、サイトに設置するゴミ袋を分けて準備すると良いでしょう。
パラダキャンプ場 炭捨て

ぱっと見わかりにくいですが、灰を捨てるためのドラム缶も用意されています。

薪の販売

パラダキャンプ場 薪

1カゴ800円で薪が販売されています。売店が閉まる17:00以降は翌日清算をすればOKです。

混雑しているときは、売り切れてしまうこともあるので早めの購入がオススメです。

ちなみに炭は3kg 800円で売店で販売しています。近くのスーパーTSURUYAでも売ってます。

自動販売機

パラダキャンプ場 自動販売機

薪売り場の隣に自動販売機が設置されています。残念ながら売店も含めてアルコールは扱っていません

パラダキャンプ場に行ってきた感想

ここからは3日間にわたるキャンプの様子をご紹介します。

我が家のドタバタ秋キャンプをお楽しみください。

https://i1.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpg?w=880ママ

きっとパラダキャンプ場に行きたくなるはずです!

1日目 (9/14)設営とキャンプ場あそび

超アーリーチェックインをするべく受付がオープンする9:00を目指してキャンプ場に向かいました。

到着したのは10:00ごろでしたが、前日から宿泊されている方も含めてすでに多くのキャンパーさんがチェックインを済ませていました。

設営

さっそく設営。混雑しているフリーサイトはサイトを選ぶときに緊張します。

平らで日当たりも良く、トイレや炊事場までのアクセスも重要です。早く来たからには失敗したくありません。

そんなことを考えていると肩に力が入ってしまいます。

選び放題だったマザー牧場オートキャンプ場のフリーサイトとは大違いです。

パラダキャンプ場 場内案内

受付を背にして左側にあるフリーサイトは平らなエリア、右側は少し上りの傾斜がついています。

トイレ、炊事スペースとの距離なども考えると、小さい子供がいる我が家は左側のエリアが良さそうです。

右側のエリアの傾斜ですが、比較的緩やかです。お盆休みに行った斑尾高原キャンピングパークよりはずっと穏やかな傾斜です。

場所さえ決まればあとは簡単。今回はHilander(ハイランダー) エアートンネル ルーミィのテントで泊まることにしたので11:00すぎには設営完了です。

トランポリン&ストライダー

カップラーメンと道の駅で買ってきたお弁当で昼食を済ませたあとはトランポリンとストライダーに挑戦。

それぞれ1人1日500円で利用することができます。

慎重派の5歳の長女はトランポリンが苦手。以前訪れた北軽井沢スウィートグラスでは怖くて全く楽しむことができませんでした。

ところが今回は違いました。まるで別人のように電池が切れるまで延々と飛び続けていました。

怖いもの知らずの3歳の次女がうれしそうに飛んでいる様子に触発されたのかもしれません。

https://i1.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpg?w=880ママ

こどもの成長は早いね。

トランポリンは日没まで利用できるとのことでしたが、どの子たちもそんなことお構いなしで飛び続けていたようです。

注意
時間制限がないがために、なかなか順番が回ってきません。自分の子供が譲る気配がない場合にはやさしく交代を促しましょう。

温泉(平尾温泉みはらしの湯)

平尾温泉みはらしの湯

キャンプ場から車で5分のところに温泉(平尾温泉みはらしの湯)があります。

自分たちで行くこともできますし、キャンプ場から無料送迎バスも出ています。

私たちが利用したときは、14:30までに受付で予約をし、16:00に行きのバス、17:00に帰りのバスが出発するという流れでした。

バスはこの一便だけでした。日によっては増発されることもあるようですが、時間帯はこの夕方の時間帯のようです。

受付で割引クーポンがもらえるので忘れずにもらっていきましょう。

MEMO
  • 大人800円→700円
  • 小人(小学生)400円→350円
  • 幼児(4歳~未就学児)100円→50円

うまく予定が合えば、積極的に利用したいところです。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.png?w=880CAMPION

車の運転をする身としては、お昼から気兼ねなくお酒が飲めるね。

夕食

パラダキャンプ場 メスティン

夕食は簡単にお肉や野菜を焼いて、自動炊飯で炊いたご飯と一緒にお外ご飯。

少しだけ風が気になったので、Etparkの風除けを使用。おかげで美味しく炊けました。

大混雑のフリーサイトだったため焚き火をするのに少し躊躇しましたが、風も弱くいい具合のスペースがあったので焼肉用の火としても大活躍してくれました。

2日目 (9/15)お隣さんとグルキャンもどき

2日目の天気は快晴。2日続きで好天に恵まれました。

混雑して密集していたこともあって隣近所のキャンパーさんと仲良くさせていただくことができました。

同じキャンプを愛する者同士、挨拶を交わせば分かり合えるというのは言い過ぎではないと思います。

色水、昆虫採集

この日は朝からご近所さんと思う存分遊びました。

まずは最近長女がはまっている色水遊びから。色水あそびというのは、ペットボトルに水を入れ、好きな絵の具を入れて色の変化を楽しむという遊びらしいです。

いろんな絵の具を調合して、ああでもないこうでもないと楽しんでいます。

絵の具がなくなってしまうと今度は昆虫採集です。

フリーサイトのいたるところにトンボやバッタが飛んでいます。

少し前までは怖くて近づこうとしたなかった昆虫も、今では血眼になって追いかけ回しているからなんとも不思議です。

マザー牧場オートキャンプ場や斑尾高原キャンピングパークでの経験が生きているのかもしれません。

https://i1.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpg?w=880ママ

できなかったことができるようになる姿を見るのはなんともしあわせ。

やまへいでそばランチ

やまへい

日中はかなり気温が上昇してきました。

長野といえばそば。無類のそば好きのママの希望で昼食は近くのおそばやさん「やまへい」へ。

キャンプ場のスタッフの方にオススメを聞いて行くことにしました。

歴史を感じさせるお店でおいしいおそばをいただくことができました。

パラダキャンプ場 南パラダ

帰り道にTSURUYAで買い出しをし、パラダで少し遊んで温泉に入り、キャンプ場に戻ってきました。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.png?w=880CAMPION

次女はずーっとパラダに連れて行けと言っていたので、ようやく我が家に平和が訪れました。

グルキャンもどき

あれよあれよという間に仲間の輪が広がり、夕食の時には我が家を含めて4家族くらいの輪になり、ちょっとしたグルキャン状態。

我が家の段取りが悪く、薪や炭が売り切れていたため夕食用の火に困っていると、どうぞどうぞと色々な方からお裾分けをいただくことに。

おつまみをシェアし合いながら、むしろ豪華な夕食になりました。

花火もしながらご近所さんと遊び続けた長女。

一方、日中のパラダ で体力を使い尽くし安心してしまったのか次女は18時に早々に就寝。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1528-1-e1564820695416.jpg?w=880CAMPION

いやな予感。翌朝は絶対早く起こされる。。。

3日目 (9/16)早朝花火と雨撤収

最終日の朝は曇り空。予報を見ると午前中に雨が降る時間帯もあるとのこと。

ぎりぎり雨に降られずに切り抜けられるんじゃないかと淡い期待を抱き始めたところだったため、急いで雨撤収の心の準備を整えました。

早朝花火

5時に次女が起床。何しろ6時から寝てるわけですから、もう少し寝るように促しても一向に寝る気配がありません。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2668-e1564406683984.png?w=880CAMPION

予感的中。

むしろ、キャンプ場にいて元気なのに、外で遊べないストレスが募って徐々に不機嫌になってくる始末。

他のキャンパーさんたちは寝ている時間なのでなんとかなだめようとしましたがダメでした。

間の悪いことに、花火をしていないことにも気づいてしまい、「花火をさせろ」の大合唱。

さすがに多くの人が寝静まるフリーサイトの真ん中で朝から花火をするわけにいかないので、花火を3本持ってだだっ広い駐車場の端っこまでおんぶで移動。

数は少なかったですが、特殊な環境での花火はなかなか貴重な経験でした。娘も満足そうな顔をしていました。

https://i1.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1523-e1564756501465.jpg?w=880ママ

最近、やると決めたことは絶対やるよね。

雨撤収

徐々に雲行きが怪しくなり、気づけば雨。

土砂降りというわけではなくしとしと雨。完全に乾いた状態での撤収は諦め、雨が止んだ時に体が濡れないタイミングで撤収をすることに。

それでもテント以外は片付けられるので、雨雲レーダーとにらめっこしながら撤収完了。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1528-1-e1564820695416.jpg?w=880CAMPION

帰ってからのことを考えるとやっぱり雨撤収は憂鬱。これが憂鬱でなくなったら、キャンパーとして1つ上のステージに行けるような気がする。

あれよあれよという間に仲間の輪が広がり、夕食の時には我が家を含めて4家族くらいの輪になり、ちょっとしたグルキャン状態。

時間内にレンタカーを返すという最後の戦い

恒例の最後の戦いが始まります。

過去に営業時間内にレンタカーを返却できなかった経験からトラウマになっています。

3連休の最終日ということもあるので、とにかく急げ急げで家に向かいます。

もちろん、サンデードライバーなのでスピードを上げて暴走するようなガッツはありません。

食事の時間を減らしたり、サービスエリアでの滞在時間を減らしたりとちょっとした節約を積み重ねていくだけです。

子どもたちの気持ちを紛らわすために、ただ高速道路にあるトンネルを探すというゲームで強引に盛り上げながら家路を急ぎました。

途中、何度か子どものトイレ休憩で急なスケジュール変更がありましたが、なんとか営業時間内に車を返すことができました。

レンタカーレンタカーでキャンプに行く時の注意点〜マイカーなしでキャンプを楽しむ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今年オープンしたばかりのピカピカのキャンプ場です。

オープンしたてであまり知られていないようで、予約に苦労することはありませんでしたが、2020年はそう簡単にはいかないでしょう。

夏季限定の営業ですので、タイミングを逃さず、ぜひ一度足をお運びください。

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約20泊のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、ぜひご覧ください。

関東のキャンプ場の記事をもっと読む

キャンプ場家族で行った関東のキャンプ場