電動歯ブラシの使い方を間違えていたみたい

dentist

こんにちは。 campioneです。

 

歯磨きに電動歯ブラシを使っています。

かれこれ10年くらい使っているでしょうか。

 

きっかけ

話は飛びますが、会社のパソコンにoffice365が導入されました。

どんな便利な機能が追加されたのかと色々と調べてみました。

調べていくうちに更新された箇所以外にも

365以前から存在しているのに知らない便利な機能がたくさんあることに気づきました。

いい機会なので、Lynda.comのオンライン講座で基礎から一通り勉強してみました。

多少、お金と時間がかかりましたが、ずいぶんと参考になりました。

 

こんな経験をしたので、

普段使っているもの、やっていることを見直してみた時、

電動歯ブラシの使い方が間違っていたことに気づいたのです。

 

ここが問題

ずいぶん遠回りしました。

間違えていたポイントは3つです。

  • 力の入れすぎ
  • ストロークが大きすぎ
  • 毛先が歯や歯茎に当たっていない
力を入れれば入れるほどよく汚れが取れると思い込んでいるところがあって

無意識に力を入れすぎているみたいです。

むしろ力を入れすぎると歯茎が傷ついてしまうのだとか。

 

歯の1本ずつを歯ブラシの毛先を立てた状態で磨くのが正しい磨き方らしいです。

ストロークが大きいと、毛先がどうしても寝てしまい、歯の掃除が十分にできないのがその理由です。

 

ながら磨きをしていると、癖でうまく磨けていないところが出てきてしまいます。

結局その部分は歯を磨けていないので、すぐに虫歯ができてしまいます。

3ヶ月に一度の歯科検診で、

テスターを使ってチェックするといつも同じところが磨けていないと指摘を受けてしまいます。

癖にはものすごい力があります。

たかだが長くても5分程度なので、

スマホやテレビをやめて歯磨きくらいしないといけませんね。

 

こうしてみると、電動歯ブラシならではの間違いはほとんどないのかもしれませんが、

汚れが取れていないことは確かです。

 

他にも日々の生活で何気なくしていることを見直してみると思わぬ発見があるかもしれない。

 

ではまた。