玉ねぎの丸煮|土井善晴先生の家庭料理レシピ

玉ねぎの丸煮

道の駅で大量の玉ねぎを買ったので、おかずのクッキングで紹介されていた土井善晴のレシピを参考に玉ねぎの丸煮を作りました。

玉ねぎの丸煮のレシピ(土井善晴先生)

土井先生が煮干しのダシを使って作る煮物にハズレはありません。鶏肉からもダシが出て甘くトロトロになった玉ねぎ、こんなご馳走はありません。体じゅうの細胞が心から喜ぶ一品です。

玉ねぎの丸煮の材料

必要なもの(4人分)

  • 新玉ねぎ 800g
  • 鶏モモ肉 300g
  • 煮干し 15g
  • しょうが 30g
  • しょうゆ 大さじ3
  • 塩 小さじ1/3
  • 水 6カップ

玉ねぎの丸煮の作り方

STEP.1
下ごしらえ
玉ねぎは皮をむく。鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。しょうがは叩いておく。
STEP.2
煮る
玉ねぎの丸煮鍋に玉ねぎ、鶏肉、煮干し、しょうが、酒、分量の水を入れて火にかける。
STEP.3
味付けする
玉ねぎの丸煮煮立ったらアクを取り、しょうゆ、塩を加える。玉ねぎが柔なくなるまで蓋をずらして1時間ほど煮る。
STEP.4
完成!
玉ねぎの丸煮

実際に作って感じたこと

実際に玉ねぎの丸煮を作ってみて感じたことをご紹介します。

味の感想

煮干しの出汁としょうがの風味、一口スープを飲めばジワジワと細胞が喜んでいる様子を実感することができます。

このお料理ではまずはじめにこのスープをゆっくりと味わってほしいです!

体にしみわたる

ここまでスープが美味しければ、玉ねぎや鶏肉といった他の具材も美味しくないわけがありません。

この感じ、過去に作った里芋のシチューと同じです。

里芋のシチュー

里芋のシチュー里芋のシチュー|土井善晴先生の家庭料理レシピ

本当の夏バテ対策としてはこういった滋味深い味わいの料理を食べることが一番なのかもしれません。

スタミナをつけるというとすぐに焼肉などの肉料理、こってりした肉料理を思いつきますが、実際のところ本当に体に力を与えてくれるのは、こういったさっぱりとしつつも滋味深い味わいのする料理なのかもしれません。

余分なことをしていないので素材の味をしっかり味わうことができ、だからこそ食べた後に力が湧いてくると感じるのかもしれません。

特に胃が疲れていると感じるような時には、うってつけのお料理です。

調理する上でのコツ

調理はいたって簡単です。

たまねぎは外側の皮をむくだけで丸ごと使えます。包丁で切る必要はありません。

それ以外の具材についても大きめにそろえるだけです。

あとは火にかけ、コトコトじっくり火が通るのを待つだけです。

唯一気をつけなければいけないのはゆとりのある大きな鍋を使って調理することです。

我が家の場合はクリステルの一番大きな鍋を使っています。

24cm

カレーを作り置く時に使う一番大きな鍋です。

大きな材料が多いので、ある程度の大きさの鍋でないと具材の扱いが難しくなってしまいます。

作りおくことも考えて大量に作りましたが、結局その日のうちにすべて食べてしまいました。

1週間のやりくりを考えるとどうして全部食べちゃうんだよ!と恨み節が出ますが、食べる人が喜ぶ姿を想像して料理を作った身としてはこれほどうれしい反応はありません。

土井善晴先生のレシピ一覧

記事を保存していただくと次に作るときに簡単にレシピを見ることができます。

ぜひお気に入りにご登録いただくか、SHARE(シェア)ボタンを使って繰り返しレシピを活用してください。

▶︎ 土井善晴先生のレシピをもっとみる