ファミリーキャンパーとして道の駅に期待すること|地元の食材と遊び場

道の駅 川場田園プラザ

ファミリーキャンプのために皇海山キャンプフォレストに向かう途中、道の駅 川場田園プラザに立ち寄りました。

道の駅はキャンプに限らず旅行の時にはよく利用します。

最近はちょっとしたブームになっていて、新しい道の駅がどんどんでき、どこに行こうか迷ってしまいます。

時には道の駅をはしごすることもあります。

 

我が家では、道の駅を調べて決めるのは主に妻の役割です。

とにかく楽しいようでとてもよく調べてくれ、毎回行って良かったと思える道の駅をセレクトしてくれます。

世の中にはこんな本もあるんです。

妻のバイブルとなり、ボロボロになるまで読み込まれています。

道の駅選びの3つの基準

そんな妻を中心に選ぶ道の駅を選ぶ基準は次の3つです。

道の駅えらびの基準

  • 目的地から近いこと
  • 地元の食材が安く手に入ること
  • 子どもの遊び場があること

目的地から近いこと

道の駅を目的地としてキャンプや旅をしているわけではないので、当たり前といえば当たり前ですね。

地図を読み間違えたり、よほど疲れていたりしない限りこの条件を間違えることはありません。

おおよそ目的地から車で30分以内を目安に判断しています。

キャンプ場や観光地ではほぼ間違いなくこの条件に合う道の駅が1つはあるものです。

地元の食材が安く手に入ること

もともと道の駅はこの辺りに重きを置いた施設だったのではないでしょうか。

その土地で採れたものを安く手に入れられるのが道の駅の大きな魅力です。

ただ、最近は観光地価格になってしまっている野菜を見かけることも増えてきました。

実際、お店に行ってみないと高いか安いかはわからないですが、この価格を含めた品揃えが特にキャンプの食事の質を大きく左右します。

地元の方が多く出入りしている道の駅は、値段も手頃で美味しい食材を提供していることが多いです。

子どもの遊び場があること

これがあるとないのでは、子どもたちの満足度に大きなちがいが出てきます。

数時間の車移動は子どもにとって大変なストレスです。

我が家は、その対策に動画を見させておくようなこともしません。

お話をしたり、歌を歌ったりしながらなんとかやり過ごしています。

そんな苦労が尽きない車移動に、道の駅で遊ぶ時間が作れると一気に過ごしやすくなります。

体を動かすことでストレスを発散することができ、心地よい疲労感と車の揺れでしっかりお昼寝をすることもできます。

まさに一石二鳥。

ありがたいことに新しく作られた道の駅では子どもの遊び場が設置されていることも多く、大変重宝しています。

川場田園プラザはこの3つの基準を満たすとても利用しやすい道の駅でした。

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場