ひげをそり忘れて会社に来てしまった

shaver

こんにちは。 2児のパパのcampioneです。

 

1ヶ月ほど前でしょうか、朝、局地的に大雨が降りました。

 

2人の娘を保育園に連れていく途中、土砂降りで立ち往生してしまったほどでした。

娘を送っていかなければいけない私はどうしたものかと頭を抱える一方、

子どもたちはめったにない大雨に終始大興奮。

 

ときすでに遅し

ずぶ濡れになりながら2人を保育園に送り届け、

びしょ濡れのカバンが人に当たらないように電車に乗り込み、

汗がひいたところでいつものように読書開始。

考えごとをするとき、クセであごを触ってしまうのですが、

その時にようやくひげをそり忘れたことに気づきました。

 

雨の日の朝は、普段にくらべてやるべきことが多く、

いつも以上にバタバタします。

自分の雨具だけではなく、子どものものも準備する必要があります。

子どもたちは雨具を見るだけで興奮するので、

長靴を履いて走り回り、カッパを羽織ってファッションショーが始まり、

室内にもかかわらず傘をさして歌い出す始末です。

私にゆとりがあれば、

ほほえましい光景として受け入れることができるのですが、

そんなゆとりはどこを探しても見つかりません。

 

いつもは歯磨きの後、ひげそりをします。

その日は、歯磨きが終わったところで

トイレに行きたいと娘が言い出しました。

娘のトイレ申告はいつもギリギリなので、

トイレまでの時間は、1分1秒を争う時間との戦いになります。

その戦いに無事勝利し、

一息ついたところでルーチンが崩れたのだのでしょうか。

 

地に足がついてない

これまでひげを剃らずに出社したことはありません。

午後になると、ひげも目立つようになり

ひげが気になってなんだか落ち着かないんです。

あえてひげを伸ばしている人もいるので、

みんな全く気にしていないと思います。

頭では理解しているつもりでもやっぱり気になってしまいます。

 

ルーチンが崩されるとこうもいろいろと問題が起こるとは。

ルーチンを大事にするアスリートの気持ちが少しだけわかったような気がします。

 

ではまた。