北軽井沢スウィートグラスの魅力|浅間高原3万坪の広大な敷地が抱える自然

北軽井沢スウィートグラスの魅力の一つにその広大な敷地が抱える自然があります。

その広さは3万坪。なんと東京ドーム2個分。

敷地内には、コテージからソロサイトまで様々なキャンプ施設が設置されているのはもちろん、トランポリン、アスレチックといった遊具も多数設置されています。

そういった充実した設備そのものが北軽井沢スウィートグラスの魅力であることは疑いの余地がありません。

そんな多くの設備を詰め込んでもまだ余力があるくらい広いんです。

11月のキャンプでは、その余白部分にも大きな魅力を感じました。

北軽井沢スウィートグラスは未就学児も存分に楽しめる

我が家の娘は、上が4歳、下が2歳。

トランポリンは怖くて飛べない、アスレチックはハシゴを登るのがやっとという感じ。

正直、ハードルが高いものも多いです。

そんな娘たちを迎え入れてくれたのが北軽井沢スウィートグラスの余白部分です。

色づいてきた木々を見上げて歩く、落ち葉の音をかみしめながらお散歩をする、落ち葉のすき間からどんぐりを見つける、形のきれいな落ち葉を探し歩く。

大人からするとそれだけ??と思うようなことでも、子どもたちは何時間でも遊んでいられます。

長女は誇らしげに採れ高を自慢し、次女はお姉ちゃんの真似をしてどんぐりを拾い集め、なんとも微笑ましい時間です。

生き物としての力を取り戻す50の自然体験 」に書かれていたことを参考に子どもたちと過ごしてみましたが、子どもたちがこんなに楽しそうにする姿は想像できていませんでした。

それでも時折アスレチックから聞こえてくるお兄ちゃんたちの楽しそうな声が気になるのか、うらやましそうに眺めたりもしています。

じっと観察した後には、滑れなかった滑り台が滑れるようになったりするから不思議です。

北軽井沢スウィートグラスのこびと探し

場内には8つのこびとが隠されていて、そのこびとをを探し回るゲームが常時行われています。

大人も真剣になって探さないと見つけられないほど、難易度は高いです。

「あっちかなぁ?」、「こっちかなぁ?」、「そこのお兄ちゃんに聞いてみるのはどう?」などどうやったら見つけられるのか協力し合うのも楽しい時間です。

整った設備はもちろん重要な要素ですが、小さい子ども、いわゆる未就学児でも楽しめる空間であるというのが北軽井沢スウィートグラスの魅力です。

葉っぱ集めはこの本を参考にしました

生き物としての力を取り戻す50の自然体験 【感想】生き物としての力を取り戻す50の自然体験 ―身近な野あそびから森で生きる方法まで

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場