いもあんバター(さつまいも)|土井善晴先生の家庭料理レシピ

トーストする

こんにちは。土井善晴先生が好きなあまり先生の料理教室に1年間通っていたCAMPION()です。

キャンプ場の帰りに買ったさつまいもが余っていたので、土井善晴先生が紹介されていたいもあんバターを作りました。

いもあんバターのレシピ(土井善晴先生)

さつまいもの甘みを生かした素朴な子どもが喜ぶレシピです。週末の朝食、小腹が空いた時のおやつにぴったり。子どもにお菓子ばかりあげるのもちょっと、、、という時におすすめ。

いもあんバターの材料

必要なもの

  • さつまいも1本(240g・正味160g)
  • 砂糖大さじ3
  • バター15g
  • 食パン4枚(8枚切り)

いもあんバターの作り方

手順1
さつまいもをゆでる
さつまいもをゆでるさつまいもは皮を厚めにむき、幅3cmの輪切りにし、水からゆでて煮立ってから20分ほど柔らかくゆでる。
MEMO
美味しいさつまいもなら少し冷ましてつまみぐいしちゃいます
手順2
あんを作る
いもあんを作る火を止め、さつまいもの水気を切って木べらでつぶし、砂糖、バターを加えて混ぜ、いもあんを作る。
手順3
トーストする
いもあんバターパン1枚にいもあんを半量のせ、もう1枚のパンをかぶせてトーストし、お好みで食べやすい大きさに切って器に盛る。
MEMO
いもあんをきんつばにアレンジすることもできます。

土井善晴先生のおすすめの本

先生の本は「レシピ本」として分類するのがはばかられる「心のありよう」についてやさしく書かれているものが多いです。

そんな先生の本の中でも最近出版されたおすすめの本を4冊ご紹介します。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2667-e1564406647556.png?w=880CAMPION

気になる本がありましたら、ぜひ一度お手にとってご覧ください。

1. おかずのクッキング223号(肉と野菜のサラダ的料理)

2ヶ月に一度のお楽しみ。8/9月号は、お肉をサラダと一緒に楽しむレシピが満載です。

2. 土井善晴の素材のレシピ

おかずのクッキング10年間の人気連載が1冊の本になりました。

素材の味を生かしたシンプルな料理を食べたい時に役立ちます。

食材でレシピを探すことができるので、冷蔵庫の余り物で献立を考える時に便利です。

3. 一汁一菜でよいという提案

一汁三菜の食事をしっかり手作りしなきゃといった重圧から解放してくれる一冊。

ハレの日とケの日を分け、メリハリのある暮らしをすることで忙しいながらも豊かな食を楽しめるようになる素敵な本です。

4. おいしいもののまわり

丁寧で清潔感のある台所について色々なヒントを与えてくれる一冊。

自分の直感で「おいしそう」「きれい」と思う感覚を大事にすることで自分の体が喜ぶ豊かな色が手に入るようになります。

土井善晴先生のレシピ一覧

他にも土井先生のレシピを使っていろいろな料理を作っています。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/07/IMG_2666-e1564406598919.png?w=880CAMPION

気になるレシピがありましたらぜひお試しください!

お気に入りに登録していただいたり、SHARE(シェア)ボタンを使って繰り返しレシピをご活用ください。

土井先生のレシピをもっとみる

土井善晴先生の家庭料理のレシピ 土井善晴先生の家庭料理のレシピ一覧