キャンプの帰り道、渋滞で営業時間内にレンタカーを返却できず

rosan-harmens-220954-unsplash

はじめての経験です。

アーバンキャンピング朝霧宝山でのキャンプの帰り道、高速道路の事故渋滞に巻き込まれ、営業時間内にレンタカーを返却することができませんでした。

 

我が家にはマイカーがないため、キャンプはいつもレンタカーを利用します。

レンタカー屋さんの営業時間は20時まで。

午前中に撤収を終えれば無理なく返せる計算です。

その日も撤収は予定通りに進み、中央道の渋滞を避けるため東名高速で都内の自宅に向かいました。

 

ほどなく、事故渋滞の知らせ。

その時点ではまだまだまにあう計算。

15分ほど仮眠を取り、運転を再開するも渋滞解消までの時間がどんどん長くなっていきます。

普段、車に乗らないのでこういう場合の相場や対応方法がよくわかりません。

それでも帰らないわけにはいかないので、ひたすら自宅を目指します。

 

と、今度は土砂降りの雨。

視界も極端に悪くなり、みな自主的に徐行している様子。

東京に入る前には、営業時間内の返却がほぼ不可能ということがわかり、レンタカー屋さんに連絡。

とても親切に応じてくださり、翌日返却することになりました。

とはいえ、翌日は平日。

一晩コインパーキングにレンタカーを預け、営業開始直後にレンタカーを返却。

なにしろ仕事もあるのでうかうかしていられません。

東京に住むようになってはじめてマイカーがほしいなぁと思った瞬間でした。

買いませんけど。。。

 

教訓

  • 事故渋滞が解消するのは思った以上に時間がかかる。
  • 時間に追われると判断の精度が鈍る。
事故を起こしてしまうドライバーの心境が少しだけわかった気がします。

次回は、見切りを早くつけるようにしていきたいです。

事故で怪我をしてしまえば、楽しいキャンプも台無しです。

時間に追われている中でその判断を正確にすることは難しいので、あらかじめ条件を決めて判断を下せるように準備をしておくことにします。

17:00に海老名SAに着けなければ、当日の返却をあきらめる、のように。

実際に行ったキャンプ場一覧

2017年6月からファミリーキャンプを始め、1年に約10回のペースでキャンプを楽しんでいます。

実際に4人家族で遊びに行ったキャンプ場をまとめていますので、よろしければぜひご覧ください。

▶︎▶︎ 家族で行った関東のキャンプ場