iPhone XS、iPhone XR衝動買いを思いとどまる方法

こんにちは。Apple製品に囲まれているだけでニコニコしてしまうCAMPION()です。

iPhoneXSやiPhoneXRが欲しくてたまりません。

寝不足な時にビールを1杯飲めば、買ってしまいそうです。

しかし、私もいい大人なので、欲しいからといってクレジットカードでバンバン買い物をしてはいけないことはわかっています。

では、どうするか。その対処法を考えました。

広告を見ない

気づいたらiPhoneが発売されてた。もう、発売されてから半年も経ってる。

全く気づかなかった。という状態を作り出す戦法。

無理です。

そもそもAppleが大好きなので、Apple製品の情報に対するアンテナが高いんです。

新製品が発表される季節になるとそわそわしてしてしまいます。

仮に自分から情報を探しに行かなかったとしても、テレビやインターネットから私を狙い撃ちにした広告が届きます。

自分の端末(iPhone 6)とiPhone XS、iPhone XRの機能を比較する

衝動を抑え、状況を客観的に見るためにデータをもとに機能を比較してみるのはどうでしょうか。

この方法もそれほど効果がないことにすぐ気づきます。

機能で比べたら、iPhone XSやiPhone XRのほうがいいに決まっています

すでに広告で植えつけられたワクワクが増幅されて、この方法では買いたいという気持ちに太刀打ちできません。

このブログをお読みになっている方で、iPhoneの自動広告が表示されている方がいらっしゃったら要注意です。

私と同じ予備軍です。

iPhone XS、iPhone XRでやりたいことを明確にする

iPhone XS、iPhone XRも一つのツールにすぎません。

これを使って何をしたいかを先に考えてみるのはどうでしょうか。

先にiPhoneの使用状況を振り返ってみます。

iPhone 6の使用状況
  • 時間:帰りの電車と歩いている時の信号待ちで40分/日くらい
  • よく使うアプリ:Gmail、Twitter、voicy、カメラ、写真、天気、リマインダー、Amazon Music

ライトユーザーの部類に入ると思います。

ここに挙げたようなことをiPhone XSやiPhone XRを使ってまでやりたいでしょうか。

iPhone XRの64GBであっても税別で84,800円必要です。

消費税を含めたら9万円を超えてしまいます。

たしかに動作はキビキビと早いかもしれません。

それでも、私がよく使うアプリを動かすのにそこまでのスペックが必要かというとかなり疑問です。

iPhone XSやiPhone XRに買い替えることでできることが増えるのかもしれませんが、日常生活を送る上で必要不可欠かと言われるとそうとは言えません

注意
アップルをはじめとしたブランド品は商品より先に価格が目に入らないように工夫されています。

さらに私の場合、iPadを新調したこともあり、自宅にいるときにiPhoneを触ることはほとんどありません。

ここまで考えて、iPhone XS、iPhone XRの購入を思いとどまることができています。

次の壁はAppleの初売り

こんなに威勢のいいことを言っていて、2019年の初売りでiPhone XS、iPhone XRを買っていたらごめんなさい

この2つは初売りでも安くはならないと思いますが、お祭り気分にさせられてポチッとしてしまわないとも限りません。

懺悔

iPhoneXRiPhone 6からiPhone XRに買い替えてよかったこと、悪かったこと