自分で美味しいコーヒーを淹れるにはコーヒー豆選びが大事

家でハンドドリップコーヒーを淹れるようになって6年がたちました。

最近、普段使いのコーヒー豆は、アマゾン定期便で購入している小川珈琲店のコーヒー豆です。

限られた予算の中で、美味しいコーヒーを飲むために見つけた現時点の答えです。

美味しいコーヒーを淹れるために必要な3種類のコーヒー豆

最近の我が家の定番です。

1ヶ月で飲みきる分量として上の3つを定期便で購入しています。

注文の手間も要らず、定期便の割引を受けることができ、美味しいコーヒーを飲めるのでとても重宝しています。

小川珈琲店 有機珈琲バードフレンドリーブレンド

グアテマラ、ペルー、メキシコの有機コーヒー豆を豆の状態を見ながらブレンドして作られています。

収益の一部が渡り鳥の保護活動の運営資金として使われています。

小川珈琲店 小川プレミアムブレンド

ブラジル、メキシコ、コロンビアのコーヒー豆を豆の状態を見ながらブレンドして作られています。

収穫、積荷、日本到着時に品質のチェックをされて品質を保証されたコーヒー豆のみが使われています。

3つの中では一番お手頃な価格です。

小川珈琲店 有機珈琲フェアトレードモカブレンド

エチオピア、グアテマラの有機コーヒー豆を豆の状態を見ながらブレンドして作られています。

コーヒー豆を生産する途上国の支援を目的とする国際フェアトレードの認証を受けています。

ほどよい酸味がいいアクセント。

MEMO
粉タイプもありますが、おすすめは断然豆タイプ

淹れ方は自由〜私の場合はハンドドリップ

コーヒー豆を手に入れた後、美味しいコーヒーを淹れる方法はそれぞれです。

私の場合はもっぱらハンドドリップです。

ハンドドリップに必要なアイテムはこちらにまとめております。

ハンドドリップ必須アイテム8点 家でコーヒーを淹れて7年 ハンドドリップの必須アイテム8点 ハンドドリップをもっと楽しむためのオススメアイテム6点 自宅コーヒー歴6年 ハンドドリップコーヒーをもっと楽しむおすすめアイテム6点

想い想いの方法でぜひ美味しいコーヒーをお楽しみください。