Apple Watchをはめる手首に再びあせも(?)ができてしまったので対策を考えました

Apple Watch

こんにちは。Apple製品に囲まれているだけでニコニコしてしまうCAMPION()です。

Apple Watchをはめた手首に汗疹あせもっぽい症状が出てからおよそ1年が経過しました。

その様子はこちらの記事にも書いてあります。

apple watchApple Watchで手首にあせもができてしまう問題と対策

夏本番を前にしてその皮膚症状が再び出てきてしまいました。

当時とApple Watchの使用環境はそれほど大きく変わっていません。

AutoSleepを使って真剣に睡眠ログを取るようになりましたが、Apple Watchの装着時間は1年前と変わっていません。

この記事では、皮膚症状が再燃してからの試行錯誤の様子を書いています。

症状の中身

病院で診察を受けたわけではありませんので、あせもなのかそれとも別の皮膚異常なのかはわかりません。

手首の内側にうっすらと赤く炎症が起きています。

ちょうどApple Watchのバンドとバンドが重なりあうところです。

はじめは金具が当たっている部分かなぁとも思いましたが、少し違うようです。

最初に左手首に症状が出たため、右手首にApple Watchを付け替えたところ、やはり同じようなところに症状が出てしまいました。

ですので、今はちょうど左右の手首で対をなすようにして症状が出ています。

かゆみはそれほど大したものではありません。

何かが手につかないようなどうしようもないかゆさではありません。

しかし、このまま放置して悪化すれば、かゆさは増していくはずです。

対策

対策としては3つの方法を考えています。

1つ目は手首やApple Watchを清潔に保つこと、2つ目はこれまでもやっていましたが、右手首と左手首にそれぞれ時間を置いて着け替えること、3つ目はバンド自体を変えてしまうことです。

1. 清潔に保つ

正直、この症状は何が原因かわかりません。

他の方たちの経験談を見ると、清潔にすることが大事と書かれていたので、それを試しています。

私の症状があせもであれば、清潔にした上で適度に乾燥している状態を保てば治るはずです。

腕時計のためにここまでするのは手間ですが、手首の汗、時計についた汗をこまめに拭くようにしています。

2. 左右の手首で着け替える

去年、症状が出てしまった時にも行った対策ですが、移動中と睡眠中は右手首にはめ、それ以外の活動時間帯には左手首にはめるという形で時間ごとに着け替えるという方法です。

去年はこの方法で症状が落ち着いたので、今年は他の対策も取りつつ、時間をおいて着け替えるということは引き続きやっていきたいです。

すでに習慣化しているので、意識せずにできるようになっていたりもします。

3. バンドを変える

これまではスポーツループとApple Watchを買った時についていたバンドを使ってきました。

しかし、これらのバンドで症状が出てしまっている以上、純正品にこだわらず通気性の良さそうなこのあたりのバンドを試してみるというのも一つの方法かなと思っています。

これまでのバンドとは別の材質のもの(ステンレス)を物色しています。

現時点で気になっているのはこのあたりのバンドです。

Wearlizer

Oittm

改善しない場合の最終手段

こういった対策を講じても解決しない場合は、少なくとも汗をよくかく夏の期間だけでもApple Watchを使わないようにするしかないのかなぁと思っています。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2668-e1564406683984.png?w=880CAMPION

断腸の思い

Apple Watchはとても便利で、完全に生活の一部になっています。

子育ての救世主

apple watch2018年 子育て中のパパが何度も助けられたApple Watchの5つの機能や使い方

夏限定とはいえ手放すのは大変惜しいですが、健康には変えられません。

かゆいのに着け続けているというのもどうかと思います。

幸いiPhone6からiPhoneXRに機種変更したので、これまでApple Watchに任せていたことをiPhoneに集約したとしても使えなくなる機能は少ないでしょう。

ポケットからiPhoneを取り出さないといけないので、Apple Watchのように手軽に雑務をこなしてもらうことはできませんが、iPhone6ではできなかったことが、iPhoneXRではできるようになっています。

機種変で世界が変わった

iPhoneXRiPhone 6からiPhone XRに買い替えてよかったこと、悪かったこと

尊敬する出口治明学長もずいぶん前から腕時計をはめるのをやめたとおっしゃっています。

腕時計を使わなくなったことで、イライラする機会がなくなったとおっしゃっています。

症状が出てからというもの、日中仕事をしている最中はApple Watchを着けていません。

オフィスには掛け時計もありますし、パソコンの画面にも時刻は表示されています。

会社用のiPhone 7でも見ようと思えばすぐに時間を確認することができ、腕時計がなくて困ることはほとんどありません。

どうしてもかゆみが消えない場合には、いっそのこと腕時計のない生活というのもいいのかなぁとも思っています。