Apple Watchで手首にあせもができてしまう問題と対策

apple watch

こんにちは。Apple製品に囲まれているだけでニコニコしてしまうCAMPION()です。

あまりに便利で毎日肌身離さずApple Watchをつけていたら、手首にあせもができてしまいました。

これまでの腕時計は、寝ている間もつけているなんてことはありませんでした。

ところがスマートウォッチのApple Watchは違います。

と言っても寝ている間に意識して使っている機能としては、起床のアラームだけです。

睡眠の質を観察できるのかもしれないですが、詳しくデータを見たりはしていません。

そう考えると、寝ている間にApple Watchをつけておく必要性はそれほど高くないですね。

けど、なんとなく今っぽい感じがしてつけています。

あせも対策

季節は夏。

少し動いただけでも汗が出ます。

当然、腕時計のバンドの内側もしっかり汗をかいています。

その汗を空気の通りが悪い状態で放置しておけば肌のトラブルが起こってしまうことは容易に想像がつきます。

また、仕事が忙しくてストレスがかかるとちょっとしたことでも体調を崩したり、皮膚に異常が出たりするので、そういった理由もあるのかもしれません。

そこでとった対策は2つ。

  1. もともと付属していたバンドに戻す
  2. 定期的に右と左で腕時計を付け替える

①もともと付属していたバンドに戻す

これまでApple Watchの付け外しが簡単だったことからエレクトリックピンクスポーツループ(純正品)を使っていました。

ところが今回、手首にあせもができてしまったので、一旦もとのバンドに戻すことにしました。

特にバンドを留める部分に強く症状が出ていたため、少なからずバンドの構造が影響していると考え、切り替えることにしました。

軽い上に、その日その日で長さを微調整できるため重宝していただけに残念です。

通気性に問題が残るようであれば、さらにスポーツバンドにすることも考えています。

②定期的に右と左で腕時計をつけ替える

腕時計は左手首にはめる派です。

Apple WatchにSuica定期券を入れているので、左手にApple Watchをはめていると改札を通過するときに不便です。

ためしに一度右手首にApple Watchをつけて改札を通過したことがあったのですが、断然、左につけたときよりも使いやすかったのです。

このことを逆手にとって、移動中は右手首、仕事中、就寝中は左手首にとつけ替えることにしました。

右手首にApple Watchをはめるとき、左手は利き手ではないため思うように動かず、時計をはめるのに苦労します。

利き手とは反対の手で箸を使う時の違和感に似ています。

それでもそのうち慣れてくるでしょう。

おかげさまであせもはすっかり良くなりました。

1年後に再発しました

Apple WatchApple Watchをはめる手首に再びあせも(?)ができてしまったので対策を考えました

手放せないApple Watch

apple watchApple Watchに登録したsuica定期券を使い始めた