アンダーウエア スーパーメリノウール(モンベル)が冬キャンプ用に気になる

2018年11月の北軽井沢スウィートグラスに向けてキャンプ用の冬の服装を見直しています。

私の冬の装備はほとんどユニクロ。キャンプ専用ではなく、普段使いの洋服のうち厚手のものをキャンプでも流用している状態。

ユニクロのダウンもヒートテックもとても優れた防寒グッズであることは間違いありません。

これまでのキャンプもほぼユニクロだけで乗り切ってきました。

モンベルのスーパーメリノウールを冬の装備に加える

ここにきて冬にもキャンプを楽しみたいと思うようになりました。

キャンプ場が空いている、虫がいない、空気が澄んでいて星がきれいなど、冬ならではのキャンプの魅力を聞くたびのその思いは強まってきました。

北軽井沢スウィートグラスの予約が取れたことをきっかけに冬に耐えられる装備を充実することを考え始めました。

餅は餅屋ですので、アウトドアメーカーが作っている冬装備を物色していたところ、モンベルのスーパーメリノウールが目にとまりました。

モンベルのスーパーメリノウールは相当暖かいらしい

実際に使用された方の口コミを見ると、暖かさについて満足している点で共通しています。

スーパーメリノウールのパンフレットを見るとこんな特徴が紹介されています。

出典:モンベル

要するに、高い発熱量で体を暖めて、汗と肌が触れるのを避けて汗で体が冷えるのを防ぎ、暖かさをキープするということのようです。

スーパーメリノウールの種類

スーパーメリノウールは生地の厚さが3種類用意されています。

生地バリエーション

  • 薄手
    日常使いに重宝しそうです。
  • 中厚手
    日常からスノースポーツまで使えそう。
  • 厚手
    極寒地に対応する本気のやつ。

私が購入を検討しているのは、厚手タイプです。

少なくとも私の場合、寒い地域に住んでいるわけではないので、日常生活はすでに持っている服を重ね着することでなんとかなります。

ですので、極端に寒い環境に行った時の対策として厚手タイプが欲しいのです。

厚手のスーパーメリノウールの種類

厚手のスーパーメリノウール(服)にはラウンドネックタイプとハイネックタイプの2種類があります(タイツは1種類)。

色もブラックとパプリカの2種類。

防寒対策という意味では、ハイネックタイプに軍配が上がりそう。

首元の寒さが特にきになる私は、ハイネックタイプの方が良さそう。

胸元にファスナーがついているので、もし暑かったとしてもある程度調整ができそうなのもうれしいです。

SPORTS AUTHORITY

スーパーメリノウールで唯一気になるのはそのお値段

スーパーメリノウール(厚手)のラウンドネックタイプは7,500円、ハイネックタイプは8,500円です(いずれも税抜き)。

下着であるということを考えると結構なお値段です。

一方でこれがあればたくさんの衣類を管理する手間から解放され、冬の活動範囲が広がると考えると手頃なお値段とも言えます。

下着をケチって冬の間じっとしている、冬ならではの遊びを楽しめないというのももったいない話。

せっかくにテクノロジーですので、そのテクノロジーを駆使して四季を満喫するのは四季をもつ限られた人たちの特権でもあります。

週末、ちょっと実物を触ってこようかな。

ちなみに、女性用のスーパーメリノウールもあります。

モンベルの製品ページはこちら

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場